観光

琵琶湖を一望できる新しい絶景スポット誕生!滋賀の離島、沖島にできた『おきしま展望台』

【おきしま展望台/滋賀県近江八幡市】

琵琶湖、最大の島・沖島に、新しい絶景スポットが誕生しました!
船でしか行けない沖島から、琵琶湖を見渡す体験には、
滋賀ならではの醍醐味がたっぷり詰まっています。
ある初夏の休日、遊びに行ってきました!

沖島へは、堀切港から船に乗ります

沖島への交通手段は、もちろん船。
近江八幡市にある堀切港から、定期便が出ています。

堀切港へは、車でももちろん行けますが、
バスでも行けます。

JR近江八幡駅北口から「堀切港」停まで約30分。
「あかこんバス」か「近江鉄道バス」をご利用ください。

沖島への定期便「おきしま通船」は、一日に12便。
時間に余裕を持って行きましょう。
混雑時は、2往復などしてくれるので安心です。

さあ、沖島に向けて乗船!

船内はそんなに広くはありませんが、
大きな窓から琵琶湖の景色を楽しめます。

沖島の案内マップなども船内に置いてあるので、
島に着くまでの間に、見どころを予習しておきましょう!

季節や時間によって、波が高いこともあるので、
船酔いが心配な人は、事前にお薬などを飲んでおくといいかもしれませんね。

沖島に到着!

船に揺られて、約10分で沖島に到着!

新しく設置された観光マップも!かわいい!

ちなみに、「もんて」というのは、
「戻る」という意味の方言。
「もんてみて」というのは、
「戻ってみてね」ということ。

この観光マップを見て、
また何度も沖島に戻ってきてくれる人が
増えてくれると嬉しいですね!

沖島で見つけた飛び出し坊や!
じつは、沖島では、車が走ってません。
そのため、飛び出し坊やも必要ないのかもしれませんが、
そこはやっぱり、飛び出し坊やの聖地・滋賀県です。

沖島の飛び出し坊やは、漁師さんでした。

さて、おきしま展望台へ行こう!

沖島は、昔ながらの暮らしが残っていたり、
ゆっくりした空気感が楽しめる、独特の雰囲気。

その雰囲気を味わうだけで充分楽しめるのですが、
今回の目的は、展望台です!

「おきしま展望台」へ、行ってみましょう!

「おきしま展望台」へは、港から右側。
湖沿いに歩いていきます。

こうやって、湖のすぐそばを歩ける道は、
滋賀県内にはありそうで、じつはけっこう少ないんです。

船があったり、実際に人が暮らす家があったり。
その一つひとつから、沖島らしさを感じることができて、
とても気持ちいい体験です。

この特徴的な三輪車は、「ザ・沖島」という感じ。
沖島は車が走っていないので、生活の足は自転車。
中でも、この三輪車は荷物も運べて便利なため、
島民の多くの方が利用されてます。

港から歩いて10分くらいで、「おきしま展望台」の麓に到着。
ここから、山の方へと上っていきます。

階段は、ゆっくり上っても3分ほど。
「おきしま展望台」は、もうすぐそこ!

ちなみに「おきしま展望台」は、
もともとは「沖島小学校」があった場所。
その跡地を整備して、新しい観光スポットとして作られました。

目の前に見える陸地は、近江八幡です。

琵琶湖が一望できるのはもちろんのこと、
眼下には集落の家並みも。
沖島の独特の暮らしを感じることができます。

展望台からの素敵な眺めも、
到着するまでの過程も楽しい「おきしま展望台」。

週末のお出かけに、友達と、家族と、恋人と。
行ってみてはどうでしょうか。

(取材・文・写真:しがトコ編集部)

『おきしま展望台』を地図でみる

沖島漁港より徒歩約10分

「おきしま展望台」のデータ

住所
〒523-0801 滋賀県近江八幡市沖島町343
アクセス
【電車・バス】JR琵琶湖線「近江八幡駅」下車 バスで休暇村行き 堀切港下車すぐ
【車】名神高速道路八日市ICから約34分 堀切港駐車場は利用不可。「沖島来島者用駐車場」を利用
電話番号
0748-33-9779 
沖島コミュニティーセンター
公式サイト
沖島コミュニティーセンターホームページ

関連記事

琵琶湖に浮かぶ漁師の島「沖島」で地元料理の佃煮体験!

琵琶湖に浮かぶ“身近な離島”沖島に行ってきました!

しがトコ採用情報

関連記事

  1. びわ湖を見下ろす人気スポット「びわ湖テラス」をレポート!家族でも…
  2. 近江八幡左義長祭り 織田信長も愛した“天下の奇祭”!湖国に春の訪れを告げる『左義長ま…
  3. 【滋賀区】首都圏で「信楽」をめぐる小旅行へ!器も日本茶も滋賀を楽…
  4. 黒壁ガラス館 まち歩き×ガラス工芸!お散歩気分でぶらり楽しめる『ナガハマグラス…
  5. 賤ケ岳山頂 リフトで気軽に山頂へ!戦国の歴史舞台「賤ヶ岳」から見下ろす大パノ…
  6. 彦根の人気者「ひこにゃん」の専門ショップ!右から左までかわいいが…
  7. 感応館の館内 秋の滋賀はフォトジェニックの宝庫!カメラ片手にぐるっと巡ってみま…
  8. ”滋賀県の花”が咲き誇る『鎌掛谷ほんしゃくなげ群生』
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP