カフェ・お店

余呉湖のほとりに佇む大人の隠れ家カフェ!贅沢な時間を過ごせる「cafe の遊び」

外観

【cafe の遊び/滋賀県長浜市】

古民家を改装した店内は、
“大人の隠れ家”という言葉が似合う居心地の良い空間。
滋賀県長浜市にある湖、余呉湖のほとりに
静かに佇む「cafe の遊び」は、ゆっくり過ぎる時間と、
豊かな自然を眺めながら、ちょっとした旅行気分が味わえるカフェ。

琵琶湖の北、山々に囲まれた自然豊かな静かな場所。
そこにひっそりとある湖、余呉湖。

風のない日にはその湖面に風景が映り込み、
鏡のような世界が広る神秘的な湖として有名です。
そのほとりに素敵なカフェがオープンしたと聞き、
早速、北に向かって車を走らせました。

遠いけど来る価値あり!自然に囲まれたカフェでまったりの休日

余呉湖
大津から車を走らせること、およそ1時間半。
雄大な琵琶湖を眺めながら北に進むと、
空の青さを映したような余呉湖が。

外観
そのほとりの川並という集落に『café の遊び』はありました。

テーブル席
古民家を改装したという店内は、大きな窓から
太陽の光が燦々と差し込んでいて明るい雰囲気。

テーブル席2
店内は洗練されているのにほっと落ち着く、
”我が家”のようにくつろげる空間です。
各テーブルごとに雰囲気が異なるので、
お好みの場所を探すのも楽しそう。

ソファー
窓際のソファーにいるとあたたかくて、
思わずうとうとしてしまいそう。

座敷
気のおけない友人とは、
こんな席で語り合うのもいいですね。

テラス
自慢のテラス席は春から秋にかけて大人気!
太陽の下でキレイな空気とともに食事できるなんて、
滋賀、それも湖北ならではの贅沢です。

シェフこだわりの「天使のフレンチトースト」と「極みプリン」が大人気!

『café の遊び』のメニューは日替わりのランチとカフェメニュー。
その日のランチメニューはfacebookページにアップされているので、
ぜひお出かけ前にチェックしてくださいね。

ふわとろオムライス

ある日のランチメニューは「ふわとろオムライス」。
オムライスの卵のドレープは、余呉湖に伝わる天女伝説の天女の羽衣を
イメージして作っているとのこと。
できる限り、滋賀県産の食材を使用しているそうです。

カフェメニューで人気なのは「天使のフレンチトースト」。

天使のフレンチトースト

驚くほどに分厚く切ったフランスパンを、
じっくり焼き上げたフレンチトースト。

ほんのりとした甘さと天使の素肌のような柔らかさが自慢です。
アイスクリームの冷たさと一緒に口に運ぶと、
しっとりとした口どけが楽しめます。

ボリューム満点なので腹ペコさんでも
満足できること間違いなしです!

極みプリン

こちらもカフェメニューの定番商品「極みプリン」。
オーナーシェフが何度も試作を重ねた自信作だとか。
いただいてみると、プリンの甘みとカラメルの苦みの
バランスがなんとも絶妙!
主張しすぎない上品な”大人の”プリンです。

最近では「抹茶パンケーキ」が新たにメニューに加わり、
そちらも大人気だそうですよ。

カフェの中にいてもわかる、刻一刻と変わる自然を楽しんで。

本棚
お腹がいっぱいになったら本を読んだり、外を眺めながら
ぜひこのカフェの空気感を楽しんでみてください。

ノート

さっきまで窓から燦々と降り注いでいた太陽の光が
かげり始めたことに気が付きます。
窓からの風が少しひんやりするのが感じられ、
遠くでさえずる鳥の声が耳に届いたり。

ここは日常では感じられない”小さな変化”に
なぜか気づいてしまう場所なのです。

野うさぎ
そんな自然を感じるカフェのお庭には、
なんと野うさぎさんが遊びにくることもあるとか!

コンセプトは大人の隠れ家。誰にも邪魔されない静かな時間を過ごせる場所。

オーナーシェフ
『café の遊び』のオーナーシェフは桐畑信夫さん。
この地で生まれ、この地を離れていたこともあるけれど、
またここに帰ってきて『の遊び』をオープン。

”いつも”とは違う静かな時間をここで過ごし、
大人が羽を休めることができる隠れ家。
それがこのカフェのコンセプトだそう。

大阪や神戸からのお客さんも多いとか。
誰にも教えたくない自分だけの隠れ家
にするのもいいかもしれませんね。

の遊び看板
『の遊び』というお店の名前の由来を尋ねると、
「野遊び」ではないとのこと。

「音の遊び」や、「山の遊び」、「里の遊び」など、
いろいろな”遊び”を提供していく場にしていきたい、
という思いを込めて『の遊び』と命名されたそう。

「北インド音楽の小さなコンサートを開催したこともあるんですよ。
これからはハイキングなどのイベントも企画していきたい」
と話してくれました。

蔵
お店のとなりにはこんなに素敵な蔵が!
この蔵でイベントをする計画もあるのだとか。
どんなワクワクが?そんなことを想像すると、
また来たくなってしまいますね。

時間がたつのを忘れるカフェ。それはあなたへのご褒美。

余呉湖周辺
店内でまったりするのもいいけれど、
余呉湖周辺を散策するのもオススメ!
羽柴秀吉と柴田勝家が戦った賤ヶ岳古戦場のほど近くでもあり、
歴史的なエピソードの残る場所も多いそうです。

桐畑さんはそんな昔話や伝説にも詳しいので、
話を聞いてから散策すると、よりこの地に親しみがわきそう!

コーヒー
読書をしたり、ぼんやりしたり、
桐畑さんとお話したりしていると、
時間がたつのも忘れてついつい長居をしてしまう。

そんな居心地の良さがある『cafe の遊び』。
”時間がたつのを忘れてしまう”という贅沢な時間の使い方。
それは普段頑張っているあなたへの
ささやかなご褒美になるかもしれません。

「あ、ちょっと疲れてる」、そう思ったら
ぜひ大人の隠れ家へ来て時間を忘れてみませんか。

(写真提供:cafeの遊び・文 若林佐恵里)

(記事公開日:2017年11月17日/最終更新日:2018年3月9日)

「cafe の遊び」を地図でみる

JR余呉駅から歩いて約15分!

cafeの遊び

→大きい地図で見る

「cafe の遊び」のデータ

住所
〒5290523 滋賀県長浜市余呉町川並364
→地図
電話番号
0749862494
営業時間
10:30~16:30
定休日
月・木・金曜日
公式facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/cafe.noasobi/
母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 空気がおいしい高島市に登場!『発酵』と『水』がテーマの体よろこぶ…
  2. 琵琶湖も見える爽快“ビアテラス”が南草津駅前に誕生!『Sora …
  3. 明るい店内 運がよければ選手にも会える?!穴場的スポーツカフェ『Lakes …
  4. 古民家に並ぶレトロ雑貨と、昭和の雰囲気。cafe & g…
  5. ogama 焼き物の里、信楽焼窯元ならではのギャラリーカフェ『Ogama』
  6. アンティーク美術館のような古民家カフェ&ギャラリー『慧蔵』
  7. キマッシ ボンボン時計が響くノスタルジックなカフェ『cafe &…
  8. まるでここは北海道?!大自然のもと「かまど」で炊くご飯と新鮮野菜…



母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中
PAGE TOP