カルチャー

大津パルコばいばい!20年間ありがとう!8/31たくさんの拍手とともに閉店

【滋賀のええトコ:大津パルコ】

8月31日、大津パルコが20年の歴史に幕を閉じました。
1996年にオープン以来、
滋賀のランドマークとして愛されてきた大津パルコ。
「青春時代の思い出だった‥」
「タワーレコードによく行ってたなぁ」
「初デートが大津パルコだった」

あの頃、学生で青春時代を謳歌していた人も、
いまでは立派な大人になりました。
まだ小さかったという人も、
この20年でお酒だって飲めるようになりました。
ファッションも、音楽も、ワクワクするきっかけが
大津パルコだったという方も多いのではないでしょうか。

最終日にはたくさんの人が集まり、
大津パルコの閉店を惜しみました。

多くの人が押し寄せた大津パルコの最終日


(写真撮影 hana19)

8月31日、大津パルコのラストを見届けようと、
円形広場はたくさんの人で溢れていました。
見上げると、2階や3階にもお客さんの姿が。


(写真撮影 asm_iy_z)

「明日からパルコの看板が光っていないなんて、
想像するだけでさみしすぎる…」という声も。
大津パルコ店頭にある街路樹の
イルミネーションは幻想的な雰囲気で、
通りすぎる人の心をわくわくさせてくれました。

「さようなら、ばいばい!」


(写真撮影 marihi)

営業の最後には大津パルコ、竹井信治店長から閉店のスピーチが。
「ありがとうございました」の言葉の後に
「ばいばい!!」と大声で手をふる
大津パルコスタッフのみなさん。

会場からは
「ばいばい!」
「ばいばーい!」「ありがとう!」
の声とともに大きな拍手が沸き起こりました。

Kazuto Yoshidaさん(@yskz_mwam755)がシェアした投稿


(動画:yskz_mwam755)

日常の中の“あたりまえ”だった大津パルコ


(写真撮影 asm_iy_z)

閉店の翌日、9月1日の朝の写真。
パルコの面影が少しずつ消えていきます。
日常の“あたりまえ”は、
そう簡単には浸透しないもの。
20年間、営業し続けてきたことは、
本当にすごいことだったんだと
改めてて実感させられます。

大津パルコ閉店後は大阪市中央区の不動産
「アーク不動産」が後継し、来年の春頃には
商業施設がオープン予定とのこと。

滋賀の文化発信基地として20年間。
たくさんの人に愛されてきた大津パルコ。
みなさんの思い出の中で、
時々しみじみと懐かしみ、
その記憶に励まされながらも、
この場所での新たな展開も、ぜひ見守っていきたいですね。

大津パルコに
心からの大きな「ありがとう」を。
20年間、おつかれさまでした。
さようなら。
そして、ばいばい大津パルコ!!

しがトコ採用情報

関連記事

  1. なぜ私たちは茂木健一郎さんと京都の街を走ったか?!
  2. ならぶ野菜 滋賀の野菜をアートに!「食」で人をつなぎ地域を盛り上げる『コニャ…
  3. ラスト 一人ひとりの”祈り”が仏になる『近江の小…
  4. これが湖北の原風景。巡回展でよみがえる「畔の木」がある風景
  5. 琵琶湖の見えないプランクトンの声を聴かせて!研究歴44年、一瀬先…
  6. ヴュルツブルク外観 まるでドイツ!滋賀にいることを忘れる本場ドイツレストラン「ヴュル…
  7. 西川貴教さん街歩き 西川貴教さんが地元滋賀に愛の叱咤! 熱弁が止まらない大津まち歩き…
  8. ビワケーション これぞ”ビワーケーション”!? キャンピングカーをレンタルして琵…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP