観光

琵琶湖の水面を走る!“ゴザ走り”で大人も子供も大はしゃぎ!

ゴザ走り

【ゴザ走り/滋賀県大津市】

琵琶湖の上を走る!走る!

沈みそうになる足を持ち上げて、必死に走る“ゴザ走り”。
琵琶湖の上に敷かれたゴザの上を走るという、
ユニークなイベントが『真野浜水泳場』で開催。

この夏、湖水浴を楽しみながら、
琵琶湖の上で大はしゃぎしてみませんか?

水面を走る?!琵琶湖で“ゴザ走り”が開催

真野浜水泳場

夏空の下、面白いイベントが開催されると聞いてやって来たのは、
琵琶湖大橋のすぐ隣にある『真野浜水泳場』。

ゴザ走りの様子

わいわいと楽しそうな声が聞こえてきます。
浜に着くと、目に入ったのは琵琶湖の上に浮かぶレールのようなもの!

ゴザの上を走る少年

琵琶湖に敷かれていたのは“ゴザ”。
「よーいどん!」の合図で、ゴザの上を人が走り出しました!

『真野浜水泳場』で毎年開催される“ゴザ走り”は
琵琶湖の上に敷かれた約25mのゴザの上を走って完走するというもの。

忍者になった気分で水の上を走っているよう!

琵琶湖にダイブ

でも実際、忍者のように爽やかに走れるものではなく、
沈む足にバランスを崩し、そのまま琵琶湖へダイブする人も!

参加者みんなが楽しそうで、子どもに混ざって大人まではしゃいでいる姿も。

『真野浜水泳場』のFacebookページでは、
イベントの様子を動画で配信していますよ。

7月17日・ゴザ走り大会

2018・まの浜水泳場ゴザ走り大会のライブ

真野浜水泳場さんの投稿 2018年7月16日月曜日

子どもの方が上手に走れる!しがトコ編集部員も挑戦

体験

とにかく体験してみるのが一番!
早速、しがトコ編集部員も参戦です。

小さな子どもでも完走しているので、
「簡単そう!」と油断していたところ…。


一歩目で、ぐんと足が沈む!
そして急いで次の足を出さないと、ゴザはどんどん沈んでいくばかり。

まるでトレーニングのように腿を上げて走るはめに。
約12秒で完走!たった25mですが、100m走を全力疾走したかのような疲労感。

体験(たいちゃん)

大人たちの様子をみて、小学生もトライ!

苦労していた大人たちをよそに、
ひょいひょいと簡単にゴザの上を走っていきます。

琵琶湖の上を走る

まるで琵琶湖の水面を走っているよう!

子どもは軽くて沈まないので、
むしろ簡単に走り切ってしまいます。

小さな子

こんなちっちゃな女の子が浮き輪を着けながら走っていてカワイイ!
周りにいるみんなが思わず「頑張れー!」と声援を送ります。

頑張って走り切った様子

琵琶湖に落ちたりしても、遠浅の水泳場なので
子どもでも足が届くので安心。

浮き輪を着けながらや、大人が隣で手を取りながら走るのもOKです!

“ゴザ走り”を求めて県外からもやって来る!

タナベさんとタカハシさん

「今日は、ゴザ走りのために大阪と兵庫からやって来ました!」
と意気込みを見せるのはタナベさん(左)とタカハシさん(右)。

前回開催された“ゴザ走り”に参加したところ、
あまりの楽しさに今回も参戦しに来たのだそう。

タナベさんが走っている様子

普段はトレイルランのランナーだというタナベさん。
走り方が様になっています!ベストタイムは11秒18!

「今日はまだ波が穏やかで走りやすかったです!」
前回は波が立っていて完走者が少なかったらしく、
その日の琵琶湖のコンディションによって結果もかなり変わるそうです。

タカハシさんは諦めずに何度も粘るも、
綺麗に琵琶湖へダイブされました。

あゆみんとちーちゃん

「ゴザ走りのために三重からやって来ました!」
あゆみんさん(左)とちーちゃんさん(右)。
途中渋滞がひどくて、2時間ほどかけてやって来たのだそう。

ちーちゃんが走る様子

3回チャレンジしたというちーちゃんさんは15秒でゴール!

あゆみんさんは、何度もゴザの上でコケるも、
琵琶湖にはまらずに走り切った姿に拍手!21秒で完走。

このイベントのためにと県外から足を運ぶ人が多く、
みんなが走り切れるまで何度も夢中になって挑戦していました。

完走タイムは早くても10秒台前半かと思いきや、この日の最速は8秒!
いったいどんな身のこなしで走っていたのか、ぜひ見たかったです。

みんなが楽しくアットホームなイベントに

山田英二さん

こちらが大会主催者・真野浜水泳協会の山田英二さん。

何か楽しいイベントを作れないかと考えていた時に、
大津真野『正源寺』のお坊さんが、
「琵琶湖の上にゴザを敷いて走ったら、面白いんじゃない?」と
好奇心のもとに発言したアイディアが始まりだと話します。

ゴザを片付けている様子

回数を重ね、いつの間にかたくさんの人に愛されるイベントになった“ゴザ走り”。
毎年、ゴザを敷いてコースを作って参加者を出迎えてくれます。

山田さんをはじめ、水泳場のスタッフが協力して手伝い
大きすぎない規模で開催するイベントだからこそ、
会場にはアットホームな雰囲気が流れています。

ゴザ走り

タイムを真剣に競い合うのではなく
みんなが走り切れるように、周りの人も一緒になって応援する。
失敗しても何度でも挑戦しても良い。そんなゆるさも魅力のひとつ。

わざわざ県外から足を運ぶ人もいるほど、
夢中になること必至のイベント“ゴザ走り”。
参加費は無料!
この夏、琵琶湖の上を走ってもうひとはしゃぎしてみませんか?

<記事公開日:2018年8月2日/最終更新日:2019年8月5日>

2019年「ゴザ走り」詳細情報

2019年は「5のつく日は、ゴザ走り!」がキャッチコピー!

開催日
2019年7月15日(月・祝)、25日(木)、8月5日(月)、15日(水)、25日(日)
※雨天時の予備日 8月26日(月)
開催時間
12:00 エントリー受付・予行練習
13:00 タイムトライアル
14:30 表彰式
★小雨決行、強風・湖面が大荒れの場合は中止
開催場所
〒520-0232 滋賀県大津市今堅田3丁目 【→地図】
公式サイト
真野浜水泳場
車での来場
駐車場料金が1,000円必要です

関連記事

  1. 江戸時代の手掘りのトンネルを探検!歴史ロマンを感じる貴重な史跡『…
  2. 見る人を圧倒する琵琶湖最大の群生地、烏丸半島のハスが間もなく開花…
  3. まるでニンジャの美術館!だまし絵(トリックアート)が楽しいJR甲…
  4. 1000発の花火と、古代ロマンを感じる船団!夏の終わりを告げる「…
  5. 比良山系を背景にしたアップの菜の花 菜の花と雪山のコラボ!滋賀県ならではの絶景を見に行こう!
  6. 琵琶湖に浮かぶ“身近な離島”沖島に行ってきました!
  7. びわ湖を見下ろす新スポット「びわ湖テラス」をレポート!家族でも、…
  8. 世界的デニム店から鷹が集まる神聖な山まで!地元民おすすめ東近江の…

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP