カルチャー

これぞ”ビワーケーション”!? キャンピングカーをレンタルして琵琶湖で仕事してみました!

ビワケーション
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【びわ湖×ワーク×バケーション=ビワーケーション】

みなさん、“ワーケーション”したことありますか?

昨年からジワジワと話題になりつつある働き方で、
「ワーク」×「バケーション」を掛け合わせた造語。
観光地やリゾート地などから、リモートワークを活用し、
働きながら休暇をとろう、という取り組みです。

もちろん職種によってできない仕事内容もありますが、
しがトコ編集部の場合、普段からリモートワークが基本のため、
ワーケーションを始めやすい職場。

それなら、びわ湖でワーケーションをしてみようよ!
びわ湖×ワーケーションだから、“ビワケーション”だね!

ということで、とある2月の暖かい一日、
しがトコ編集部で、ビワーケーションをやってみました!

キャンピングカーでビワーケーション開始!

マイアミ浜に到着

しがトコ編集部でワーケーションを始めた理由は、
じつは、もう一つあります。
それは、地元のタクシー会社・守山タクシーさんが、
新事業として、キャンピングカーレンタルを開始されたこと。

キャンピングカーって、
誰もが一度は憧れたことのある乗り物ですよね!

「しがトコさんでも、ぜひ使ってみてください」
なんて誘ってもらったら、やらないわけにはいきません!!

そんなわけで、しがトコの事務所からもほど近く、
白砂青松が広がる美しいロケーションの
「マイアミ浜オートキャンプ場」を使って、
キャンピングカーでの“ビワーケーション”スタートです。

キャンピングカー

守山タクシーさんでお借りしたキャンピングカーは、
キャンピングカーと言っても、普通免許で運転できるサイズ。

横幅は少し広めですが、バックモニターも装着されてるので、
普段から車を運転してる人なら、さほど心配なく運転できます。
乗車定員は最大6名です。

キャンピングカーの荷台

モリタクキャンパーでは、キャンピングカーだけでなく、
バーベキューやキャンプに必要な
定番アイテムから便利なアイテムも一緒にレンタルできるんです。

自分たちで準備するものが最小限に抑えられるのもありがたいですね。

ピザ窯

レンタルメニューの中には、
焚火セットや挽きたてコーヒーセットなんてものもあったり
ピザ窯だってレンタルできちゃいます!

購入を悩んでいたアウトドアグッズをお試しするにもいいかも。
薪割り機なんてのもありましたよ!!

ポータブル電源とソーラーパネル

そして何よりもワーケーションで助かるのが、
パソコンの充電に必要なポータブル電源もレンタルできること!
しかも、ソーラーパネルも付いてるので、
電源のない大自然の中でも、電池残量を気にせずパソコンを使えます!

気になるキャンピングカーの車内ですが、
意外と広めの空間です。
3~4人くらいでテーブルを囲っても余裕がありそう。

窓の外にびわ湖を見ながら、
ここでも十分、仕事できます。

キッチン

車内には簡易の水道付き!
カセットコンロは通常装備として付いてるので、
お湯を沸かしたりすることもできます。
めっちゃ便利!

テーブルなどのレイアウトを変更することで、
なんと最大、6名のベッドが設置できるんですって!
ベッドが最大6人分だけど荷物収納スペースを考える大人4人くらいで余裕!
小さい子連れ家族なら、6名でも大丈夫な気がしました。

ということで、初めてのキャンピングカーに興奮して、
設備ばかり紹介していますが、本日の主題はビワーケーション。
仕事をしていきます。

モリタクキャンパーについての詳細は
ぜひ守山タクシーさんの公式サイトでチェックしてみてください!
春に向けて予約が埋まってきてるそうなので、
気になる方は、ぜひお早めにご予約を!

びわ湖とともに仕事する。それがビワーケーション・スタイル!

キャンピングカーの装備を一通り見たあと、
各自、仕事に戻ります。
どこで仕事をするかは、それぞれの自由です。

キャンピングカー車内

一番人気の仕事場は、やっぱりキャンピングカー車内。
ふと休んだ瞬間、視線の先に琵琶湖があるのは、
控えめに言って最高ですよ!

この日はまだ少し肌寒かったですが、
暖かくなってくると車外の方が気持ちいいかもしれません。
アウトドアチェアにも、こだわりたくなります。

いつもと違った環境で仕事をすることで、
いつもと違ったアイデアがひらめく(ような気がします)。

浜辺で仕事

しがトコ編集部は普段、オフィスや自宅など、
パソコンの前での仕事がほとんどのインドア派なだけに、
こういう青空の下で働いていると、
本当に新鮮な気持ちになれます。

やっぱり、びわ湖は良いですね。
やっぱり、滋賀ってええトコですね。

食事はもちろん!びわ湖で楽しむバーベキュー!

バーベキュー準備

仕事のあとは、バーベキュー大会です。
さあさあ、みんな、ご飯の用意を始めますよー。

びわ湖バーベキュー

やっぱりお肉は必須ですよね。
バーベキューセットは、モリタクキャンパーでのレンタル品。
網は、使い捨てのものなので焦げても安心です。

燻製

燻製も作りましたよ。
燻製チーズはたまりませんよね~。

ごはん鍋

白ごはんも。

この鍋は、信楽焼で作ったオリジナルの土鍋。
吹き上がってから火を止めるだけで、
余熱で美味しく炊きあがるというすぐれもの。
美味しいし、可愛いし、日常でもアウトドアでも使いやすい!
もうすぐ、しがトコでご紹介します!

ピザ窯

バーベキューセットの上に、ピザ窯セットをセットすれば、
なんと炭火でピザが焼けちゃいます。

これも、モリタクキャンパーでのレンタル品。
市販の冷凍ピザが、香ばしい風味のピザになります!

ランチ

ということで、本日のランチメニューがこちら。
ちょっと贅沢すぎるランチでしたね(笑)

ビワーケーション

仲間内で食べる食事が、
そこにびわ湖があるだけで、特別な時間に。
いつもの仕事のミーティングでも、
いつもより話が盛り上がる。

ワーケーションって、そういうことかもしれませんね。

びわ湖×ワーク×バケーション=ビワーケーション

日も暮れて、本日のビワーケーションはこれにて終了。

ビワーケーションの夜

ビワーケーションを、しがトコ編集部でやってみて感じたのは、
やっぱり、びわ湖の存在感。

びわ湖の傍のリゾート空間にいることで、
いつもよりもテンションが上がるし、
新しいことにもチャレンジしたくなる。

ビワケーション

ワーク×バケーションに、びわ湖も掛け合わせた“ビワーケーション”。
滋賀ならではの働き方として、
しがトコ編集部では、これからも続けていきます!

(文・しがトコ編集部)

関連記事

  1. 滋賀だけに咲く“奇跡の花”から生まれたオーガニックコ…
  2. 滋賀の「聖火ランナー」について、街行く人に聞いてきました!
  3. 田んぼの一年を体感して、食に感謝できる「たんぼのこ」活動【滋賀ぐ…
  4. 高島にきて家族の笑顔が増えました【滋賀ぐらしインタビュー暮らし・…
  5. 三井寺三重塔 滋賀は『るろうに剣心』の聖地!最新作にも登場するロケ地をご紹介し…
  6. ひこにゃんガンバレ!活動継続を応援する取り組みが始まっています!…
  7. 【後編】ここで共に生きる「無事の文化」が滋賀の風景だ。上田先生に…
  8. 琵琶湖博物館の「ナマズマスター」と「海浜植物マスター」にお話を聞…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP