観光

びわ湖を望める新テーマパーク!「めんたいパークびわ湖」が誕生!

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【めんたいパークびわ湖/滋賀県野洲市】

びわ湖と明太子が夢のコラボ!
できたての明太子を使った絶品グルメを味わいながら
琵琶湖の絶景ビューを楽しむことができる
『めんたいパークびわ湖』が12月10日にオープン!

たかが明太子と侮るなかれ、これがすごかった!
製造過程が見れる工場や直売所、
絶品の明太子グルメがが味わえるフードコーナーなどがあり、
工夫を凝らした内装がなんとも好奇心をかきたてます。

まさに、テーマパーク!
帰るころにはトリコになっていること間違いなしです。
新名所誕生の予感にわくわくが止まりませんでした!

入口からテンションが上がる!公式キャラクター「タラピヨ」による熱烈歓迎!

エントランス

入るやいなや、天井から大小さまざまなタラピヨが!
真っ白の明るい壁紙に赤色のアクセントがたまらなく可愛くて、
写真を撮る手が止まりません…!

実はこのタラピヨ、エントランスだけでなく
工場エリアや休憩スペース、エレベーターや自動販売機など
いたるところに登場します。
ゆる~いタッチと和やかな表情に癒される!

スマホを置いてセルフで撮影できるフォトスポットもあるので、
自由に集合写真が撮れるのもうれしいポイントです。

太っ腹な試食コーナーに驚き!工場直結の明太子直売所

メインはなんといってもできたての明太子が購入できる直売所。
工場で今まさに出来上がった明太子が、続々と並べられていました。
どれどれ…と近づいてみると手前に試食コーナーが。

スプーンにこれでもか!と盛られている試食に驚き。
「たくさん食べてほしいのでいっぱい盛っちゃいました!」と
元気のいいスタッフさんが話してくれました。
一口食べると、口の中にぶわぁっと明太子が広がります。
プチプチとはじける粒感がたまりません…!

作っているのは、すぐ隣にある工場。
手作業で調味や選別などを行っていました。
この工場で作った明太子は、
滋賀県内の各量販店にも出荷されているのだそう。

「明太子100gに約40万粒」など、人に話したくなる豆知識がズラリ。
試食もいただき、明太子について勉強したらもっと食べたくなったので、
次は、お待ちかねのフードコーナーへ!

メニューはほぼ明太子オンリー!絶品フードコーナー

明太パスタやおにぎり、明太ぶたまんや、
ちょっと変わった明太ソフトクリームなんてものも。
これは一通り食べてみないと…気になるメニューをさっそく注文。

明太ぶたまんはピンク色の皮がとってもかわいい!
餡には、お肉と明太子がギュッと詰まっていました。

明太子ジャンボおにぎり

しがトコ編集部のイチオシは、この「ジャンボおにぎり」。
半分に割ってみると、海苔のキワにまで
明太子が詰まっているのがよくわかります。
あったかいお米と明太子の相性が悪いわけがありません。
最初から最後の一口まで、プチプチの明太子を堪能できます。

デザートには明太ソフトクリームを。
恐る恐る食べてみると、あれ…思ったよりもずっとミルキー。
じっくり味わうと、ひょこっと明太子味が顔を出す程度で
塩味と甘みのバランスがとってもグッド!
ソフトクリームとしてめちゃくちゃ美味しい逸品でした。

琵琶湖の絶景ビューが楽しめるカフェコーナーで至福のひととき

フードコートで購入したら、ぜひ行って欲しいのが
2階の「びわ湖サンセットテラス」。
L字型に大きな窓が配置されているので、
どこに座っても琵琶湖を眺めることができますよ。

外に出ればテラス席も。とっても開放的!
青い空と琵琶湖に、明太子カラーの赤がとっても映えます。

カフェコーナーでは無料で温かいほうじ茶や煎茶が飲めるのですが、
コーヒーを頼んでみると、とってもかわいいカップに入っていました。

ここにもタラピヨが!子供が思いっきり遊べる広場に感動!

工場やフードコーナーを抜けると何やら中庭のようなものが…
ここは「タラピヨキッズパーク」。
その名の通りほとんどの遊具がタラピヨのデザインなんです。

めんたいパークの文字のオブジェも。
琵琶湖をバックに写真がとれるので、記念撮影にぴったり。

しがトコ編集部が一番感動したのが、この室内の遊び場です。
一目見た瞬間に走り出したくなるような遊具のラインナップ!
めんたいパークのテーマパークたる所以はここにあり!

とりわけ子供に大人気なのが、この巨大滑り台とボルダリング。
一面にタラピヨがデザインされていて、
子供たちが遊ぶ姿を見ながら大人もテンションがあがります。
床にはフカフカのクッションが敷かれてあるので安全面も考慮されていますよ。

2歳以下のお子さんにはクッションフロアの遊び場も!
近くには授乳室も完備されているので、小さなお子様がいる方にも安心です。

これだけの施設がそろって、なんと入場無料!
雨の日でも存分に楽しめるのがうれしいですね。

構想なんと10年以上。念願叶った琵琶湖沿いへの出店

めんたいパークびわ湖は、日本で5店舗目。
滋賀への出店は、なんと10年以上前から計画していたのだそう。
支店長の竹内昌平さんにお話しを伺いました。

「念願叶って、やっと出店にいたりました。
僕自身も10回以上ビワイチ(自転車で琵琶湖を一周すること)を経験していて
滋賀の自然やアクティビティに魅了されています。
ぜひ、美しい琵琶湖を眺めに、タラピヨキッズパークで遊びに、
そして明太子を食べに来てください!」

めんたいパークびわ湖の詳細はこちら!

「美味しかった…また行きたい…」と
行けば見事にファンになること間違いなし。
湖岸ドライブの立ち寄りスポットにぴったりなので、
滋賀観光の”新名所”から、”定番”になる日も近そうです。

(写真・林正隆/文・しがトコ編集部/編集・亀口美穂)

「めんたいパークびわ湖」のデータ

住所
〒524-0292  滋賀県野洲市吉川4187(→地図
電話番号
077-589-8105
営業時間
9:00〜18:00(予定)
公式サイト
https://mentai-park.com/biwako/
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 職人見学からUCCの工場見学まで!藍染め、和楽器、日本酒、コーヒ…
  2. 琵琶湖博物館が7/14リニューアルオープン!内覧会の様子を40枚…
  3. びわ湖のみえる丘 突き抜ける開放感!虹のカーテンやお花畑もある、夏の絶景スポット『…
  4. 初めての八幡堀周辺観光に!近江八幡観光・半日コースをしがトコ編集…
  5. 【滋賀区】東京日本橋にも足跡を残す滋賀発の商人「近江商人」を学ぶ…
  6. ”滋賀県の花”が咲き誇る『鎌掛谷ほんしゃくなげ群生』
  7. 山岳信仰の霊地として知られる東近江市のパワースポット『太郎坊山』…
  8. まるで天空の道!運が良ければ出会える高島市『小入峠の雲海』が神秘…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP