まとめ

滋賀はグランピング大国?!びわ湖も山も星空も!おすすめグランピング施設を一挙ご紹介

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【滋賀のグランピングまとめ】

日本一のびわ湖と、遠くまで見渡せる雄大な山々。
アウトドアに絶好のロケーションがそろう滋賀県には
おしゃれなテントやインテリアに囲まれて気軽にアウトドアが楽しめる
滋賀ならではのグランピング施設がたくさん!

これまでにしがトコ編集部が実際に取材したおすすめの施設から
最近誕生した話題の施設まで、一挙まとめてご紹介します!

伊吹山を望むロケーションで”非日常”が味わえる『グランエレメント』(米原市)

グランエレメント

滋賀県米原市にある『GLAMP ELEMENT(グランエレメント)』。
2017年にオープンし、滋賀のグランピングブームの先駆けとなった施設です。

なだらかな丘陵や池を利用して、
プライベート空間が保てる絶妙な距離にテントが配置されています。

グランエレメントテント

目の前にそびえる伊吹山を眺めながら、
鳥がさえずり、ほたるが舞う水辺で、贅沢な時間を満喫。

ホワイトドームには星空も楽しめる大きな天窓が付いているので、
中で寝ころびながら満天の星を眺めることもできます。

デッキで味わう、おしゃれなアウトドア料理も絶品!
テーブルセッティングや料理の下準備など、
めんどうなことはスタッフさんにお任せできるのも嬉しいですね。

『GLAMP ELEMENT』
住所:滋賀県米原市池下60-1
詳しくはこちらから

■関連記事
滋賀県最大のグランピング施設が本日オープン!伊吹山を望むロケーションで”非日常”を味わえる。

映画のワンシーンみたい!海外旅行気分が味わえる『STAGEX高島』(高島市)

風車とグランピングテント

湖西の湖周道路沿いにある『STAGEX高島』。
宿泊用のグランピングエリアと、
デイユース用のテントエリアやBBQエリアがあります。

注目はラグジュアリー感を満喫してもらうためにと
厳選された高級家具の数々。
テントの中とは思えないほどの豪華さと居心地の良さです!

風車

湖周道路からも見える大きな風車が目印!
青々と広がる芝生と、高島の雄大な自然を全身で感じるバケーション。
海外旅行に出かけたような贅沢な時間が過ごせます。

『STAGEX高島』
住所:滋賀県高島市新旭町藁園336
詳しくはこちらから

■関連記事
非日常の極み!映画のように豪華なグランピング施設が「しんあさひ風車村」にオープン

冒険心をくすぐる手つかずの大自然。『エバーグレイズ琵琶湖』(大津市)

エバ―グレイズ

半世紀もの間、手つかずだった大自然の中に誕生した
グランピング施設『エバーグレイズ琵琶湖』。

自然豊かな場所でありながら、
JR湖西線・近江舞子駅からは徒歩5分という
アクセスの良さも魅力的!

エバーグレイズ琵琶湖施設

宿泊するならぜひ体験してほしいのが、
雄大な自然を肌で感じるアクティビティ!
中でもカヌーは『エバーグレイズ琵琶湖』の代名詞となっています。

名前の由来にもなっている、
アメリカにある「エバーグレイズ国立公園」は
多彩な動植物が生きている湿地帯。
その大自然が日本でも感じられます!

カヌー付きの部屋

琵琶湖へと続く、自然豊かな近江舞子内湖の湿地帯では
鳥やシカなどの野生動物や、
滋賀県のレッドデータブックに選定されている希少な植物を、
カヌー上から間近で観察できます!

湖上から見上げる四季折々の
比良山系のロケーションも格別です。

『エバーグレイズ琵琶湖』
住所:滋賀県大津市南小松 五反田1249-1 
詳しくはこちらから

■関連記事
冒険心をくすぐる手つかずの大自然。グランピング施設『エバーグレイズ琵琶湖』がオープン!

”湖と星”がテーマの『グランドーム滋賀高島』(高島市)

グランドーム滋賀高島

びわ湖の目の前に、ドーム型テントが出現!?

丸くてかわいらしいシルエットが目を引く、
『グランドーム滋賀高島』は2021年にリニューアルオープンした施設。

グランドーム滋賀高島テント

全6室のテントは”湖と星”がテーマになっていて、全室レイクビュー!

すべてのお部屋にはハンモックと天体望遠鏡、
ランタンも備えられています。

昼はハンモックでのんびり揺られながらびわ湖を眺めたり、
夜はランタンに灯をともして星を眺めたり…。

焚火

客室の外にはそれぞれプライベートガーデンがあり、
ソファや焚き火スポットも。

家族や友だちと火を囲みながら
のんびりとお酒を楽しむのが人気のスタイルなのだとか。
びわ湖の風を浴びながら、プライベートな空間で
仲間とゆったり過ごせるのがいいですね。

『グランドーム滋賀高島』
住所:滋賀県高島市永田4-19 
詳しくはこちらから

■関連記事
”湖と星”がテーマのグランピング施設、『グランドーム滋賀高島』がびわ湖の目の前にオープンしました!

日帰りで楽しむなら!『OUMI WAVE』(米原市)

OUMI WAVEロゴ

2021年夏に誕生したびわ湖の新リゾート『OUMI WAVE』。

真っ青なびわ湖をバックに映える「OUMI WAVE」の文字は
思わず写真を撮りたくなる映えスポット!

ビーチも遠浅で、小さな子たちも安心して湖水浴が楽しめます。

テントサウナ付シェードテラス

屋根付きのシェードテラスにはおしゃれな家具や
バーベキューグリルがついていて
びわ湖と自然を感じながら、泳いだり、食べたり、昼寝したり…。
日帰りでグランピング気分が味わえます。

キッチンカー

キッチンカーでは、近江牛や日野菜を使った滋賀のご当地ハンバーガーや
カラフルでおしゃれなドリンクメニューも販売されています。

贅沢に湖水浴を楽しみたい人にぴったりの施設です!
2022年は7月2日(土)より営業スタートです。

『OUMI WAVE』
住所:滋賀県米原市宇賀野1363-1
詳しくはこちらから

■関連記事
テントサウナにキッチンカーも!びわ湖も満喫のビーチリゾート『OUMI WAVE』がNEWオープン!

まだまだあるよ!滋賀のグランピング

リバーサイドグランピング ナッツ(東近江市)

リバーサイドナッツ

東近江市永源寺にあるキャンプ場にもグランピングが誕生!

透明度が高く透き通るような水質の神崎川で
川遊びやキャニオニングなども楽しめます。

川に浮かぶブランコなど映えスポットも!
マイナスイオンに包まれて、心身ともにリフレッシュできます。

『リバーサイドグランピング ナッツ』
住所:滋賀県東近江市杠葉尾町88
詳しくはこちらから

THE ROSE VILLAGE(甲賀市)

ROSE VILLAGE

陶芸の里・信楽の高原には、1日5棟限定のプライベートコテージも!
ゴルフ場に併設するグランピング施設で
宿泊者専用のプールやサウナもあります!

テントでなくしっかりとしたコテージなので
一年中快適にアウトドア体験が楽しめます。

『THE ROSE VILLAGE』
住所:滋賀県甲賀市信楽町長野1532-2
詳しくはこちらから

フューチャーリゾート(長浜市)

フューチャーリゾート

グランピングだけじゃなく、滋賀観光も一緒に楽しみたい!
という人にはこちらがおすすめ。

長浜市街に近いので、人気観光スポット「黒壁スクエア」や
ローザンベリー多和田」「彦根城」にもアクセスしやすいです。

温泉棟

2022年4月にリニューアルし、
大浴場やフィンランド式サウナ、共用プールも新設。
魅力的な施設へと進化し続けています!

『フューチャーリゾート』
住所:滋賀県長浜市名越町1016-4
詳しくはこちらから

他にも、魅力的なグランピング施設が続々と誕生しています!

身近に自然を感じられるグランピングテントから
まるでホテルにいるかのように贅沢気分が楽しめるコテージまで
バリエーションも多彩な滋賀のグランピングで
“非日常”を味わってみてはいかがでしょう?

(文 しがトコ編集部)

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 金剛輪寺千体地蔵 幽玄な二千灯のゆらめきに包まれる『金剛輪寺観音盆千日会・千躰地蔵…
  2. 冬の比良山系 映画のワンシーンのような美しさ!琵琶湖大橋から望む壮大な風景にた…
  3. ライトアップ 夏夜の奥伊吹に光が灯る!切り絵の世界へやってきた『伊吹の天窓20…
  4. びわ湖を望める新テーマパーク!「めんたいパークびわ湖」が誕生!
  5. 全身、杉の葉!巨大すぎる青鬼が石山寺に出現する近江の奇祭「青鬼ま…
  6. しがトコカレンダー4月 滋賀の桜を楽しもう!地元でおすすめ「絶景お花見スポット」をご紹介…
  7. びわ湖ホール 湖畔に優美な姿を誇る、西日本舞台芸術の殿堂『びわ湖ホール』
  8. 立木音楽堂 春におすすめ!滋賀ならではの絶景カフェ6つをご紹介
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP