イベント

『かんじる比良』でグルメもアートもめいっぱい楽しめる!比良地域を体感できるイベントが5月18日(土)19日(日)に開催

外観

【かんじる比良/滋賀県大津市】

比良山脈と琵琶湖に恵まれた場所で、
自然の豊かさをめいいっぱい体感できるイベント『かんじる比良』が、
5月18日(土)と19日(日)の2日間にわたって開催されます!
美しい比良地域の魅力を知ってもらおうと企画したイベントも今年なんと16回目!
地域の40を超えるショップ、カフェ、ギャラリーなどが、
この期間だけの特別メニューや限定商品、体験教室などで町を盛り上げます。
レンタサイクルで美しい比良地域を巡ることができ、心にも体にも嬉しい!
グルメもアートもめいっぱい楽しめる『かんじる比良』。
昨年開催されたイベントの様子をご紹介いたします!

比良の風を感じながら、木漏れ日の小径をレンタサイクルで回ろう!

まずは、総合案内所へ。

総合案内所

こちらでパンフレットをゲット。
お店が密集している北比良エリアは、
車での乗り入れができないので、レンタサイクルが便利!

レンタサイクル

スイス製の可愛いピンクの自転車が、
わくわく感をさらに高めてくれます。

サイクリングロード

木漏れ日のなか、緑いっぱいの小径を
風を感じながらサイクリングなんて比良ならでは!

これで準備完了です。
可愛い相棒と一緒に、気になるお店をどんどん回ってみましょう。

月に1日しか営業しない、幻のお店の絶品ピザ!

コジィコジィ外観

こちらは、月に1日しか営業しないという、
幻のピザ屋「cosi-cosi」さん。

コジィコジィ内装

幻のお店の期間限定メニュー!

コジィコジィテラス席

家のように落ち着く店内も素敵ですが、
この季節は緑に包まれたテラス席もオススメ!
自然に囲まれて、窯で焼いたピザを食べられるなんて至福です。

ピザ

こちらがイベント限定メニューのピザ・マリナーラ(600円)。
ソフトドリンク付きでこのお値段とは驚きです!

クリスピーでありながら、口当たりがやわらかな生地に
にんにくの良い香りとトマトの控えめな酸味がマッチしたソース。
都会のイタリアンレストランにもひけをとらないばかりか、
むしろ、そんじょそこらのレストランよりも格段に美味しいと
確信してしまうほどのピザ。

コジィコジィ店主

店主はいったいどこで修業されたのかな?と思い聞いてみると、
ピザづくりの趣味が高じてお店を出すまでになったのだとか。
しかもお店の建物も自分で建てたというこだわりよう!

店主のお話とこだわりのお店、ピザと出会い、
感動のひと時を過ごすことができました。

老舗の煮豆店で、体に優しい”どらやき”はいかが?

青木煮豆店

琵琶湖のほとりにある、昔ながらの『青木煮豆店』。
化学着色料、保存料、甘味料などを一切使わない
安心の商品が並んでいるのも嬉しいですね。

どらやき

こちらのお店では小豆ではなく金時豆、
とら豆、青豆、そら豆といった
いろいろなお豆を挟んだどら焼きなど、
豆が主役のスイーツが味わえますよ!

冷やしぜんざい

『かんじる比良』限定の冷やしぜんざいをいただきました。
金時豆で作った優しいお味のぜんざいで、
お店めぐりのちょっと疲れた体に沁みわたります。

松の浦琵琶湖

お店の裏手には琵琶湖が広がっていて、
ゆっくりお茶をした後は、琵琶湖でまったり
というのもいいですね。

おみやげに昆布巻を購入したのですが、
昆布がとろけそうなほどに柔らかく炊いてあって
やさしいお味でした。

森の中の家具屋『SOUP FURNITURE』。電動器具を使わずに造ったタイニーハウスは必見!

スープ外観

2日目は車を北に向かって走らせ、『SOUP FURNITURE』へ。
こちらは北小松の森の中に佇む家具屋さんです。

ショールーム

木のぬくもりがあふれるショールームには、
使う人へのまごころがこもった美しい家具が
ずらりと並びます。

キッチンセット

ままごとキッチンセットも、こだわりたっぷりで
子供たちへの愛を感じますね。

ファーストチェア

こちらは人気商品の、赤ちゃんが初めて座る「ファーストチェア」。

スープの森

ショールームの裏手には、美しいせせらぎがあり、
森が広がっています。

タイニーハウス

その中にみつけたのは”タイニーハウス”。
「昔の人はどうやって建物を建てたのかな?」と考えながら、
電動工具などを一切使わずに建てられたそう。

その年月、なんと足かけ5年!!
だからなのか、森の中になじんでいて、
まるでジブリの映画の世界に迷い込んだようでした。

芸術の比良!森の家で行われている作家展にも足を運んで

森の家外観

自治会館でもある「森の家」では作家と職人展が開かれていました。
比良の自然からインスピレーションを得たのかな?
と思う作品がずらり。

作家展

日本画、油彩画、陶芸、写真、仏画など様々なジャンルの作品が
一同に会すギャラリーは一見の価値ありです。

作家展2

2日間の限定店舗!本場仕込みのメキシカン・タコスをぜひ味わって!

『かんじる比良』期間中だけの、限定のお店も個性豊か!

エル・チャンガーロ

メキシカン・タコスの「エル・チャンガーロ」さんも、
普段はこちらにお店があるわけではありませんので、
2日間だけの限定のお店です。

タコス

店主はペルー・メキシコに長く暮らした経験があるとか。
本場仕込みのタコスはとうもろこしの香りと、
ピリッと辛いサルサソースがエスニック感を盛り立てています!
コロナビールにもよく合いますね。

ラテンのノリの気さくな店主さんでメキシコ滞在経験のある取材者も
店主とメキシコ話に花を咲かせました。

自然豊かな地域ならでは!比良の空気をたっぷり感じる2日間

比良には個性的で素敵なお店がたくさん!
2日間のイベントを通して、自然も人も、エネルギーをくれる
魅力的な地域ということをしっかりと感じることができました。

今年の参加店や、古典の内容などは『かんじる比良』の公式サイト
チェックしてみてくださいね。
気になるお店があったら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。


(クリックで大きなサイズへ)

(写真・文 若林佐恵里)

(記事公開日:2018年5月15日/2019年5月15日)

『かんじる比良』のデータ

開催日
2019年5月18日(土)〜5月19日(日)
開催時間
10時~17時
場所
比良地域一帯
公式サイト
http://kanjiruhira.org

関連情報

しがトコで取材したお店も、『かんじる比良』に参加しています!
ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

世界一周の果てにたどり着いた場所。森の中の「TOPPIN OUTDOOR & TRAVEL」

昔ながらの昆布巻きから「煮豆スイーツ」まで!”お豆”にこだわった『青木煮豆店』

北比良の森の中で見つけた、とっておきの和食器専門店『flatto』

木下さんが木のしたの家でもてなす森の中の「木のした料理店」

関連記事

  1. もっとも美しい季節到来!彦根城の『桜まつり』
  2. 大作の数々 繊細かつ大胆な作品に圧倒!『湖北のアール・ブリュット展2017』…
  3. 器のワークショップ見本 琵琶湖やオオカミにカイツブリも登場する『森のアクセサリー展』が1…
  4. 大津パルコに忍者参上!(ニンジャファンプロジェクト)[REPOR…
  5. 日吉大社西本殿ライトアップ 国宝の拝殿にオペラが響く!和と洋が織り成す一夜限りのエンターテイ…
  6. フィルム上映会 フィルムで“昭和”が蘇る、おうみ映像ラボ「フィルム映像上映会」が…
  7. 「身体は表現の原点だ!」成安造形大学・秋の芸術月間『playin…
  8. カネ吉別邸01 見て、触れて、感じる!町屋とアートの融合『BIWAKOビエンナー…

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP