観光

目の前はびわ湖!大津港に新しいサイクルステーション『O-PORT-able』誕生

【大津港サイクルステーション/滋賀県大津市】

自転車も、カフェも、お土産も!
びわ湖の魅力を満喫できる新しいスポットが、
大津港に誕生しました!

大津港サイクルステーション「O-PORT-able(オーポータブル)」は、
ここ数年、注目の集まる、
びわ湖一周サイクリング“ビワイチ”の新拠点として、
今日、2022年4月28日にオープン!

お披露目会に参加して、店内を取材してきました!

大津港に生まれた2つのお店

遊覧船「ミシガン」や「ビアンカ」などが発着し、
びわ湖の玄関口ともいうべき港、大津港。
その中、左側の建物に「O-PORT-able」がオープンしています。

レンタサイクルサービスなどを提供する「CYCLE STATION 大津港」と、
カフェと土産物店からなる「Bird Cafe」の2つの建物で構成されています。

手ぶらで楽しむ、サイクリング

サイクリング目的の方は、サイクルステーションへ。
店内にずらっと並んだおしゃれな自転車をレンタルできるほか、
ヘルメットやウェアなど、
サイクリングに必要なものも一式借りられます。
手ぶらで、その場の思いつきで(!?)サイクリングに行けてしまいますね。

キッズ向け自転車も充実。
写真手前から、5歳向け、10歳向け、12歳向けの自転車。
子どもと一緒に楽しめるのはありがたいですね。

最近注目度が上がっている、サイクリング用の電動アシスト自転車e-Bikeもあり。
体力に自信がないけどサイクリングに挑戦したい人にぴったりです。

さらに、マイチャリで走るサイクリストのために、
サイクリング用品が販売されていたり、
専門知識を持ったスタッフによる、
機材のトラブル対応や応急処置もしてもらえます。
ビワイチ目的だけでなく、地元の方でも、
自転車修理やメンテナンスできるみたいですよ。

レンタサイクルはO-PORT-ableホームページから事前予約ができ、
空きがあれば、予約なしで当日借りることもできます。

5時間だけレンタルできるプランや日帰りプラン、
そして、うんと遠出したい人にぴったりな連泊プランもあるので、
おおむね1泊2日かかるというビワイチに挑戦したい人も利用しやすそうです。

びわ湖の眺めもごちそうカフェ

続いては……見てください!
このびわ湖ビューを満喫できるカフェスペースを。

ここ「Bird Cafe」では、
大津産の野菜や、大津市内のベーカリーのパンなど、
大津のおいしいものをたくさん取り入れて作った
サンドイッチやスープがいただけます。


タイミングが良ければ、停泊した遊覧船を眺められるのも、
港のカフェならではの魅力です。

お店のメニューはテイクアウトできるので、
サイクリングに持っていっても良いですし、
お店の外、大津港でいただくのもアリですね。

サンドイッチとスープのメニューは季節によって変わる予定。
旬のおいしいものを使っていくそうです。

大津の“伝統といま”を感じるお土産

併設のスーベニアショップは、
伝統的な滋賀・大津土産から、
大津の今を感じられる商品まで、
新旧取り混ぜたセレクトがこだわりです。

Bird Cafeの入口には、給水スペースも。
「マイボトルに水を入れたあと、
お土産として販売されているドライフルーツや
フレーバーティーを加えると、
サイクリングのお供になりますよ」と、
スタッフの方に教えてもらえました。

ビワイチ観光の方にも、地元の方にも!

坂口誠也店長

「大津港には、日々いろんな方が来られます。
観光客にサイクリスト、地元の方もよく散歩されてます。
そんないろいろな人たちが使ってもらえる場所にすることで、
サイクリングを楽しむ輪を、広げていきたいです」
と話すのは、大津港CYCLE STATION店長の坂口誠也さん。

電車でも、車でも、自転車でもアクセスしやすく、
使いやすいスポットへ。
大津港から、新しい楽しみ方が見つかりそうです。

今年のゴールデンウィークは、
初めてのビワイチにチャレンジしてみるのも良いですね!

(写真・文 しがトコ編集部)

「大津港サイクルステーション o-portable」を地図でみる

京阪「びわ湖浜大津」駅から徒歩約3分

大津港サイクルステーション o-portable

→大きい地図で見る

『大津港サイクルステーション o-portable』の店舗詳細

住所
滋賀県大津市浜大津5-1-7【→地図】
営業時間
09:00〜17:00(観光シーズン 8:00〜18:00)
定休日
なし(12月16日~2月19日までの冬季は休業)
電話番号
077-548-6572(大津港サイクルステーション)、077-548-7387(Bird Cafe)
しがトコ採用情報

関連記事

  1. 高島のスポーツサイクル 滋賀を自転車で遊ぼう!おすすめレンタサイクルをご紹介
  2. メイン 職人が集まり暮らす珍しい地域、米原市上丹生「木彫りの里」で木彫り…
  3. とびだし坊や 滋賀に麒麟はきた?! 明智光秀ゆかりの地『西教寺』に行ってきまし…
  4. 山の紅葉 山全体が真っ赤に染まる!「湖東三山」周辺の紅葉を空からご紹介しま…
  5. 冬の比良山系 映画のワンシーンのような美しさ!琵琶湖大橋から望む壮大な風景にた…
  6. 琵琶湖博物館が作る本気の『びわ湖カレー』が見事なびわ湖!
  7. 天下統一の夢の跡!織田信長の足跡をたどりに幻の安土城に行ってきま…
  8. NOMA外観 町屋がまるごと美術館『ボーダレス・アートミュージアムNO-MA』…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP