カルチャー

心にしみる田園風景。『ONE SLASH』の兼業農家応援PV第2弾がYouTubeで絶賛公開中です!

滋賀の田園風景
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【美の滋賀trip!#08/ONE SLASH(ワンスラッシュ)】

次々と映し出される、田んぼの風景。
テンポよく切り替わる映像で農作業をしているのは、
スーツ姿に白衣に、お菓子職人さん?!

映像を制作したのは、
長浜市西浅井町を拠点に活動を展開する
『ONE SLASH(ワンスラッシュ)』というグループです。

兼業農家率の高い滋賀県で
美しい田園風景を守ってきた兼業農家の皆さんを応援したいと
プロモーションビデオを制作しました。

動画の見どころや、制作秘話を交えてご紹介します。

兼業農家数、全国第3位!滋賀の田園風景を守ってきた農家さんの営み

riceiscomedyのメイン写真

ワンスラッシュは、滋賀県の兼業農家やお米の魅力を
たくさんの人に伝えようと活動しているグループです。
「Rice is Comedy」と銘打って、
「お米づくりは面白いんだよ」と様々な形でPRを行っています。

羽釜で炊飯
YouTubeチャンネルでは、
突然現れて炊き立てのお米をふるまう『ゲリラ炊飯』や
農作業の様子などをコミカルな動画で発信中!

昨年制作した第一弾の兼業農家応援PVも、
和やかな雰囲気が大好評です!

今回で2回目となる、プロモーションビデオの制作。
夕日を跳ね返す水面も、青々とした稲が風にうねる姿も、
ある意味、滋賀県では当たり前の景色かもしれません。
今回は、そんな田園風景の美しさに注目しました。

田園風景

実は滋賀県は、全国で3番目に兼業農家が多いんです!
面積の広い北海道・日本一の米どころ新潟。
この道県に次いで3位というのはすごいこと。
それなのに、県内ではあまり知られていませんよね。

農家さんにとっても、お米は自分たちの田んぼで作るのが当たり前。
わざわざ発信しようとする人は多くありません。

控えめな農家さんに代わって、滋賀のお米づくりの魅力を発信したい!
田園風景の美しさを支える営みを、多くの人に知って欲しい!
そんな思いで制作にあたったそうです。
早速、動画の一部をご紹介していきます!

ストレートなメッセージが心に迫る。スタイリッシュな仕上がりのPVは必見!

農作業をする猟師さんの後ろ姿
動画の始まりは、ピアノだけのシンプルなBGM。

生き生きと農作業をする皆さんの姿が映し出されます。
そして、目を引くのはやっぱり、作業中の方々の服装!

兼業農家さんの眼差し
白い帽子、白い作務衣の菓子職人さん。

田植えをする自転車ガイドさん
スポーツウェアにヘルメット姿で
田植えをしているのは、サイクリングガイドさん!

稲刈りをする看護師さん

白衣にカーディガンのこちら方は・・・
そう!看護師さんです。

看護師姿で稲刈りするなんて光景なんてなかなかお目にかかれません(笑)

田植え機を動かす猟師さん

田植え機を軽々操る男性は、
鮮やかなオレンジ色のキャップとベスト姿。
こちらの方は、猟師さんです。

本業と農業を両立されている兼業農家さんへのリスペクトを込めて、
本業の服装で出演してもらっているんです。

コピー「風にたなびく黄金の稲穂」
力強いビートが始まり、
田園風景と交互に映し出されるのは
真っ白な画面のまんなかに、短い言葉。

静と動のコントラストが、印象的。
ストレートで胸に迫るメッセージを、一部抜粋してご紹介します。

光り輝く水鏡 
かえるの合唱響く青稲 
風になびく黄金の稲穂 
全てを白く染める雪化粧
これからも 
そしていつまでも――
あなたたちがいるから 
変わることのない営みが続いている

ビデオの制作チームで、共通して感じていたこと。
それは、”田園風景も、それを守る農家さんの営みも、
どちらも尊く美しい”ということです。

兼業農家さんの眼差し
躍動感のある華やかなサウンドと、兼業農家の皆さんの真剣なまなざし。
3分ほどの短い映像ですが、
“滋賀の田園風景”そのものの鼓動が聞こえてくるようです。

田園風景と人の営みは、切り離せないものなんだ。
そう思い出させてくれます。

エンドロールには、フォトコン『RICEISBEAUTIFUL』から厳選された田園フォトを採用!!

動画制作の様子
こちらは、撮影中のワンシーンです。
「前回のビデオは楽しげな感じで作りましたが、
今回はメッセージ性を強めて制作しました。」とワンスラッシュの山瀬さん。
滋賀県の兼業農家さんの姿を、半年ほどかけて撮影・編集しました。

滋賀県のいろいろな田んぼに出向いて、
自転車のガイドさんや猟師さん、長浜市役所の方など
本業の服装をして農業をしているところを撮影したそうです。

動画制作の様子

新型コロナの影響で撮影スケジュールを合わせにくかったり、
天候も悪かったりして、難航しながらも撮影を続けました。

フォトコンテスト
PV制作と並行して、滋賀の田園風景フォトコン、
『#riceisbeautifulフォトコンテスト』を開催しました。
このコンテストには、100枚以上の応募があったそうです!
(フォトコンテストは既に終了しています。)

エンドロールに使われている風景写真は、
コンテストへの応募作品から厳選されたものです。

山瀬さんらは、実際に農業に携わり、滋賀県のお米の美味しさや、
農家さんたちの頑張りや営みを肌で感じてきました。
「これからも、いろいろな形で滋賀のお米や兼業農家の魅力を
たくさんの人へ伝えたいです」と、意気込みを語ってくれました。

私たちが風景に感動するとき、知らず知らず、
その風景を支えてきた人の気配も感じているのかもしれません。

田園風景が変わらずそこにあるのは、農家の皆さんの営みがあるからこそ。
生き生きと作業をする姿を目の当たりにすれば、
いつもの風景の中に、新たな “美”を発見できるかもしれません。

動画は全編もぜひチェックしてみてくださいね。

「ONESLASH」のデータ

Facebookページ
https://www.facebook.com/1slash.nagahama/

※「美の滋賀trip!」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式のポータルサイト『美の滋賀trip!』でも公開されています。

関連記事

  1. ライブ会場のような盛り上がり! “沸騰現場”が楽しいエンタメ性に…
  2. これぞ近江の奇祭!?滋賀県近江八幡市「伊崎の棹飛び」
  3. カルビー工場見学に行ってきました!今年の味『サラダパン味』も試食…
  4. アフリカと滋賀に”意外な共通点”?ウガンダに2年住んでいた異色ラ…
  5. ルイ・ヴィトンが「京都の近く」でコレクションを開催(滋賀と言って…
  6. あの豪雨の時、琵琶湖がためた水の量は約5億トン!天ヶ瀬ダムの13…
  7. 「鯉カレー」や「しじみカレー」も!『おおつ近江米カレー』がずらり…
  8. 西武外観左側から 西武大津閉店に寄せて。70年代の写真とともに一級建築士本田明氏に…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP