カフェ・お店

まるで異空間。信楽焼の”窯の中”で寛ぐ?!完全予約制の『登り窯カフェ』

窯内

【登り窯カフェ/滋賀県甲賀市】

まるで洞窟みたいな、この異空間。
じつは、信楽焼の窯の中なんです。
ガス窯が主流になった今、そのほとんどが役目を終え、
焼き物の里、信楽町の“風景”として、ひっそりと佇んでいます。
そんな“登り窯”をカフェとして活かし、
実際に窯の中に入って寛ぐことができる!と話題のスポットを訪ねてみました。

完全な形で残る、昭和初期につくられた登り窯

陶芸村全景

到着したのは奥田忠左衛門窯 信楽焼陶芸村の本店。
たくさんの信楽焼き狸がお出迎え。
陶器の販売はもちろん、楽しみながら出来る絵付け体験や
上級者向けの電動ろくろを使った作陶もできる陶芸教室がありました。
のぼりがま

そして、ひときわ存在感のある全長20mの登り窯!
”登り窯”とは、山の傾斜を利用し、
ドーム型の細長い部屋(焼成室)が段々に連なっている窯の事です。
一番下の焚き口より大量の薪をくべ、炎が上の段、また、上の段へと登り、
その温度は1300度にもなるそうです。

これほど完全な形で残っているのは珍しく、その歴史は昭和9年にまで遡ります。

窯内

窯の中を覗けば、焼成の様子がうかがえます。
棚の一番下に見える支えは『立ちざや』と呼ばれるもので、
壺などを焼く時に使われた台です。

立ちざや

役目を終えた立ちざやが、坂道に配されていました。

外観

坂道を上がると『登り窯カフェ』の看板が。
窯を”そのまま”活かされているのが、外観からも分かりますね!

さっそく中を覗いてみると・・・

窯内

細長い部屋にテーブルが置かれ、まさにオシャレなカフェスペースになっています。
15人くらいでもOKな広い空間。

登り窯の中は、まるで異空間!

窯内

洞窟のような、秘密基地のような、どこかワクワクする雰囲気の室内。

黒炭ロールケーキ

今回、カフェでいただいたのは、黒炭のビターな生地に
香り高い朝宮茶クリームの緑が映える、
陶芸村オリジナル『黒炭ロールケーキ』とコーヒーのセット。

他に、信楽町にある山田牧場の新鮮な牛乳を贅沢に使用した
『山田牧場特製バウムクーヘン』もスタンバイ。

窯内

壁の独特の質感と、アンティークの椅子が馴染みます。

窯内

窯中からの眺め。
入口が大きく光も射し込むため、閉塞感は感じません。

ところで、窯中の壁に注目してみて下さい。
『登り窯カフェ』の見どころ、
むしろ醍醐味とも言えるポイントが、ここにあります。

窯内の壁面

幾度もの焼成で、高温度の炎と、舞い上がる灰などで出来た色。

窯内の壁面

その表情は、作ろうと思っても作れない偶然の“美”。

窯内 火の通リ道

窯中の足元にある小窓のようなもの。
これは炎の通り道で、上の段の焼成室へと炎が登っていくための窓で、
稼働当時のままの姿で残されています。

立ちざや

そう言えば、先ほど見た立ちざや。
これもまた、幾度もの焼成によって偶然に出来た色。
登り窯カフェには、かつて長く稼働してきたからこそ生まれた
美しさや味わいが存在します。

窯内

ちょっぴり非日常な空間で過ごす時間。
メディアでもよく取り上げられ注目を浴びている『登り窯カフェ』。

来春の予約も徐々に埋まりつつあるそうです。
気になった人は、すぐに予約を!
(完全予約制のため、予約なしでは利用できませんのでご注意ください)

(写真・文 くものすけ)

外の信楽焼き狸

「登り窯カフェ」を地図でみる

名神高速道路「信楽IC」から車で約10分!

登り窯カフェ

→大きい地図で見る

『登り窯カフェ』の店舗詳細

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1131【→地図】
営業時間
9:00~17:30
定休日
年中無休
電話番号
0748-82-0522
公式サイト
登り窯カフェ
母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 非日常の極み!映画のように豪華なグランピング施設が「しんあさひ風…
  2. 25歳で3代目に!伝統の味を守り抜くピーナッツせんべい一筋45年…
  3. 琵琶湖を眺めてのんびり過ごせる!テイクアウトカフェ「CAFE I…
  4. ひしやの糸切餅 飴細工のように愛らしい!多賀町名物“糸切餅”の老舗『ひしや』で職…
  5. 店内席 優雅な時間をおすそ分け。入った瞬間、気分が晴れやかになる『WAB…
  6. 空気がおいしい高島市に登場!『発酵』と『水』がテーマの体よろこぶ…
  7. 燻製職人が追い求めた理想の環境で作る『手づくりスモーク工房-杣人…
  8. 老舗酒蔵の酒粕や水をそのまま使った贅沢カフェ『豊郷発酵倉』



母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中
PAGE TOP