Interview

「夢にも米が出てきます」近江米の開発担当者に聞いた、新品種誕生の裏側にあるディープなお話し

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【近江米新品種プロジェクト#02】

どこまでも広がる田園風景の中で、
ただいま滋賀の新しいお米を開発中。
2024年にデビューする新品種の誕生秘話を
田んぼの前でインタビューしてきました。
「夢にまで米が出てくる」開発担当者の熱意はいかに……?
聞き手は、しがトコ代表の林がつとめます。

田園風景が広がる「滋賀県農業技術振興センター」

近江八幡市大中

訪れたのは、滋賀県近江八幡市大中。
どこまでも見渡す限り、田園風景が広がる
ロケーションの良い場所です。

その中心部にある「滋賀県農業技術振興センター」は、
農作物の栽培技術や品種に関する研究をはじめ、
なんと農業大学校も併設しているのだそう。

滋賀県農業技術振興センター
今回は、そんな農業技術振興センターにしがトコ代表の林がおじゃまして
滋賀の新しいお米についてあれこれインタビューしてきました!

吉田貴宏さん01

お話をお伺いするのは、吉田貴宏さん。
滋賀の農作物の栽培技術や、品種に関する研究を行っている専門員です。

吉田貴宏(ヨシダタカヒロ)。
滋賀のお米を研究し続けて20年。お米を観察しすぎて「夢にまで出てくる」毎日を送っている吉田さん。お米のことになると思わず前のめりで話し出す、熱血漢の栽培研究部専門員

しがトコ林:吉田さん、よろしくお願いします!

吉田:はい、よろしくお願いします。

しがトコ林:滋賀県が新しいお米をつくると聞いて今回はおじゃましました。
そもそも、なぜ新品種を?

年間10万トン!お米を食べる量が減っている

吉田:お米の需要がどんどん減っていまして。
日本人、一人ひとりが食べる量も減っていますし人口も減っていますよね。

しがトコ林:はい。

吉田:国全体では年間10万トンのペースで減っているんです。

しがトコ林:10万トンですか?!

吉田:滋賀県で1年間につくるお米の量は約15万トンぐらいなんです。

しがトコ林:はい。


吉田:国全体で、毎年滋賀県でつくるお米の3分の2ぐらいは
もう要らなくなってきているんです。

しがトコ林:お米がどんどん余ってきている?

吉田:そうなんです。

しがトコ林:そういうことですか……。

吉田:だけど、滋賀県で半分は森林。
6分の1は琵琶湖。残りの内の30%以上が田んぼなんです。

しがトコ林:見渡す限り、ここもそうですけども、
田んぼばかりですもんね。

吉田:これだけ水田があるのなら、
お米はつくり続けたいんです。
だけど国全体ではお米がいらなくなってきている。
やっぱり滋賀県のものを、ほかの産地より優先して買っていただきたいわけです。
そこにものすごい産地間競争がありまして。

吉田:栽培技術も大事ですけども、
品種が1番大事ということで、品種は独自で開発していこうと。

しがトコ林:品種改良はどれぐらいの時間がかかるのですか?

夢に米が出る?!新品種誕生の裏にある何十年もの苦労

吉田:今回、新しく品種にしようとしているものは、
2009年に交配したので13年になりますかね。

しがトコ林:13年間かけて!それって吉田さんがずっとひとりで?

吉田:いや、ひとりではやってなくて、
交配の時、私はこの職場におりませんでしたので、途中で材料を引き継いで。

しがトコ林:代々じゃあ前任の方から研究を引き継いで、
後任の方に。もうそれも含めて1番苦労されたポイントって?

吉田:そこが1番難しくて。なんでしょうね、大変なんですけど、
何が大変なんだろうなと思うと……。

しがトコ林:もうずっと大変ってことですね。

吉田:そうなんですよね(笑)

吉田:田んぼでの仕事って、
雨の日もあれば寒い日も、暑い日もある。
でもたくさんの稲を、たくさんの田んぼを使ってやらなきゃいけないので。
場合によっては合羽を着ながら鼻水垂らしながら……。

しがトコ林:そんな日もあるんですね。

吉田:ものすごいたくさんのお米を観察するので、
夢にも米が出てくるんですよ。目に焼きつきすぎて……。米に襲われそうな夢が(笑)

しがトコ林:そんなにも!

吉田:そういう毎日を繰り返して、積み重ねていくのが
品種改良の大変さかなとは思いますね。

明治28年から始まった品種改良

水田
しがトコ林:滋賀を車で走っていると
田んぼがきれいに見えますが、
あの風景を守るためにも、新品種は必要なんですね。
滋賀県の品種改良は昔からされているんですか?

吉田:そうですね。明治28年、農事試験場が設置されて以来、
品種に関する研究はずっと進められてます。

しがトコ林:具体的にどんなことを?

吉田:基本的には2つの品種、
良いもの、良い品種を掛け合わせて、その中から出てきた子どもから、
より良い子どもを選んでいく作業になります。

しがトコ林:なるほど。

吉田:1年目はまず人工交配を行います。

しがトコ林:それはどんな掛け合わせを?

吉田:ただ掛け合わすだけでは上手くいかないことも多いので、
温湯除雄(おんとうじょゆう)という方法を使って、父親となる品種の花粉を
上手く掛けるようにしてやったり。


43度のお湯に7分間浸すことで、母親となる稲の花粉を失活させる「温湯除雄(おんとうじょゆう)」という方法

吉田:あとは、強制的に夜の時間を長くして、
咲く時期が違う花を、なんとか掛け合わせをしたり。
年間でだいたい40〜50種の組み合わせは実施していますね。

しがトコ林:なるほど。

吉田:2年目は田んぼで育てます。3年目は
世代促進温室というところで、1年間に3回栽培を行います。

しがトコ林:1年間に3回?!

吉田:稲は1年に1回しか作れないので、時間がかかってしまう。
温室を使うと1年に3回つくることができます。
1年に3年分をやってしまおう!と。それで品種改良の時間を短縮する。
そういうことを行っています。

滋賀の“環境こだわり栽培”は日本一!


しがトコ林:今回は、どういう品種を作られているのでしょう。
「みずかがみ」とはまた全然違う品種?

吉田:取れる時期が少し遅めでして、
9月の半ばに収穫できる、とても美味しい品種というのが
1番のポイントかなと思ってます。

しがトコ林:独特の作り方でされてるというのを
お伺いしたのですが。

吉田:ただ単に美味しいだけじゃなく、
滋賀県は、全国的に見ても環境に配慮した
「環境こだわり栽培」というものにすごく力を入れて、推進していますので。

しがトコ林:スーパーでも「環境こだわり農産物」のロゴマークよく見ますね。


吉田:有機質肥料に限って栽培して、
農薬の使用量もできるだけ減らして、こだわって作ったものを販売していく。
そういう形にできないかと、現在、取り組みを進めています。

しがトコ林:滋賀県は環境こだわりの率が
すごいという話は伺ったことあるんですけど。

吉田:滋賀県の稲の作付面積のうち、
環境こだわりに取り組んでいただいてる面積は40%以上になってまして。

しがトコ林:40%もあるんですか!

吉田:これって、もう全国ではありえない数字で。

しがトコ林:だから半分ぐらいの田んぼは環境に配慮して作っている?

吉田:そうですね。他府県だと多分10%もいかないですね。
滋賀県だけで、全国のかなりのシェアを占めてるんですよ。

しがトコ林:それはもっと声を大にして言っていきたいですよね。

吉田:やっぱり滋賀県は琵琶湖を抱えていることで、
琵琶湖と、その周辺の地域の環境を守っていきたいという思いが強いですね。
これだけの数字が上がるのは、農家さんの意識が高いという表れなんじゃないかと思ってます。

しがトコ林:今後つくられる新品種も、
環境にこだわった作り方でやっていくという感じなんでしょうか。
新品種のデビューは、2024年?

吉田:再来年の秋には販売できるように取り組んでいるところです。

しがトコ林:滋賀県が全国的にも環境にこだわっているお話は、
とても衝撃でした。新しい品種がどんな風になっていくのか楽しみです!
今日は貴重なお話聞かせていただいてありがとうございます。

吉田:ありがとうございました。

(聞き手:林正隆 文:しがトコ編集部)

インタビュー動画全編はこちらから!

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 初心者でもちゃんと釣れる!「余呉湖ワカサギ釣り」体験レポート!
  2. 琵琶湖一周に挑む”野洲のおっさん”を呼び止めて、就活生がお悩み相…
  3. ブーツ全体 クリスマスブーツは滋賀県生まれ!発祥の地・草津の老舗会社を訪ねま…
  4. テーマは『アラウンド・ザ・レイク』。滋賀の絶景を撮影し続ける別所…
  5. ビワケーション これぞ”ビワーケーション”!? キャンピングカーをレンタルして琵…
  6. 健康しがのパッケージ 滋賀って呼んだ?森永乳業のヨーグルトCMが”シガシガ…
  7. カルビー工場見学に行ってきました!今年の味『サラダパン味』も試食…
  8. 薄いスライスを指さし 【しがトコSTORE】実際に食べてみた反応は?合鴨ロースと鴨みそ…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP