カフェ・お店

目の前に琵琶湖のプライベートビーチ!?絶景が楽しめるオリエンタルレストラン『Terrace kitchen anju』

【Terrace kitchen anju/滋賀県大津市】

視線のすぐ先には優しく波打つ広大な琵琶湖。
思わず時間を忘れ、その眺望にひたってしまいます。

そんな絶景のロケーションに立つのが、
オリエンタルレストラン『Terrace kitchen anju』。

異国感ただようランチは週替わりのメニューで、
訪れる人を飽きさせません!

琵琶湖のビーチで輝く水面を眺めながら、
のんびりと東洋の風を感じることができます。

絶景の中で過ごす穏やかな時間

大津から堅田方面に向かう旧国道沿いの青い建物。
一見普通の民家のようにも見えるこちらが、
オリエンタルレストラン『Terrace kitchen anju』です!

木製で優しい色合いの看板と、入口前の暖簾を目印にしてくださいね。

淡い色でまとめられた落ち着く店内。
大きな窓からは琵琶湖が顔を覗かせます。

そして店内からテラスに出ると、琵琶湖を一望できるカウンターが!

太陽のしたでキラキラゆれる湖や対岸の山々、
心地よく流れる風に心身が癒されます。

奥のガーデンにはソファや囲炉裏もあって、
それぞれの自由な過ごし方ができそうですね!

そこから更に下に降りていくとビーチが広がり、
琵琶湖まであと“数歩”というロケーションで
食事をいただくことができます。

カフェタイムにはビーチのみワンちゃんも同伴OK!


(photo by @anju_20224)

日々移り変わる琵琶湖の景色。
季節や天気によっては空と雲が湖面いっぱいに映り、
ウユニ塩湖のような神秘的な光景になることも!

身体にも嬉しいオリエンタルランチ

お昼にいただけるのが、週替わりのランチセット。
チキンのレモンソースやグリーンカレー、餅米シュウマイなど
東洋の多彩な料理がお膳いっぱいに並び
なんだか旅行に来た気分です。

色鮮やかなランチを前に食べる前からワクワクが…!

新鮮な地元野菜や無添加にこだわっていて
ドレッシングやタレも全て一から手作り!

ホテルで腕をふるっていたご主人の料理はどれも絶品で
今からもう来週のメニューまで気になってしまいました。

最後はココナッツ団子と自家製カリン茶をいただいでホッと一息。

入口近くに並ぶたくさんのお弁当やお惣菜。
冷凍おかずも豊富にあって、
家で好きな時に「anju」の味を堪能できるのが嬉しいですね!

夫婦でつないできた安寿

もともとは大津市の石山駅付近で
「安寿」という韓国居酒屋を10年間営んでいたご夫婦。

「アンジュ」は韓国語で“酒の肴”という意味で
そこにご主人の名字である「安」と
縁起の良い「寿」を当てはめて「安寿」になったそうです。


(photo by @anju_20224)

たくさんの人に愛されていたお店でしたが、
ご主人が体調をくずされたことで
夜のハードな仕事が難しくなりました。

治療を経て夫婦で病を乗り越え
心機一転オープンさせたのが今の『Terrace kitchen anju』です。

はじめはもっと小さいお店にする予定でしたが、
偶然この場所を見学した際に建物裏に広がる絶景を見て
ここでお店を開くことに決めたそう。

「美味しいものが食べられて、ゆっくりしていただけるのが一番。
それでいて自分達が楽しいのが良い」
と笑顔で話してくれました。

夫妻のあたたかい人柄や週替わりのオリエンタルランチ、
いつまでも飽きることのない琵琶湖の開放的な景色…

『Terrace kitchen anju』は
何度来てもまた行きたくなる、そんなお店でした。

(取材・写真:しがトコ編集部 文:熊谷明日香)

『Terrace kitchen anju』の店舗詳細

住所
滋賀県大津市下阪本4-1-21
営業時間
デリカ 11:00〜18:00(時間変更あり)
ランチ 12:00〜14:00/カフェ 14:00〜17:00
※予約優先
定休日
月曜日、火曜日
電話番号
077-578-2090
instagram
https://www.instagram.com/anju_20224/
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 滋賀県初!新しいスタイルの”ボルダリングカフェ”が彦根に誕生!
  2. おごと温泉観光ヘリコプター びわ湖の上をひとっ飛び!観光ヘリコプターからの絶景をレポート
  3. 展示会場受付 屋根の上の遊び心!美しくもユーモラスな飾り瓦に出会える『近江の瓦…
  4. イナズマに出かける前に!達人に聞いた「イナズマロック フェス」の…
  5. お堂型フォトフレーム『おうちでご開帳!』自宅でも“マイ本尊”が拝…
  6. 【しがスポーツSTORY】元モーグル日本代表・伊藤みきと滋賀の繋…
  7. 山芋看板 道端でみつけた“山芋”は、300年もロングヒットの長寿野菜『秦荘…
  8. 近江大橋とSUP びわ湖でアロハ!? SUPでびわ湖から滋賀を一望してリフレッシュ…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP