カルチャー

そうめんがお米感覚?!「焼きサバ」を乗せた豪快な郷土料理

【滋賀のええトコ:焼鯖そうめん】

そうめんに焼きサバが乗っかってる?!
このお料理、見慣れない方も多いのでは無いでしょうか?
じつは、滋賀県長浜市では古くからある郷土料理なんです。
その名も「焼鯖そうめん」。

最近、テレビ番組でも取り上げられることが多く、人気上昇中ですが、
起源はとても古く明治時代には確実に存在していたようです。

焼きサバとそうめんを炊き合わせた「焼鯖そうめん」。
地元の人々も知らぬ間に有名になってしまったソレは
一体どんなお味なのでしょうか。

数あるお店から選ぶは「翼果楼」

m_2775

長浜駅から歩いてすぐに
「北国街道」と呼ばれる通りがあります。

その周辺には昔ながらの町屋が並び、
かつての城下町の雰囲気が今なお漂っています。

そこに位置する「翼果楼」はいつも行列ができている名店です。

m_2776

取材時は8月中旬。真夏の猛烈な暑さでありながら
オープンして間もなくこの行列。
しかし、店内は70席あるというので
意外とスムーズに入店することができました。

m_2780

店内はまるでジブリの「千と千尋の神隠し」に出てくる
ような昔懐かしい雰囲気。さらには武士が酒を酌み交わす姿まで
思わず想像してしまう(?!)歴史を感じる空間。

m_2779
建物の雰囲気だけでもタイムスリップしたようで
テンションが上がりました。窓からの景色も風情があって、
日常から抜け出したような清々しさがこみあげてきました。

m_2778
気になるメニューは、こちら!

いよいよ食す!「焼鯖そうめん」のお味は!?

m_2806
そして「焼鯖そうめん」が登場。サバが!サバが大っきい!
わたしの後ろの席の女性グループからも「おっきい~!」と歓声が。
さて、まずは骨まで食べられるというじっくりと炊きあげられた鯖から・・・
おいしい~!おにぎり付きのメニューを頼んだらよかった!
しっかりと甘じょっぱく味付けされた鯖は、
ごはんのお供としても申し分ないです。

m_2809
次にそうめんを食べてみるも、
味がしっかりついていてこれまたおかずにできそう。
麺の長さもお箸ですくうとちょうどよい。
ずるずるっと一口でいけちゃいます。
ペロリと速攻で完食してしまいました。

m_2805
周りのお客さんをみてみると、焼鯖そうめんに
焼鯖寿司を頼んでいる人が多くみられました。

それに瓶ビールだったり、地酒だったりみなさん昼から楽しそうでしたよ。
地酒を注文するとお盆いっぱいに置かれた
お猪口から好きなのを選んで、というのがサービスのようでした。

店名の由来に込められた意味

店内で案内を待っている間に、
ふとレジにいた女性に店名の由来を
伺ってみました。

その方は戸惑うことなく私に説明
してくださったので、もしかすると女将さん
だったのでしょうか。

長浜には「のっぺいうどん」と呼ばれる
有名なあんかけうどんがあります。
こちらのほうが地元長浜の人々に
慣れ親しまれているかもしれません。

特に「茂美志屋(もみじや)」は
数々の著名人が訪れている老舗です。
その「茂美志屋」と「翼果楼」は
なんでも親子で営んでいるそうです。

紅葉からヒラヒラと舞い落ち種を運ぶ
「翼果(よくか)」から名付けられたそうです。

種を意味する「翼果(よくか)」と「茂美志屋(もみじや)」
まさに親子そのものですね。

長浜の人々の暮らしに溶け込んだ「焼鯖そうめん」

photocon_3070
(写真投稿:HIDEGONさん)

長浜は滋賀県の中でも日本海に近い場所に
位置し、海産物の流通が盛んだったようです。

中でも鯖は庶民に親しまれた魚だったそうで、
生魚の保存が難しい昔は焼かれて売られて
いたといいます。

そして、素麺は昔から贈り物としてどの家庭
にもあり鯖を炊いた煮汁で炊いたのが始まり
といった説があるそうです。

今ではハレの日の料理と言われていますが、
昔は庶民の間で手に入りやすい食材で
作られた家庭料理だったんですね。

焼鯖そうめんのお店「翼果楼」は、
長浜駅からも徒歩で3分ほどなので、
駅前の観光客で賑わう黒壁やガラス館などの
観光もしつつ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(写真・文=山﨑ひかる)

記事公開日:2016年8月29日/最終更新日:2021年6月15日

焼鯖そうめん「翼果楼」を地図でみる

長浜駅から徒歩3分

翼果楼

→大きい地図で見る

焼鯖そうめん「翼果楼」のデータ

住所
〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町7-8(→地図
電話番号
0749-63-3663
営業時間
10:30~売切れ次第終
定休日
月曜日 
インスタグラム
翼果楼(よかろう)
しがトコ採用情報

関連記事

  1. ラスト 一人ひとりの”祈り”が仏になる『近江の小…
  2. アフリカと滋賀に”意外な共通点”?ウガンダに2年住んでいた異色ラ…
  3. 西川貴教さん 西川貴教さんも応援!『滋賀の農林漁業で働く人にインタビュー』動画…
  4. ビワケーション これぞ”ビワーケーション”!? キャンピングカーをレンタルして琵…
  5. 店内 “新しい生活様式”が続々と! 社会に合わせて変化する、滋賀のお店…
  6. 合鴨ロース煮2 ジューシーな弾力と旨味!“鴨の本場”長浜からのお取り寄せ
  7. 自然と一体になるワクワク感!琵琶湖につながる水郷をSUPでめぐる…
  8. 太郎坊宮 夜空をつらぬく光の柱。聖徳太子ゆかりの社寺でライトアップ開催中!…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP