イベント

今だからこそ伝えたいことがある!さまざまな美の表現と出会える『美の滋賀BACKSTORY展』開催中です

美の滋賀BACKSTORY展
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【美の滋賀BACKSTORY展】

これまでの常識が次々と覆され、
何が正解かわからない日々を過ごした2020年。
そんな中でも、創造したいという意欲、
アートのカタチは止まることはありませんでした。

こんな時期でもできることから。
こんな時期だからこそできる表現を。

そうやってこの1年間に県内で生まれた
さまざまな“美”の表現をまとめた企画展
『美の滋賀BACKSTORY展』が2月28日(日)まで開催中です。

県内8つの団体の表現をコラージュパネルで紹介!

企画展入口

2019年から毎年しがトコで企画している「美の滋賀BACKSTORY」。
これまでは、たくさんの人が楽しめるイベントとして実施してきましたが
今年は、新型コロナウイルス感染拡大の状況をふまえて
企画展とオンラインイベントとして開催することになりました。

展示風景

令和2年度に滋賀県の「美の滋賀プロジェクト」に採択された8団体の
アートイベントの活動写真をコラージュしパネル展示しています。

BIWAKOビエンナーレと長浜ローカルフォト

会場正面に飾られているのは、2枚の大型パネル。

古い建物と現代アートがコラボし、
独特の世界観で多くの人を魅了した「BIWAKOビエンナーレ2020」と
地域の魅力を写真で発信する「長浜ローカルフォト」の
オフショットを含む生き生きとした写真が並んでいます。

ワンスラッシュ

こちらは”滋賀の農業の美は我々兼業農家が支えている”という
誇りを胸に活動を続ける、若手兼業農家集団「ONE SLASH」。

展示風景2

組み合わされた写真の中には
「これなに?」「どういうこと?」と不思議に感じるものも。

パネルの横に、団体プロフィールや活動内容なども紹介されているので
そちらと照らしあわせながら、たくさんの写真の中からなにか感じてみてください。

ねこねぷた

猫をコンセプトに地域を盛り上げる「コニャンナーレ」の皆さんからは
「ねこねぷた」の実物もお借りしていますよ。

『美の滋賀オンライン成果発表会』は2月24日13時から!

美の滋賀BACKSTORY2020

各団体の活動取組みを発表する「成果発表会」も
今年はオンラインで開催することになります!

コロナ禍での取り組みの工夫点や
これから目指すものなど
各団体の代表者らが、滋賀のアートの可能性について語りつくします!

オンライン成果発表会への参加は無料。

zoomウェビナーを使っての配信となるので
視聴者は顔だしの必要もありません。
気軽に参加してくださいね。

「美の滋賀オンライン成果発表会」
日時:2021年2月24日(水) 13時~
詳しくはこちらから(美の滋賀Facebook)

プレオープン中の「SHI Gallery」にお越しください!

SHI Gallery

企画展の会場は、守山駅前の商業施設「チカ守山」に
今春グランドオープン予定の「SHI Gallery(シギャラリー)」。

“自慢したくなる滋賀”をコンセプトにするしがトコが、
リアルで繋がれる場としてオープンするギャラリーです。

そのプレオープンイベントとして『美の滋賀BACKSTORY展』を開催中。

滋賀を自慢したくなるカレンダー

会場では、滋賀のインスタグラマーさんと作った
「滋賀を自慢したくなる2020年カレンダー」も展示。
滋賀の美しい風景にも癒されてください。

アクセスは守山駅から徒歩30秒!
ぜひお気軽にお越しください。

『美の滋賀BACKSTORY展』を地図でみる

JR守山駅から徒歩30秒

SHI Gallery

→大きい地図で見る

『美の滋賀BACKSTORY展』のデータ

会期
2021年2月8日(月)~2月28日(日)
時間
10:00~18:00
場所
SHI Gallery(チカ守山)
入場料
無料
公式サイト
美の滋賀trip!

各団体の詳しい取り組みはレポート記事でもご覧いただけます

山間の限界集落「金居原」に密着した写真展がスタート

屋根の上の遊び心!美しくもユーモラスな飾り瓦に出会える『近江の瓦にみる美を訪ねて』開催中です

町家や酒蔵、銭湯がアートの舞台!『BIWAKOビエンナーレ2020』開催中です

全国から届いたガラスを愛でる!オンラインでも楽しめる『ナガハマグラスフェス2020』が開催中

築370年の日本家屋から発信する表現のカタチ。『ながらの座・座』の取り組みとは?

ニャンコが湖南を盛り上げる!2022(ニャンニャンニャン)年に向けて『コニャンナーレ』が始動しました

関連記事

  1. 今プラス 働き方は人それぞれ!滋賀のコワーキングを一挙ご紹介します!
  2. びん細工てまり(愛荘町) 幸福のシンボル!ころんと可愛い『びん細工てまり』は江戸時代より伝…
  3. 人体模型の版画 視点が変われば表現はちがう。成安造形大で『パースペクティブ スパ…
  4. 西武外観左側から 西武大津閉店に寄せて。70年代の写真とともに一級建築士本田明氏に…
  5. 「びわこ蔵」登場!『等身大の滋賀展』が「うの家」で今日から始まり…
  6. 巨大とび太くん 滋賀一番の有名人?!”とび太くん”の魅力…
  7. 對馬さん 移住するなら今しかない!留学するつもりで移住にチャレンジしました…
  8. お膳と庭園 身体にいいものを少しだけ。五感がひらく自然の中の古民家ファスティ…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP