イベント

びわプリの坂田知昭さんが快挙!歴史あるフランス料理のコンクールで世界第2位!!

【ボーセジュールの坂田知昭さん/滋賀県大津市】

滋賀育ちの坂田知昭さんが、日本人としては9年ぶりの快挙!

琵琶湖畔にそびえる「びわ湖大津プリンスホテル」。
その38階にある「フランス料理 ボーセジュール」で
調理を担当する坂田知昭さんが、
日本代表として11月20日にパリで行われた
「第51回 ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」に出場。
なんと世界第2位を獲得しました!
日本人としては9年ぶりの受賞です。

11月26日(日)に同ホテルで行われた
「BIWAKO イルミネーション」点灯式で、
たくさんの観客に見守られながら
坂田さん自ら喜びの報告を行いました。

50年以上の歴史ある国際料理賞コンクールで準優勝!!

報告する坂田さん
点灯されたばかりのイルミネーションの前で
お世話になった方々への感謝を語る坂田さん。
会場に集まった人達から、大きな拍手が送られました。

ル・テタンジェ国際料理賞コンクールは、
今年で51回目を迎える、歴史と権威あるコンクール。
時には「ガストロノミーのエベレスト」と呼ばれるほど
レベルの高いコンクールなのだそう。

受賞直後
(写真提供:びわ湖大津プリンスホテル)

こちらは受賞直後の嬉しそうな坂田さん。

パリのコンクール直前は緊張や、研修で眠れない日々が続きました。
日本一に輝いてからパリへ旅立つまで、
そしてパリ到着後も連日、明け方まで研修を重ねたそうです。

「今までお世話になった方々への恩返しのためにも、上位入賞しなければ!」
とかなりのプレッシャーだったとか。

帰国後の坂田さん
そんな坂田さんからは、何度も何度も「感謝」という言葉が
語られました。

「言葉が通じず、調理器具などの環境も違うので苦労しました。」
と当日も苦難は続いたそう。
それでも「現地のシェフからいただいたアドバイスや、
これまでお世話になった方の言葉を思い出し、なんとかやりきりました」と
当日の様子を語ってくれました。

ともに滋賀育ち!世界トップレベルの師匠の支え

実は、びわ湖大津プリンスホテルから
同コンクールで入賞したのは、坂田さんが二人目なんです!

佐野グランシェフ
現在、同ホテルのグランシェフとして
活躍されている佐野文彦さん。
1994年に同じく日本代表としてコンクールに挑戦。
その時は第3位入賞という成績をおさめました。

ともに滋賀育ちで、日頃から佐野さんに指導を受けているという
師弟関係にあるお二人。
”弟子”の第2位入賞について、佐野さんから何か言葉は?との問いかけに
「よくやった、と言ってもらえました。
本心かはわからないですけど、、」とはにかむ坂田さん。

日本一を獲得した料理
(日本一を受賞した作品/写真提供:びわ湖大津プリンスホテル)

世界トップレベルの師匠のもと、日頃から
「まずは佐野料理長に認めてもらえるところまで
もっていかないと!」という気持ちで鍛錬を重ねる坂田さん。

現地にもサポートでついてきてくれた佐野さんは、
大きな心の支えになったといいます。
こんな強い絆で結ばれたお二人だからこそ、
今回の輝かしい結果に繋がったのかもしれませんね。

世界トップレベルのフランス料理が食べられる「ボーセジュール」

ボーセジュール店内
(写真提供:びわ湖大津プリンスホテル)

坂田さんが調理を担当している「ボーセジュール」は
びわ湖大津プリンスホテルの38階に位置し、
琵琶湖を一望できるロケーションも自慢!

こんな素敵な景色、雰囲気の中で世界トップレベルの
フランス料理を堪能できるなんて夢のようですよね。

坂田さん監修コース
(写真提供:びわ湖大津プリンスホテル)

1月からは坂田さん監修のコース
『「セ・タン・プティカドードゥシガ」~滋賀からの贈り物」~』が登場!
繊細で美しい料理の数々、そして「滋賀からの贈り物」という
ネーミングも素敵ですね。

お値段やマナーなどで、ハードルが高く感じることもある
フランス料理ですが「ボーセジュール」なら
土曜日と休日はランチも楽しめるそう。

これなら少し気軽に、足を運ぶこともできそうですね。

(ランチはメニューが異なりますので、
公式サイトでご確認ください)

「BIWAKO イルミネーション」で湖畔ならではのウィンターシーズンを楽しんで!

点灯式の様子
11月26日(日)に点灯式が行われ、
華々しくオープンした「BIWAKO イルミネーション」。

ホテル前のガーデンには、約68,000球の
イルミネーションが敷き詰められて幻想的!

この濃いブルーの部分、上から見てみると、、、

琵琶湖型のイルミネーション
琵琶湖の形をしているんです!
「THE 滋賀」なイルミネーションはインパクト大!!

玄関前のツリー
ホテルの玄関前には高さ約10メートルの大きなツリーも登場し、
さっそく記念撮影するお客さんの姿が見られましたよ。

「BIWAKO イルミネーション」の開催期間は
2018年3月31日(土)までですが、
クリスマスイルミネーションは12月25日(月)まで。

ロビーのツリー
今年のクリスマスは、世界トップレベルのフランス料理と、
琵琶湖畔ならではのイルミネーションを楽しんでみませんか?

「フランス料理 ボーセジュール」を地図でみる

JR大津駅から無料シャトルバスもあり!

びわ湖大津プリンスホテル

→大きい地図で見る

「フランス料理 ボーセジュール」のデータ

住所
滋賀県大津市におの浜4-7-7 38階(→地図
電話番号
077-521-5522(レストラン直通)
営業時間
ランチ:11:30~14:30※土・休日のみ
ディナー:17:30~21:00
公式サイト
http://www.princehotels.co.jp/otsu/restaurant/beauxsejours/
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. 高島がアウトドアの聖地になる2日間。関西最大級の「ブルーグリーン…
  2. 滋賀の人気パン屋さんが大集合!パルコぱんまつり Vol.1
  3. 老舗醤油の「しょうゆソフトクリーム」と冷たい清流で夏涼み。風情た…
  4. 蒸気 蒸気が上がり、汽笛が鳴り響く!迫力満点の「SL北びわこ号」が今年…
  5. 2015びわ湖大花火大会の感動シーンを集めた写真特集
  6. 西村さんと祖母 コッペパンと”たくわん”の驚異のコラボ!もはや滋賀県民のソウルフ…
  7. coccori(コッコリ) coccori<コッコリ>(滋賀県高島市)
  8. 野外オペラ3 お寺でオペラが幻想的!11/5(日)三井寺で無料の野外オペラを開…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP