カルチャー

びわ湖から世界へ!ビワイチの魅力を伝える“自転車特命大使”に注目!

Lake side Fun 名刺
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【しがトコPR/守山市自転車特命大使】

びわ湖の“風”を感じられるレジャー・スポーツとして、
コロナ禍でも人気を集める「ビワイチ」。
自転車でのびわ湖一周サイクリングは、
滋賀県内だけでなく、全国にファンが増えてきています。

中でも注目なのが、琵琶湖大橋の付け根にある守山市。
レンタサイクルや自転車専門店のほか、
ビワイチ用に使える無料駐車場や、
自転車で疲れた身体を癒せる温泉施設もあり、
ビワイチの発着点にぴったり!

そんな守山市で、“自転車特命大使”が任命されたとのことで、
さっそく任命式にお邪魔して、
びわ湖やビワイチの魅力を聞いてみました!

“自転車の聖地・守山”を全国にPRする「守山市自転車特命大使」

守山市長と自転車特命大使3名

守山市長から笑顔で委嘱状を受けとり、
記念撮影に応じるのは自転車特命大使に就任した
自転車界の3人のレジェンド。

左2番目から、プロロードレーサーとして世界で活躍し
現在はシクロクロス日本代表チームの監督も務める三船雅彦さん。

国交省のナショナルサイクルルート認定制度の選考委員を務め、
自転車を使った観光振興に力を注ぐ高橋幸博さん。

びわ湖で世界一のトライアスロン大会開催を目指す
現役トライアスリート田中信行さんです。

守山市では平成27年から自転車を軸にした観光振興に取り組んでいて
専門的な経験や知識を持った人を特命大使として任命してきました。

前進あるのみ!それがビワイチと自転車、共通の魅力

守山市自転車特命大使任命式

「湖畔に広い駐車場があって、車でアクセスしやすい守山は
ビワイチの出発にぴったりです」と話すのは、
今年で特命大使4期目となった三船雅彦さん。

プロ引退後も、自転車を生涯スポーツとして楽しみ
ビワイチも100回以上経験したというツワモノです!

三船さんが監修した「ビワイチマップ」は、
防水仕様でスマホサイズに折りたためるという細部にまでこだわった優れもの!
守山を発着地にしたサイクリングルートを動画でも紹介しています。

「ビワイチはショートカットができないから、走り出したら目的地まで進むしかない!
そこにゾクゾクとした魅力を感じます。
各ポイントで違うびわ湖の景色で自分のいる場所を確認しながら走れるのも楽しい」

三船雅彦さん

色紙に書いた“前へ”という文字には、自転車の魅力が込められています。
「自転車は前にしか進まない乗り物。
そして、こぐのをやめれば止まってしまう。
目的地に近づくためには、ゆっくりでも、少しずつでも進むしかない。
いわば人生にも似ているかもしれませんね」

湖畔の生活文化が違う。その変化や対比も見てほしい

高橋幸博さん

世界に誇りうるサイクリングルートとして、2019年に
ナショナルサイクルルート1号の認定を受けたビワイチ。

その選考にもかかわった高橋幸博さんも
ビワイチを何度も経験している愛好家です。
「エリアごとに景観や町並みが変わって
さまざまな暮らしの営みを感じられるのが魅力ですね」と話します。

高橋幸博さん

「ナショナルサイクルルートを目指す市町は増えていますが
びわ湖の自然特性を生かしながら、
企業誘致やまちづくりを進める守山市はその先駆けとなる存在。
自転車に乗る市長もいるし、自転車をきっかけにして
もっとまち全体が盛り上がっていければ」とも話してくれました。

びわ湖はトライアスロンの聖地!世界中のトライアスリートに知ってほしい

田中信行さん

色紙に「世界一トライアスロン」と決意表明を書いた田中さんは
御年67歳の現役トライアスリート!
日に焼けた肌、屈強な筋肉は、若々しさにあふれています!!

コロナ禍で各地のレースが中止となり
それならば自分でトライアスロンレースを開催しようと一念発起!

実はびわ湖はアイアンマンジャパン発祥の地。
平坦なロードが広がる守山はトライアスロンにもぴったりなんだとか。

そこで今秋には守山を舞台にした
「第1回LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMA」開催に向け
着々と準備を進めています。
最終的には参加者5000人規模の世界一の大会を開くことが夢だそう!

びわ湖の景色

「準備や練習で毎日のようにびわ湖に来てますが、
日々違う表情を見せるびわ湖の美しさに感動しています!
ぜひ、世界中のトライアスリートにびわ湖を知ってほしい。
また地元の人にも大会を通して、スポーツに興味を持ってもらえれば」
と意気込みを語ってくれました。

特命大使の名刺

大使3人には、自転車をデザインしたオリジナル名刺が手渡されました。
名刺とともに“自転車の聖地・守山”が広くPRされていくことでしょう。

守山で過ごす“びわ湖ライフ”の楽しみ方

湖畔でバーベキュー

ビワイチを通して、より多くの人がその魅力を実感しているびわ湖。
もちろんビワイチでなくても、アウトドア、絶景、アート
ホテルランチなども、守山の湖岸で堪能できるんです!

LAKE SIDE FUN動画

「ひとり時間」「ファミリー」「アクティビティ」の3つのスタイルで
レイクサイドの楽しみ方を紹介した動画『LAKE SIDE FUN!』でも
その魅力はたっぷり紹介されています。

ぜひ、お出かけの参考にもしてみてくださいね!

『LAKE SIDE FUN!』公式webサイトはこちらから!

関連記事

  1. 琵琶湖岸を歩く人にインタビュー「ここで何をしてるんですか?」
  2. 仕事と趣味と家族の時間。自分の求める理想がここに【滋賀に気づいた…
  3. 琵琶湖博物館の「ナマズマスター」と「海浜植物マスター」にお話を聞…
  4. アート×散歩で地域とつながる『堅田*はまさんぽ アートプロジェク…
  5. 小谷さん夫妻 移住の一歩は、家族の大きな一歩。移住で手に入れた理想の子育て環境…
  6. ひこにゃんガンバレ!活動継続を応援する取り組みが始まっています!…
  7. 【しがトコ】滋賀を自慢したくなる!2019年カレンダー作ります!…
  8. 「鯉カレー」や「しじみカレー」も!『おおつ近江米カレー』がずらり…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP