カルチャー

仕事と趣味と家族の時間。自分の求める理想がここに【滋賀に気づいた人interview#016 】

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀に気づいた人interview#016】

バードウォッチング・サイクリング・釣り・山登りと、学生時代から自然やアウトドアが好きだった梅田さん。
やりたいことができると思えた会社への就職をきっかけに滋賀に移住しました。
山と琵琶湖がすぐ近くにある湖北の豊かな自然の中で、仕事に趣味に育児にと充実した日々を過ごしています。

環境のことを考えるなら自然の中で

__地元を離れて就職することに戸惑いなどはありませんでしたか?

京都市内で生まれ育ったので、小さい頃から琵琶湖にはバス釣りなどで来てました。大学も大津市にある龍谷大学へ通っていたので、滋賀県は身近な場所といった感じでしたね。就職を考えたときに、自分のしたいことができそうな会社を探していたらそれがたまたま滋賀にあったんです。“移住”と大きく身構える訳ではなく、やりたいことを求めて滋賀に来たという感じですね。

__どんな仕事をしたいと思っていたのですか?

大学で環境工学を学んでいたので、環境に関われる仕事に興味がありました。環境系の仕事は全国どこにでもあるのですが、ビル群が立ち並ぶ大都会で環境のことを考えるってどうなんだろうと……。環境のことを仕事にするなら、やっぱり身近に自然がある場所のほうがいいんじゃないかなって。そう考えたときに、米原の豊かな自然の中で、木質廃棄物のリサイクルやバイオマス発電などに取り組んでいる、いまの会社が僕の希望にぴったりだったんです。

自然を満喫しながらアウトドア三昧

__滋賀で暮らしてよかったと感じることはありますか?

趣味が思う存分楽しめることですね!学生時代からバードウォッチングが好きで、カメラ片手に余呉町の「菅山寺(かんざんじ)」や湖北町の「湖北野鳥センター」に行ってたんです。

他にはサイクリングも好きで、琵琶湖岸を走ったり、姉川ダムまで行ったり。近くに釣りのスポットもいろいろあって。海釣りするときは、敦賀にもよく行きましたね。高速道路を使えば、敦賀まで約1時間で、アクセスしやすいんですよ。多趣味の私にこの環境はうってつけでした。

※「滋賀に気づいた人interview」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式の移住ポータルサイト『滋賀ぐらし』で公開されています。

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 若木さん 滋賀で暮らし始めて趣味が増えました。友達も羨むワークライフバラン…
  2. みずからの爪を道具に織る、4000年前より続く「つづれ織り」の世…
  3. 琵琶湖に浮かぶ漁師の島「沖島」で地元料理の佃煮体験!
  4. お金も、家も、仕事もぶっちゃけ!移住生活のリアルがわかる「滋賀ぐ…
  5. 感覚を研ぎ澄ましてトライ! 誰もが楽しめる新感覚スポーツ「ゴール…
  6. MinakuchiとOtsu “滋賀愛”がぎゅっと詰まったブラジル仕込みの本格バーガー店『SA…
  7. 石津さん夫妻 都会と田舎の両方を知れば、自分の求めるものが見えてきた【滋賀に気…
  8. 限界集落で見つけた理想の暮らし。地域資源を生かしたビジネスモデル…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP