観光

子連れでお出かけ!全身を使って遊べる『ブルーメの丘』の巨大アスレチックに挑戦!!

アルプスジム
※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀農業公園 ブルーメの丘/滋賀県蒲生郡日野町】

ほのぼのと過ごせる農業公園『ブルーメの丘』に、
体ぜんぶで遊べる本格的な施設が誕生!
ドイツ製の巨大アスレチック『アルプスジム』に子どもたちが挑戦。

『アルプスジム』は、全部で72種類ものアトラクションがあり
子どもはもちろん、大人も本気で楽しめるアスレチックです!

高さ17m!関西最大級の巨大アスレチック

ブルーメの丘正面入口

蒲生郡日野町の小高い丘の上にある『滋賀農業公園 ブルーメの丘』は
中世ドイツの農村部をモチーフにした体験型のテーマパークです。

園内を歩く

園内の広さは甲子園球場の約7倍!
ソーシャルディスタンスも気にせず、思いっきり走り回われます。

アルプスジムチケット売り場

公園をゆっくり散策するのも後回しに、
今回の目的の『アルプスジム』へ。
2019年に誕生したドイツ製の巨大アスレチックです。

高さ17mと聞くと一瞬足がすくみそうですが
4層に分かれて、コースが設置されているので
身長125㎝以上の子どもから楽しめます。

アルプスジム

青空にそびえ立つアスレチック。
近づいて見上げるとかなりの迫力で足がすくみそう・・・

レクチャーをうける子どもたち

安全、安心に遊ぶためにも
直前のレクチャーはしっかりと聞きましょう。

ハーネス装着

まずはハーネスを装着。

カラビナ

安全器具の先端にはふたつのカラビナがついていて
どちらかが開錠すると、もう片方はロックされる仕組みになっています。
必ずどちらかのカラビナがワイヤーに繋がっている状態になるので
安全が確保され、安心して遊べます。

アルプスジムへ

カラビナの操作は基本的に自分でやります。
操作方法をしっかり覚えたら、アスレチックへGO!

スリリングな体験に子どもも大人も夢中!

アルプスジムで遊ぶ

コース内に設置されているアトラクションは全72種類!
4層構造になっているので、最初は低いところから遊んでみよう!!

足場ゆらゆら

足場がゆらゆら・・・
「怖い・・・」
と、最初は少しへっぴり腰だった子どもたち。

クライミング

でも、慣れてくるごとに
どんどん意欲的に違うコースへと進んでいきます。

吊り橋

短い手足をめいっぱい伸ばして、果敢にチャレンジ!

「こんなことができるようになったんだ」なんて
子どもたちの成長を感じる場面も。

走る子どもたち

最終的にはコース上を走り回れるほどの余裕もでてきて
制限時間の60分をめいっぱい体を動かし楽しみました。

アルプスジム全景

各アトラクションは赤・青・黒の色分けで難易度が示されています。

高いコース上にはボートや自転車なんかも設置されていて
子どもだけでなく、大人も本気で遊べます!

本格派コースの様子はブルーメの丘の公式YouTubeでも紹介されていますよ。

楽しみ方はいろいろ!1日中遊べちゃう

園内の案内板

アルプスジムのほかにも
芝すべりやゴーカートなど
子どもたちが楽しめるアトラクションはいろいろあります。

料理やクラフトが体験できる施設も。

アルパカ

動物たちのエリアにはアルパカやカピバラ、カンガルーの姿が!
餌やり体験などもできるので、動物たちと間近で触れ合うこともできちゃいます。

チューリップ畑

お花畑はフォトスポットとしても人気!

春は、桜や菜の花、チューリップ
初夏から夏にかけてバラ、ヒマワリ
秋はコスモスと、季節ごとに違った花が園内を彩ります。

園内を散策

アトラクションを楽しんだり
お弁当を広げてピクニックを楽しんだり、楽しみ方は千差万別。
暖かくなったら芝生の上でお昼寝なんてのも気持ちよさそう。

年間パスポートを購入して、休日ごとに遊びに来る家族も多いとか。
子どもと遊びに行くのに“コスパの良い”人気お出かけスポットなんです。

大自然を感じながら、体を動かしてリフレッシュできる
ブルーメの丘へ出かけてみませんか?

(写真・文/しがトコ編集部)

『滋賀農業公園 ブルーメの丘』を地図でみる

無料駐車場完備!名神八日市ICから車で20分

Kolmio

→大きい地図で見る

『滋賀農業公園 ブルーメの丘』の店舗詳細

住所
滋賀県蒲生郡日野町西大路843【→地図】
営業時間
<縮小営業のため2021年2月末まで>
平日10:00~16:00/土日祝10:00~17:00
<シーズン中 3月1日〜11月30日>
平日10:00~17:00/土日祝9:30~17:00
<冬季期間中 12月1日~2月29日>
全日10:00~17:00
定休日
<シーズン中>毎週水曜日
※水曜日が祝日の場合は営業 ※春休み、GW、お盆期間は営業
<冬季期間中>毎週火・水・木曜日 
※冬休みは営業
電話番号
0748-52-2611
公式サイト
滋賀農業公園 ブルーメの丘

滋賀で子どもとお出かけするなら、こちらもおすすめ!

ここまで6年!『琵琶湖博物館』リニューアルがついに完成!そのすべてをお伝えします!!

大人も本気で遊べる!“チャレンジミュージアム”に進化した『ヤンマーミュージアム』へ行ってきました!

屋内もソト遊びも!梅雨空でも思いっきり遊べる『ウッディパル余呉』

関連記事

  1. ミュージアム全景 大人も本気で遊べる!“チャレンジミュージアム”に進化した『ヤンマ…
  2. 感応館の館内 秋の滋賀はフォトジェニックの宝庫!カメラ片手にぐるっと巡ってみま…
  3. 烏丸半島の蓮 早朝の3時間だけ花ひらく。烏丸半島の湾を埋め尽くピンクの蓮が見事…
  4. 商店街には掘り出し「ネタ」がたくさん!レイクス選手と大津を歩いて…
  5. 琵琶湖博物館が作る本気の『びわ湖カレー』が見事なびわ湖!
  6. 【滋賀区】お酒の肴もスイーツにも! 東京で滋賀の郷土料理「鮒寿司…
  7. 高島のスポーツサイクル 滋賀を自転車で遊ぼう!おすすめレンタサイクルをご紹介
  8. ゴザ走り 琵琶湖の水面を走る!“ゴザ走り”で大人も子供も大はしゃぎ!
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP