カフェ・お店

滋賀のタイ王国へようこそ!タイ政府が認めた本場の味「サヤームエラワン」【滋賀で海外気分#04】

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【サヤームエラワン/滋賀県東近江市】

サワッディーカー!
地元にいながら海外気分を味わえる。
滋賀に点在する海外仕込みのお店をご紹介する連載企画の第4弾!

今回ご紹介するのは、
タイ人のシェフが作る本格的なタイ料理レストラン『サヤームエラワン』

タイ政府も認めた本場の料理はもちろん、
タイ直輸入の家具やインテリアまで
五感で楽しめる滋賀のタイ王国の旅へ出かけよう!

置物も!テーブルも!!店内のインテリアはタイ直輸入

サヤームエラワン外観

八日市駅から徒歩10分。
八日市金屋大通り商店街で、異彩を放つ建物が『サヤームエラワン』です。

早速入ってみましょう!

サヤームエラワン内観

目に入るものすべてがタイ情緒満載の店内!
置物のような象はイスなんです!

奥の看板にはタイ語で「サヤームエラワン」と書かれているそう。
「サヤーム」とは、タイになる前の国の名前。
「エラワン」はヒンドゥー教に出てくる神様を乗せる象の名前。
タイに行くと、よく目にする2つの単語を組み合わせ、お店の名前にしています。

サヤームエラワン店内

もとは燃料屋さんだった築90年の和風の建物を
オーナー自ら4年半かけてコツコツDIYでタイ料理店へと改装したそう。

店内2階

日本家屋特有の梁や障子、床の間などを、
伝統的なタイ建築のデザインと融合させて作り上げています。

サヤームエラワン置物

こちらは、タイのお寺などに置いてあるという置物。
本場タイのインテリアや家具などを置くことで、
タイの雰囲気を感じられるだけじゃなく、
コミュニケーションのきっかけになるとオーナーさんは話します。

タイ政府が認めた本場の味が自慢!!

サヤームエラワン料理

タイ料理といえばトムヤムクンやグリーンカレー、
カオマンガイなど。
辛さ・酸味・甘味の絶妙なバランスが
クセになる料理がたくさん!

写真は、タイの定番料理「ガパオライス」と「グリーンカレー」。
「ガパオライス」は人気メニューなんだそう。
「グリーンカレー」も辛すぎず、ほどよい甘みとコクがある一品。

カオマンガイ

そして鶏肉の甘みが引き立つ蒸し鶏に
甘辛いタレをつけて食べる「カオマンガイ」。

メニューは週替わりの2~3品を、
旬の食材やシェフの気まぐれで決めることが多いとか。

定番だけでなく、珍しいタイ料理までメニューはなんと40種類以上!
何度訪れても、さまざまなタイ料理が堪能できるのがここならではです。

シェフノイさん

シェフはタイ出身でとてもおちゃめなノイさん!
オーナーの奥様です。

せっかくお店を訪れてくれた日本人のお客さんに、
「本場のタイ料理を食べて欲しい!」と腕を振るいます。

タイセレクト

そんなシェフ、ノイさんの妥協ない真剣な想いが通じ、
「日本にいながら本場のタイ料理を味わえるレストラン」の証として与えられる
「タイ・セレクト」に認定されています。

これは、タイ政府の厳しい審査で評価されたレストランに贈られる認定で、
『サヤームエラワン』はその最高認定の「プレミアム」が与えられています!

もちろん、滋賀県ではここだけ!!

本場タイの食材や調味料を使っているか
タイの文化を発信しているかなど
さまざまな審査基準をクリアして
「タイ・セレクト・プレミアム」に認定された本格店なんです。

料理だけじゃない!タイの三輪タクシー「トゥクトゥク」でもタイ気分を満喫できます!!

トゥクトゥク

店前の駐車場に停められているのは
タイの三輪タクシー「トゥクトゥク」。

タイから取り寄せ、実際に公道も走れる本物!
オーナーさんのタイミングがあえば、
トゥクトゥクでドライブに連れて行ってもらうこともできます。

トゥクトゥク

実際に乗せていただきましたが、
颯爽と走るトゥクトゥクはとても気持ちがよく、
そしてまぁ目立ちます!!

街中歩いてる方に手を振られて、
ちょっと有名人気分も味わえます(笑)

サヤームエラワン店主

タイのことが大好きなオーナーの塚本晃弘(つかもとあきひろ)さん。

学生のときにタイを訪れてから、
タイ人のおおらかさや優しさに惹かれ、
最低、一年に一回はタイを訪れるようになったといいます。

タイの文化や食事、言葉、空気感にふれてほしくて
このお店も本業の傍らにオープンさせました。
「飛行機に乗らずに行けるタイ王国です。
滋賀の、いや日本の中のタイだと思ってほしいんです」と話してくれました。

入国審査場

そのため、店内にはこんなものも!
プレートには「Immigration=入国審査場」と書かれています!

「ここはタイ王国だから入るのにパスポートが必要でしょ。
忘れたら密入国になりますよ!」と笑って話す塚本さん。

サヤームエラワンパスポート

本物!?さながらのパスポート、実はお店のスタンプカード。
2回目以降のお客さん限定で作ってくれるそうです。

入国スタンプを集めることで、プレゼントがもらえたり、
ちょっとしたサービスを受けられるんだとか!

パスポート申請は専用フォームからもできちゃいます!

サヤームエラワンパスポート申請フォーム

おきもの

本物のタイの味や文化だけじゃなく、
温かい人柄や空気感など、タイを肌で感じられる
滋賀の、いや日本の中のタイにぜひ行ってみてください!

『サヤームエラワン』の店舗詳細

住所
〒527-0029 滋賀県東近江市八日市町11-16【→地図】
営業時間
【ランチ】火-土 11:30-14:30
【ディナー】(予約制) 18:30〜
定休日
日・月および冬季
電話番号
090-1131-9344
ホームページ
サヤームエラワン

『滋賀で海外気分』特集!

滋賀にいながら海外旅行気分!?遠いようで近い、あの国に行ってみた!【滋賀で海外気分#01】

“滋賀愛”がぎゅっと詰まったブラジル仕込みの本格バーガー店『SANDUBAS』【滋賀で海外気分#02】

まるでドイツ!滋賀にいることを忘れる本場ドイツレストラン「ヴュルツブルク」【滋賀で海外気分#03】

関連記事

  1. 三井寺三重塔 滋賀は『るろうに剣心』の聖地!最新作にも登場するロケ地をご紹介し…
  2. 東京・上野にオープン!滋賀の手土産にぴったりな酒粕スイーツのお店…
  3. これは何だろう?瓦のまちで不思議なアートに出会う『土から生まれた…
  4. 琵琶湖で遊ぶと若くなる?!おやじサーファーに学ぶ、ウインドサーフ…
  5. 合鴨ロース煮2 ジューシーな弾力と旨味!“鴨の本場”長浜からのお取り寄せ
  6. 笑顔の裏に努力あり! 滋賀の空を見て泳いだ経験が世界に通じる【し…
  7. 琵琶湖博物館の「ナマズマスター」と「海浜植物マスター」にお話を聞…
  8. こんな時代の遊び方!ソーシャルディスタンス運動会、開催。
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP