カルチャー

【しがスポーツSTORY#008ビワイチ】自転車で琵琶湖を一周する『ビワイチ』で“日本一”のスケールに挑戦!

【しがスポーツSTORY#008 ビワイチ】

日本最大の湖、琵琶湖。
その周囲を自転車で一周すると約200km。
草津駅から神戸市の三ノ宮駅間が約100kmなので
その往復と考えるとけっこうな距離ですよね。

距離だけを聞いて挫折しそうになってしまいますが
じつは、琵琶湖を一周する=通称『ビワイチ』が
いまサイクリストの間でブームとなっています!

雄大な琵琶湖のふちを縫うように走る爽快感
そしてスタートとゴールを同じポイントに一周し
日本一を制したような気分になれる達成感がその理由のひとつです。

自転車だから出会える!滋賀と琵琶湖の魅力

琵琶湖沿いには整備されたサイクリング専用ルートや、ビワイチをサポートする施設がたくさんあります。サイクリスト向けの宿泊施設もあるので、旅行気分で日数をかけて走れば、誰でもビワイチは達成できるんですよ。

駆け抜ける身体にぶつかる澄んだ空気の心地良さ、囲まれる緑と湖の先に浮かぶ山々、濃い藍色からエメラルド色まで多様に変化する湖面。全身を使って“滋賀の自然”を実感できるのがビワイチの魅力。雄大な琵琶湖を前にした開放感は格別です!

車や電車でもビワイチできますが、普段は通り過ぎてしまうような脇道に入ってみたり、気になるお店にふらっと立ち寄ったり、時間をかけて自由に回れるのは自転車ならでは。目的地までの道中も楽しめるのが自転車の良さです。

今回は、ビワイチという言葉を世に広めた草分け的存在の『五環生活』代表の田中将人さんに、ビワイチにチャレンジする前に知っておくべきポイントを伺いました。

※「しがスポーツSTORY」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式の総合スポーツサイト『しがスポーツナビ』で公開されています。

関連記事

  1. そうめんがお米感覚?!「焼きサバ」を乗せた豪快な郷土料理
  2. 海鮮丼 マグロの解体も、魚介類も、人の熱気もスゴイ!「市場の朝市」が面白…
  3. 【前編】滋賀の山は水晶の宝庫?!-鉱物採集で半世紀の福井龍幸さん…
  4. 400万年_01 【400万年の古代湖#01】存在そのものが奇跡!?地質学研究者 …
  5. らっこや正面 町屋に導かれるようにカフェをオープン。みんなが集い、語らう場に【…
  6. 演劇の熱がここから!滋賀初の小劇場「滋賀里劇場」で『近江演劇祭』…
  7. uminoko_main 新”うみのこ”内部初公開!潜入レポート
  8. 400万年_02 【400万年の古代湖#02】かつて琵琶湖にはゾウがいた!?古生物…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか しがトコ×商店街 商店街の楽しみかた展
PAGE TOP