カフェ・お店

coccori<コッコリ>(滋賀県高島市)

coccori(コッコリ)

【滋賀のええモノ】

思わずハッとする色づかいと、絶妙な配色バランス。
見ているだけで引き込まれてしまいそうな、
この織物の名前は「coccori(コッコリ)」といいます。

滋賀県高島市。琵琶湖に面した施設の中で、
知的障がいを持つ施設利用者たちが
はた織り機を使って手作業で作った織り物です。
織り手のその時の感覚で配色や素材を決めるため、
同じものは2つとなく、すべてが一点もの。

テーブルセンターとして飾ればお部屋が一気に華やぎそう。
ストールとしても良いかもしれませんね。

この特徴的な色合いが話題となり、
自由が丘の雑貨ショップでの期間限定販売では、あっという間に売り切れてしまったとか。

滋賀県生まれ、今、密かな人気の商品です。

coccoriの素材
織り物に使う素材は、綿や羊毛、アクリルなどの合成繊維などさまざま。
作り手の感性によって、その時々で選ぶ素材がちがいます。

coccori 手作り
滋賀県高島市。琵琶湖のほとりで、
一つひとつ手間と暇を掛けて丁寧に織っていきます。

coccori 班長さん
この写真の織り手さんは、通称「班長さん」。
彼の出す色味は他にはないため、根強いファンもつく織り手さんです。

母の日に、滋賀を贈ろう。

(※2013年の販売は終了しました)

coccoriのファブリックを、母の日のプレゼントに併せてラインナップしました。

『かけるだけでオシャレな敷物』と名付けられたこの商品は、
幅が約30cm、長さが約180cmという大きさです。
(商品ごとにサイズは違います/各商品ページに記載しています)

テーブルセンター

特徴的な色使いのため、テーブルセンターとして使うなど、
お部屋で敷物として利用すれば、
雰囲気をガラっと変えることができます。

お部屋の模様替えは大変だけど、
気分転換を楽しむにはピッタリかもしれません。
また、これからの季節は首に巻いて、
ストールとしても使っても良さそうですね。

色味はすべて一点ものです。
お好みのカラーで選択ください。

(※2013年の販売は終了しました)

関連記事

  1. 外の焚火 グランピングの夜空の下、カフェ&バーでゆったり過ごせる期間限定の…
  2. ミツバチも引き寄せられる森のお店「BASE FOR REST」
  3. アンティーク美術館のような古民家カフェ&ギャラリー『慧蔵』
  4. セレクトショップはここまで進化した!雄大な景色もお店の一部にして…
  5. 関西初の「おふろcafé」が大津に誕生!長居したくなる『大津温泉…
  6. 琵琶湖も見える爽快“ビアテラス”が南草津駅前に誕生!『Sora …
  7. 米粉たいやき 忍者の里で見つけた朝ごはん!お米を使った新しいファーストフード『…
  8. 町屋カフェ好きにおすすめ!地元食材のランチから雑貨まで日野町の“…
滋賀の美味しいテイクアウト 滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP