カルチャー

自転車のまま近江鉄道に乗り入れ!親子でぶらりママちゃり電車旅

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【自転車で近江鉄道】

自転車で颯爽と改札を通り抜け、自転車でホームに降り立つ。
滋賀県民には“ガチャコン“の愛称でお馴染みの『近江鉄道』。
のどかな田園風景の中を、ガチャン~ゴトン~と揺られるのは
ローカル線ならではの風情があります。
その“ガチャコン“に、自転車のまま乗車できるサービスがあると聞いて、
さっそく挑戦してきました!

まずは「大学前駅」からスタート


というわけで今回は、ママチャリでの子守りに限界を感じた2児のパパに、
ガチャコンを使った子守りをかねて挑戦していただきました。
名付けて『ガチャもり』です!
子どもをママチャリに乗せて、いざ、ガチャもり親子旅へ出発!

大学前駅
さて、それでは、ここから自転車親子旅がスタートです!
やってきたのは「大学前駅」。

大学前駅のホーム

AM9:28 ようちゃん(3歳)とあっちゃん(1歳)をママチャリに乗せ、駅のホームへ。
「電車まだかな~?」
自転車に乗って電車を待つって、なんだか不思議な感じがしますね。

窓の外を眺める

電車に乗り込んだら、まわりの迷惑にならないよう
自転車はしっかりと握っておきましょう!

子どもたちは窓の外に興味津々。
いつもはクルマで走る町も、電車から眺めると違った雰囲気に感じます。

わずか数分で「八日市駅」に到着!

八日市駅

AM9:34 八日市駅に到着です。
足元に気をつけながら電車を降ります。

札を通る

改札も自転車に乗ったまま通れちゃいました(笑)

階段

ホームによっては階段を渡る必要があることも。
これは結構大変なので、事前に調べておいたほうがよさそうです。

通路

「お~い!待って~」パパより先に歩くようちゃん。
新しい町に降り立ったワクワク感ってありますよね!

八日市駅下車。商店街をママチャリでぶらり

本町商店街

まずは八日市駅前にある本町商店街に行ってみました。

KOKON

古い商店の中に、新しい感覚を活かしたお店がいくつも誕生している本町商店街。
こちらのパンカフェ「KOKON」もそのなかのひとつです。

KOKON店内

コーヒーでも飲みながらゆっくりしていきたいところですが
子どもたちは待ってくれません。。

親玉本店

商店街を抜けたところに風格を感じる店構えの和菓子屋さんを発見!

親玉本店店内
ここで子どもたちが大好きな三色団子をGETしました。

野々宮神社
少し走ると今度は神社。
延暦2年(783)の創建と伝わる日吉社系の古社です。

参拝

「事故なくサイクリングができますように」

八日市図書館にも立ち寄り、ちょっとひと休み。

八日市駅

約1時間半をかけて、八日市駅に戻ってきました。
今回は金土日・祝日に使える「1デイ・スマイルチケット」を
利用しているので近江鉄道1日乗り放題!

せっかくなので、もっと遠くまで行ってみます!

さらに電車に揺られ、五個荘まで足を伸ばしてみました

車内

AM11:11 八日市駅乗車。
車内で食べるお団子、おいしそう!

五個荘駅

AM11:18 五個荘駅下車。

公園
駅の近くにあった五個荘中央公園へ。
身体も時間も使って遊びました!

五個荘街並み

公園を出発し、五個荘のまちへ。
ここは近江商人発祥の地。
風情ある街並みが残っています。

金堂

「あ!魚が泳いでる!!」
金堂町の水路を優雅に泳ぐ立派な鯉。

ぶらり旅で子どもたち爆睡

自転車で寝る

新しい発見の連続に子どもたちもすっかり満足したのか
気づけばふたりともぐっすり寝てしまっています。

自転車で寝る2

どんな夢を見てるのかな。
しばらくこのままそっとしておいて、パパも少しひと休み。

走り去る

目覚めるとまた元気いっぱいの子どもたち。
急かされるまま走り出し、もうしばらくママチャリの自転車旅は続くのでした。

近江鉄道のサイクルトレイン

サイクルトレイン
自転車が乗り入れできる近江鉄道の「サイクルトレイン」は、
乗車料金だけで、自転車は無料で車内に持ち込めるサービス。
(平日は9時~16時、土日祝は終日※年末年始を除く)
緑色の駅が、自転車持ち込み可能駅。
グレーの駅は、持ち込み不可なのでご注意を。
(「水口石橋駅」は、2019年5月15日現在、持ち込み可能となっています)

※本記事は、東近江市の魅力的なもの・こと・ひとを紹介する地域情報冊子『そこら』
企画をもとに、作成させていただきました。
『そこら』は、東近江市内の図書館(7館)で配布。年1回発行されています。

(写真提供 谷佑一郎・文 しがトコ編集部)

「近江鉄道サイクルトレイン」の詳細

持込可能区間
彦根・多賀大社線(米原駅~多賀大社前駅)
湖東近江路線(高宮駅~八日市駅)
 水口蒲生野線(八日市駅~貴生川駅)
 ※彦根駅・万葉あかね線(八日市駅~近江八幡駅)の各駅は利用できません。
利用日
年末年始を除く毎日
利用時間
平日:9時~16時 土日祝:終日
乗車車両
利用時間内のすべての列車(後部車両)にて利用可能
その他
5人以上で乗車する場合は事前連絡すること
公式サイト
近江鉄道

近江鉄道サイクルトレインで行くおすすめスポット

世界的デニム店から鷹が集まる神聖な山まで!地元民おすすめ東近江の極上穴場スポット3選

山岳信仰の霊地として知られる東近江市のパワースポット『太郎坊山』

『びんてまり』『近江の麻』からの料亭ランチ!想像以上に大満足の愛知川宿に行ってきました!

関連記事

  1. 演劇の熱がここから!滋賀初の小劇場「滋賀里劇場」で『近江演劇祭』…
  2. 滋賀から未来へ!地球のために「今」できること
  3. メイン 職人が集まり暮らす珍しい地域、米原市上丹生「木彫りの里」で木彫り…
  4. 明治から続く伝統産業『八幡靴』の将来を担う若き移住者【滋賀に気づ…
  5. 高島にきて家族の笑顔が増えました【滋賀ぐらしインタビュー暮らし・…
  6. MinakuchiとOtsu “滋賀愛”がぎゅっと詰まったブラジル仕込みの本格バーガー店『SA…
  7. テーマは『アラウンド・ザ・レイク』。滋賀の絶景を撮影し続ける別所…
  8. 小谷さん夫妻 移住の一歩は、家族の大きな一歩。移住で手に入れた理想の子育て環境…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP