ショップ

大自然に佇む築120年の古民家、ガラス工房『YANEURAglass』で四季折々のガラスづくり体験

YANEURAの外観
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【YANEURAglass/滋賀県米原市】

雄大な伊吹山のふもとにたたずむ一軒の古民家。
ガラス工房『YANEURAglass(やねうらぐらす)』は、
昔ながらの集落がのこる、のんびりとした時間の中で、
ガラス作品づくり体験ができる工房です。

伊吹山のふもとにある築120年の古民家

YANEURAの外観

伊吹山のふもとには、自然とともに暮らしてきた、
昔ながらの集落が。

曲がりくねった道を進むと、
YANEURAglassに到着しました。
石垣に乗った木の看板が目じるしです。
遠景に伊吹山が見える、絶好のロケーション!

YANEURAの外観

この古民家は築120年。
2階部分が、体験&ギャラリースペースです。

「ここは、四季がはっきりしている。
それぞれの季節に、創造意欲をかき立てられます」
と、店主で作家の林和浩(はやしかずひろ)さん。

YANEURAの厨

玄関土間のひとつ奥の部屋に、
体験&ギャラリースペース『YANEURA』への階段があります。

この部屋で目を引くのは、
今も現役のおくどさん!

古民家暮らしに思いをめぐらせながら、
屋根裏にあるギャラリースペースへと上がってみましょう!

自宅の屋根裏がギャラリーショップ

YANEURAの内装

階段の先に現れたのは、
なんとも開放的な明るい空間!

荒々しいむき出しの梁に、真っ白な漆喰の壁。
そして、部屋のあちこちできらめく繊細なガラス!
こんな空間、手作りだなんて信じられますか?

YANEURAのモザイクプレート

壁際の棚も、店主のお手製。
涼やかなガラス作品が並びます。

こちらの棚に並んでいるのは、モザイクプレート。
ガラスのかけらをたくさん並べて、
1枚のお皿に仕上げたものです。

YANEURAのガラス皿

こちらのお皿は、バケツに張った氷を見て
冬にイメージしたもの。

「昔は、色や形のハッキリした作品が多かった」と話す林さんですが、
この地へ来てからは、
雪や氷の質感をガラスで表現するなど、
作風が少しずつ変わってきたそう。

YANEURAのオーナメント

こちらは、またたく星をイメージしたオーナメント。
ステンドグラスと同じ方法で作られているんです!
くるくると回りながら、光を受けて輝いています。

「ガラスの好きなところは、透明感と繊細さです。
丁寧に扱わないと割れてしまう。
それが、ガラスの良さだと思います」と、林さん。

創造性をかき立てる、自分だけのガラス作品づくり

YANEURAワークショップ生の作品

オリジナルのガラス作品を作れる、
YANEURAのワークショップ体験。
小さなお子さんでも楽しめるという、
お皿づくりの手順を教えてもらいました!

YANEURAワークショップの手順

ケースの中から好きな色ガラスを選んだら、
自分なりにガラス板の上に並べるだけ。
色ガラスの種類も豊富で、
初心者でも楽しくデザインできそうです。

YANEURAのオーブン

焼き上げの工程では専用のオーブンを使うため、
体験終了後に林さんが行います。

YANEURAワークショップ生の作品

出来上がるのは、世界にたった一枚しかない、自分だけのお皿!
作ったお皿は、後日自宅に届きます。
仕上がりを待つ時間も、楽しみのひとつ。

中には、一度の体験で終わらずに、
弟子入りを申し込む人もいるんだとか!

くらしと創作が一体となる心地よさを求めて

YANEURAのバーナー

林さんとガラスの運命的な出会いは今から18年前。
『バーナーワーク』というガラスをバーナーで熱し、
あめ細工のように形を作っていく技法に惹きつけられた
ことに始まります。

師事できる作家を探し渡米。生活と創作が一体と
なったライフスタイルに大きな影響を受けながら
ガラスの技術を学びました。

「師匠に出会ってから田舎が好きになって。
 生活しながら、つくりながら、という生活を僕もやりたい」

帰国後、ガラス細工の制作・販売をスタートしたものの
マンション暮らしの経験を通して「田舎に住みたい」という
思いがつのり、作家限定の地域おこし協力隊に就任。
この伊吹の地に移住することを決めました。

YANEURAのアトリエ

「家を直すとか土を耕すとか考えて工夫して、まずやってみる。
小さな自信が積み重なって満たされると、生活が豊かになります」
そう語る林さんのもとには、集落の内外から
ものづくりの相談が寄せられるそう。

YANEURAのアトリエ

「ワークショップを始めたのは、
いろんな人ともっと関わりたいと思ったから。
今まで出会えなかった人たちにもガラスをみてほしい。
直接話して感想や好みをもっと聞きたいなと思ったんです」

将来的には、今よりもさらに気軽に訪れてもらえるよう
ギャラリーショップの展開も検討中だそうですよ!

YANEURA店主夫妻

おおらかで熱いエネルギーを秘めたオーナーと、
明るく朗らかな奥様のお二人が迎えてくれる
『YANEURAglass』のワークショップで
クリエイティブなじぶん時間を過ごしてみませんか?

※ガラス作品づくり体験ワークショップは、メールでの予約制です。

(写真・文 伊東朋子

記事を書いた人
伊東朋子/滋賀県北部のログハウス在住。ライター・webデザイナー。びわ湖の見える作業場所を見つけてはローカルノマドに勤しむ。趣味は節約レジャー、カメラ、カフェ・ラーメンめぐり。自分なりのスローライフを探しています。「びわ湖でSUPヨガ」の夢に向けて、ヨガはじめました。(Instagram@slow_life_quest)

『YANEURA glass』を地図でみる

道の駅『伊吹の里』駅から車で5分!

『YANEURA glass』のデータ

住所
滋賀県米原市伊吹648
営業日
金・土・日曜日
営業時間
10:00〜17:00
公式サイト
https://www.kazuw.com/
公式Instagram
https://www.instagram.com/yaneura_glass/
店主個人Instagram
https://www.instagram.com/kazuw_glass/
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 喜楽長バスクチーズケーキ 父の日のプレゼントにもおすすめ!滋賀の地酒で作った『喜楽長バスク…
  2. メインビジュアル 10年先も使いたくなる木の器を。能登川にある職人のお店「UNOK…
  3. 3階の展示/白いソファ 美しい景色と美しい器が楽しめるショップ『信楽 高原のうつわや 藤…
  4. 大原さん1 滋賀の大学生が始めたコーヒー屋「此処珈琲焙煎所」ができるまで
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP