カルチャー

県内唯一のプロスポーツチーム・バスケットボール『滋賀レイクスターズ』の試合を観戦してみた!

試合1

【滋賀レイクスターズ/滋賀県大津市】

バスケットボールのプロリーグ『B.LEAGUE』が開幕してちょうど1年。
メディアでバスケットボールの話題が取り上げられることも増え
バスケット熱は高まりつつあります。

が、それは一部のバスケファンだけの話・・・と思っている方!
実は、バスケットボールの試合はエンターテイメント性があり
バスケット経験がない初心者でも
カップルや家族連れでも楽しめるそうです。

というわけで、実際に滋賀のプロバスケットボールチーム
滋賀レイクスターズ』の試合を観戦しに行ってきました!

試合前から盛りあがる!

2017-18シーズン開幕前に守山市民体育館で行われた
『プレシーズンゲームサンロッカーズ渋谷戦』。

入場待ちの列

体育館の前にはすでに入場を待つ列ができています!
バスケってこんなに人気だったの?なんて思いながら開場を待ちます。

現在、1部リーグである『B1』に参加しているチームは全国で18チーム。
その中のひとつが、滋賀県大津市にホームをかまえる
滋賀レイクスターズ』、通称『レイクス』です。

Bリーグ初年度はレギュラーシーズン終盤に
怒涛の6連勝で最下位からのミラクル脱出をはたし
『B1』残留を決めました!
レイクスファンにとっては試合結果に
一喜一憂させられた1年目となったようです。

ウォーミングアップ

本日迎え討つのは、元NBA選手3人を擁する『サンロッカーズ渋谷』。
試合前のウォーミングアップに選手が入場してくると、その迫力にすでに興奮気味…。
身長2m越えの外国籍選手が目の前に立つと圧倒されます。
1階席ならコートはすぐ目の前。2階席後方からでもとても選手を近くに感じられます。

試合前のチア

試合前の会場を盛り上げてくれるのは
アリーナDJの仙石幸一さんの軽快なトークと
チアの磨き抜かれたパフォーマンス!
目の前で踊るチアの皆さんの激しいダンスはもとより
セクシーな衣装に目が釘付けです(笑)

スターター入場

スターター選手の入場に会場が沸きます!

音楽にあわせてノリノリで応援!目の前で繰り広げられる熱い戦いに気分はヒートアップ

いよいよ試合開始!

試合開始

バスケの試合は1Q(クォーター)10分×4Qで1試合。
ですが、ファールやフリースローのたびにタイムがとまり
ハーフタイムなどもあるので
1試合2時間くらいのつもりをしておくほうがよさそうです。

試合3

攻守がめまぐるしく入れ替わるのがバスケの特徴。
攻撃中には決まった音楽と掛け声があり、
チアが扇動してくれるままに「GO!レイクス」と
みんなで一緒に大声をだして盛り上がります!

また相手の攻撃のときには、大声で「ディーフェンス!」
曲が切り替わるたびにハラハラドキドキして
思わず応援の声にも力が入ります。

応援

試合中には滋賀出身ミュージシャン・T.M.Revolution西川貴教さんの『HOT LIMIT』も。
この曲が会場に流れるとみんなブルーのタオルを左右に揺らし、ノリノリに♪

ハーフタイム

ハーフタイムには観客が楽しめる工夫もあります。
今回はチアが投げたフライングディスクを受け取った人が賞品をGETできました。

試合に集中してみると、さすがプロの試合!
そこを通すのか!と驚く絶妙なパス回しや、
ここ一番にスパッと決まる3Pシュート、
リングが揺れる大迫力のダンクシュートまで
見事なプレーの連続にすっかりバスケの虜になっています。

試合は終始、レイクスがリード、77対65で完全勝利!
レギュラーシーズンを直前に控え、幸先の良いスタートとなりました。

”しがトコ的”推しメン選手はこちら!!

バスケット選手にはイケメンも多いとか。
顔はもちろん、プレーに惚れることもあると思います!
お気に入りの選手を見つけて、楽しむのもいいですよね。

ここでレイクスの注目選手をご紹介。

狩野選手

新キャプテンの狩野祐介選手
レイクスきっての爽やかイケメン♪
試合の流れを変えることもある3Pシュートの成功率が高く頼れる存在です。

並里選手

攻撃の要は並里成選手
スラムダンク奨学金の第1期生としてアメリカ留学の経験もある実力者。
身長172cm小柄ながら、天性のセンスとスピードでチームを引っ張っています。
意表をつくプレーの連発で、彼がボールを持つとワクワクします。
「ファンタジスタナリト」の愛称も!

横江選手

草津市出身の横江豊選手も忘れてはいけません!
地元選手ということもあり、
会場内には横江選手と同じ背番号をつけたTシャツ姿の人も多かったです。

外人選手

そして今季新加入した外国籍選手も要チェック!
ふたりとも身長211cmのビッグマン!
背番号40のディオール・フィッシャー選手は、チーム最年長となる35歳のベテランです。
取材日も数々のシュートブロックを決めてくれてました。
もう一人は、背番号50のオマール・サムハン選手
ゴール下はもちろん、遠くからのシュートにも自信あり!
この2人が今後どんな活躍をみせてくれるのか、期待が高まります。

会場の一体感がバスケ観戦の魅力!

チア

野球やサッカーとは異なり、
ひとつ屋根の下の閉ざされた空間=アリーナ(体育館)だから
観客の一体感が強まる要因かも!なんて思いました。
音楽やライトアップで効果的な演出ができるのもアリーナならではですよね。
ホームアリーナのウカルちゃんアリーナ(滋賀県立体育館)では
よりエンターテイメント性の高い演出が用意されているそうです。

滋賀レイクスターズは、今季はクラブ創設10周年という節目の年!
大手企業スポンサーがつき有名選手を多く擁するチームとは違い、
地元の応援をうけ地域密着型で頑張ってきたチームだけに、
応援したくなる!そんな気持ちありませんか?

ハイタッチ

2017-18シーズンは、今週末10月7日(土)・8日(日)がホーム開幕戦
2日間で6000人満員プロジェクトと題して
来場者全員にオリジナルフラッグのプレゼントもあるそうです!

選手の熱気を感じる近さで見られるプロスポーツの迫力は格別です。
ぜひ、バスケ観戦してみてください!

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 自分のやりたいことができるのはここだ!そう思った瞬間、移住を決め…
  2. 近江日野商人館の外観 ここにあった!『近江日野商人館』に眠る貴重な展示。江戸の息遣いが…
  3. 西川貴教さん街歩き 西川貴教さんが地元滋賀に愛の叱咤! 熱弁が止まらない大津まち歩き…
  4. テレビで見た田舎暮らしに憧れて、梨農家を目指しました!【滋賀に気…
  5. 金勝山 滋賀の半分は”山”だった!びわ湖だけじゃ…
  6. 【しがスポーツSTORY】金メダリストの大橋悠依選手、木村敬一選…
  7. 【しがスポーツSTORY】競い合うより“リスペクト”。日本のトッ…
  8. 【後編】ここで共に生きる「無事の文化」が滋賀の風景だ。上田先生に…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP