カルチャー

“家族を持つ”という覚悟が、移住を後押ししてくれました。都会も田舎も、起業の種はどこにでもある【滋賀に気づいた人interview#014】

田中啓介
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀に気づいた人interview#014】

「家族を持つ」そう決めたとき、一緒に過ごす時間を優先したいと
すべてをリセットし田舎での暮らしを始めようと決めた田中さん。

忍びの里というユニークさに惹かれ、甲賀市の地域おこし協力隊になって3年。
地域住民を巻き込みながら、ひまわり畑、養蜂場、間伐材を使ったログハウスなど、
持ち前の好奇心と感性で、忍者の町に新しい風を吹き込んでいます。

家族と過ごす時間を優先し、移住を決断

田中さん

__地域おこし協力隊になろうと思ったきっかけは?

大阪で生まれ育ち、大学からは東京へ。渋谷でアパレルの販売員からスタートし、ファッションの会社を起業しました。業績は右肩上がりでしたが、自分の生活は365日ほとんど仕事で、家にいるのは寝るときだけ。彼女との結婚を考えたとき、この生活を続けていて家族が作れるのかと不安になったんです。家族を犠牲にして働くことに意味はあるのか・・・と。このまま都会で暮らせば、僕の性分として忙しく働いてしまう。それなら全てをリセットして田舎で暮らすのもいいかなって彼女に相談したら「あなたならどこでも生きていける」と背中を押してくれました。

__なぜ甲賀市だったんですか?

生きるためには仕事を作らないといけないですよね。まずはまずは足がかりとして地域おこし協力隊を活用し田舎へ移住を決意しました。候補地を選ぶ中で、「水がきれいとか、自然が豊かとか」日本全国に存在する資源ではなく、何かその地域でしかできないこと、と考えていたところで出会ったのが“忍びの里・甲賀市”。全国的にみても忍者を売りにできる町ってそうないじゃないですか!それで甲賀市に興味を持ち志願しました。

ひまわりプロジェクトがつなぐ地域の可能性

ひまわりプロジェクト看板

__地域おこし協力隊としてどんな活動をしようと思いましたか?

今までの自分の仕事は商品を仕入れ、作りあげて販売すること。それをローカライズして、地域ならではの商品セレクトで販売・交流の拠点を作りたいと思ったんですけど、そう簡単にはいかなくて・・・。
私が活動している地区は甲賀市の中でも甲南町宮地区という小学校区で全校生徒が50人ほどの小さな集落。
活動の方向転換をするにあたり、地域の困りごとを聞いていくなかで、高齢化で手がつけられていない田んぼがあると知り、まずはそこをひまわり畑にして地域の活性化を目指そうと提案しました。

___ 活動は順調でしたか?

田舎の特性として、よそ者は簡単に受け入れてもらえない部分ってありますよね。僕も例にもれずで、初年度はあまり賛同してもらえませんでした。何者かもよくわからない人が旗を振っても、ついてきてくれないのは当然。言葉で説明するよりもまずは自分が動こうと、最初は10アールの栽培スペースでこつこつとひまわり栽培を始めました。すると通りがかった人が、「何しとんねん?」「きばっとるなー」と声をかけてくれるようになり、「耕すんやったらウチのトラクター使い」と機械も貸してくれたり。

活動中の田中さん

翌年には「うちでも育ててみよかな」と活動に共感してくれる人も増え、3年目となった今年は、栽培規模が15倍の1.5ヘクタールにまで拡大しました!
全国的なひまわり畑に比べればまだまだ巨大とは言えませんが、子どもから三世代に渡って栽培を楽しんでもらっている。地域活動としてこれだけの規模になれたことは満足していますし、ひまわり畑をきっかけにこの地域に訪れてくれる人が増えれば嬉しいです。

ひまわり油

ただ鑑賞して楽しむだけでなく、ひまわりの種からオイルを抽出し、国産のひまわり油も作りました。菜種やエゴマも栽培して食用油にしています。まずは、これらを地域の特産品として活用していきたいと考えています。

※「滋賀に気づいた人interview」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式の移住ポータルサイト『滋賀ぐらし』で公開されています。

関連記事

  1. 【延暦寺特集:前編】”考えない”瞑想時間…
  2. ライブ会場のような盛り上がり! “沸騰現場”が楽しいエンタメ性に…
  3. 近江大橋とSUP びわ湖でアロハ!? SUPでびわ湖から滋賀を一望してリフレッシュ…
  4. 琵琶湖岸を歩く人にインタビュー「ここで何をしてるんですか?」
  5. 感覚を研ぎ澄ましてトライ! 誰もが楽しめる新感覚スポーツ「ゴール…
  6. お膳と庭園 身体にいいものを少しだけ。五感がひらく自然の中の古民家ファスティ…
  7. これは何だろう?瓦のまちで不思議なアートに出会う『土から生まれた…
  8. おうち食堂tuku_ta(つくった)の看板 日吉大社参道沿いの隠れ家カフェでいただく優しいお昼ごはん『おうち…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP