カフェ・お店

道の駅グルメもここまで進化した! 本格石窯ピザが食べられる『せせらぎの里こうら』【道の駅シリーズ#03】

UNO外観
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【せせらぎの里こうら/滋賀県犬上郡甲良町】

国道307号線沿いにある道の駅『せせらぎの里こうら』に
行列のできるピザ屋さんがあるのをご存知でしょうか?

道の駅でお昼ご飯と言えば、お弁当やお惣菜、うどんが定番ですが
こちらの道の駅では本格的な石窯で焼き上げたピザが食べられるとか。
ドライブの休憩に、熱々のピザが食べられるなんて嬉しいじゃないですか!

清らかな水のせせらぎを感じる芝生広場で、ピクニック気分も味わえます。

道の駅グルメと侮ることなかれ!イタリアンレストラン仕込みの本格ピザ

UNO外観01

道の駅『せせらぎの里こうら』に2015年にオープンした
テイクアウト型のピザ専門店『PIZZERIA UNO(ピッツェリア ウノ)』。

東京・日本橋で10年に渡りイタリアンレストランを経営していたオーナーシェフが、
長年愛用してきた石窯と共に、滋賀に移り住んできてオープンしたお店なんです。

まさか道の駅で、東京で通用したピザが食べられるなんて!

UNO店前

お店の周辺にはピザが焼ける香ばしい匂いが漂っています。

時間はちょうどお昼どき。
近所の方やお仕事を抜け出してランチタイムする女性の姿、
様々な人が、ひっきりなしに店内へ入っていきます。
行列ができるというのも本当のようです。

メニュー看板

メニューはピザの定番マルゲリータを始め、近江牛のピザや地元野菜のピザなどがあります。

地元の新鮮な野菜とイタリアン食材の出会い。これは気になる!!
というわけで、『甲良産バジルのジェノベーゼ』を注文してみました。

ピザ窯

小さなお店の奥に見える石窯。かなり使い込まれた感がありますね。

ピザは注文が入ってから1枚1枚焼き上げるスタイル。
焼き上がりが待ち遠しい!

仕事の合い間でも!ピクニック気分で、贅沢なランチタイム

焼きたてピザ
待つこと数分。
ピザが焼き上がりました!

天気も良いので、外でピクニック気分を味わいながら食べようと思います。

ピザアップ

とろ~りチーズと甲良町産のフレッシュバジル!
薄めの生地が香ばしくて、とても美味しいです。

せせらぎの里こうらの名の通り、せせらぎを眺めながらのランチタイム。
しばし仕事も忘れる、平日午後のなんとも贅沢な時間。

珍しい味覚に出会えるかも!?四季折々の地元の滋味あふれる食材が揃った直売所

直売所外観

せっかくなので、直売所の中ものぞいてみましょう。

直売所店内

地元で採れた新鮮な旬の味覚がずらり!
スーパーでは見かけないような珍しい野菜も並んでいます。

ビッグレモン
とても気になったのはこの大きなレモン!
いったいどうやって料理するのでしょうか?

珍しい野菜との出会いで料理の幅も広がるかも。

また、野菜だけでなく、地元ならではの加工品との出会いも
直売所ならでは楽しみのひとつ。

高虎

甲良町出身の戦国大名「藤堂高虎」をテーマとした甲良の地酒もありました!
甲良町で収穫された「日本晴」を100%使用し
お酒のラベルには藤堂高虎がプリントされています。

犬も、子どもものびのび過ごせる広場なども

休憩スペース

大きなテントの下には広々とした無料休憩スペースもあります。

ドッグラン

無料のドッグランや多目的広場も整備されているので
愛犬とのお出かけの途中に立ち寄るにもぴったりです。

せせらぎの里こうら

水のせせらぎを感じる芝生広場で、子どもがはしゃぐ声も聞こえていました。

『せせらぎの里こうら』は、湖東三山スマートインターから約8分。

紅葉の名所として名高い湖東三山へ行くときなど
湖東へお出かけしたときに、立ち寄ってみてはいかがでしょう?

(記事公開日:2018年10月16日/最終更新日:2021年4月2日)

「せせらぎの里こうら」を地図でみる

名神自動車道 湖東三山スマートインターより約8分!

道の駅せせらぎの里こうら

→大きい地図で見る

『せせらぎの里こうら』の店舗詳細

住所
滋賀県犬上郡甲良町金屋1549-4【→地図】
営業時間
施設により異なります
公式サイト
せせらぎの里こうら

滋賀のおすすめ道の駅

吹き抜ける風が気持ち良い、旅気分いっぱいの『あいとうマーガレットステーション』【道の駅シリーズ #01】

びわ湖のてっぺんでグルメを楽しむ『塩津海道 あぢかまの里』【道の駅シリーズ #02】

関連記事

  1. 【閉店】天井にまでお花畑が?!その数に圧倒される、枯れないお花の…
  2. 外観 信楽焼の魅力がつまった、小さな隠れ家カフェ『てまひまうつわ』
  3. 内装 美しいモノを生活に。信楽で空間をデザインする『NOTA_SHOP…
  4. 米粉たいやき 忍者の里で見つけた朝ごはん!お米を使った新しいファーストフード『…
  5. 外観 まるでジブリの世界?!森の中に佇む農園レストラン『sato ki…
  6. ショーケースの中のアイス この夏、行きたい!地元食材をスイーツで味わう食育体験型アイスクリ…
  7. 壁の棚の白たぬき 白色に込められた思い。信楽の窯元が営むギャラリー&ショップ『sh…
  8. 比叡山をバックにゆったりできる小さな隠れ家カフェ『osanpo-…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP