カルチャー

限界集落で見つけた理想の暮らし。地域資源を生かしたビジネスモデルで、本当の意味の地域活性化を目指す【滋賀に気づいた人interview#003】

【滋賀に気づいた人interview#003】

中学時代の山村留学をきっかけに農山村に興味を持った前川さん。
2014年4月から東近江市地域おこし協力隊に就任し、
過疎化が進む奥永源寺で住民と生活を共にしながら、
地域がもつ可能性を追求してきました。
現在は「株式会社みんなの奥永源寺」を立ち上げ、
ムラサキを使った町おこし等に取り組んでいます。

二度の『気づき』で奥永源寺へ

---農業高校教員から地域おこし協力隊員へ。そのきっかけは?

僕は中学校3年間を高知県大川村で過ごしたことで、農山村の魅力に気がついたんです。大川村の自然環境と温かい村人たちが僕を育ててくれた。その恩返しがしたいと、高校・大学では農業を勉強し、世界の農業を知るためアメリカにも渡りました。

帰国後、八日市南高校の農業教員として東近江市にきたのですが、授業で使っていた東近江市の花「ムラサキ」の希少価値に気づきました。これは農山村の活性化につながる!恩返しするのは今だ!と確信して、教員を辞めて地域おこし協力隊になりました。

田舎だから不便は間違い!なにを不便に感じるかは人それぞれ

---生活に不便はありませんか?

よくその質問されます(笑)。限界集落っていうだけでマイナスイメージが強いですよね。でもそれって都会目線な勝手なイメージだと思います。車で30分ほど走ればスーパーもあるし、インターネット注文すれば翌日には商品が届く。不便と感じることはほとんどありません。たくさんの人とモノに溢れた都会で、24時間365日、定年まで働きつづける方が僕にとっては不便。これは感じ方の違いですよね。

※「滋賀に気づいた人interview」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式の移住ポータルサイト『滋賀ぐらし』で公開されています。

母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. らっこや正面 町屋に導かれるようにカフェをオープン。みんなが集い、語らう場に【…
  2. Webで密かな話題を呼んだ明るい廃墟『ピエリ守山』が驚きの復活!…
  3. 『鳥人間コンテスト』会場でわかった4つのこと。今年は初の”限定生…
  4. タヌキが“サンタ”に大変身!信楽ならではのクリスマス!
  5. 器のワークショップ見本 琵琶湖やオオカミにカイツブリも登場する『森のアクセサリー展』が1…
  6. テーマは『アラウンド・ザ・レイク』。滋賀の絶景を撮影し続ける別所…
  7. むべ “男性の長寿”日本一に輝いた滋賀県!その秘訣は伝説の果物『むべ』…
  8. ルイ・ヴィトンが「京都の近く」でコレクションを開催(滋賀と言って…



【しがトコ】滋賀を自慢したくなる!2019年カレンダー作ります!!
PAGE TOP