カフェ・お店

【閉店】“滋賀愛”がぎゅっと詰まったブラジル仕込みの本格バーガー店『SANDUBAS』【滋賀で海外気分#02】

MinakuchiとOtsu

※こちらのお店は、2023年3月末で閉店されました

【SANDUBAS(サンドバス)/滋賀県湖南市】

地元にいながら海外気分を味わえる!
滋賀に点在する海外仕込みのお店をご紹介する連載企画、
今回ご紹介するのは、滋賀を愛するブラジル人店主が営む
本格バーガー店『SANDUBAS(サンドバス)』。

このボリューミーなハンバーガー、その名はなんと、
滋賀県甲賀市水口にちなんだ「Minakuchi(ミナクチ)」バーガー!
他にも「Otsu(大津)」「Ritto(栗東)」「Ishibe(石部)」など
滋賀のピンポイントな地名をつけた珍しいハンバーガーがメニューにずらり。
そのネーミングの理由を、ブラジル人店主に取材しました!

旧東海道沿いの地名がつけられたブラジルバーガー

サンドバス外観

変わり種のハンバーガーが売られているのは
湖南市にある『SANDUBAS(サンドバス)』。
ブラジル人店主が営むハンバーガー店です。
何重にも積み重ねられたハンバーガーの絵が目印!

チョークアート

入ってすぐの注文カウンターには
ポップでカラフルなチョークアートが描かれています。

サンドバスメニュー

いざ、メニューを見てみると、
「Ishibe(石部)」「Kosei(甲西)」「Ritto(栗東)」「Minakuchi(水口)」「Otsu(大津)」
と、滋賀県民ならお馴染みの地名が並びます。
月替わりの限定バーガーは「草津バーガー」。

このネーミングセンスも気になるところですが
まずは食べてみたい!ということで
一番人気だというMinakuchiバーガーと、Otsuバーガーを注文しました!

とことんこだわった自家製メニュー

店主がパテを焼いている様子

「ブラジルでは大手ハンバーガーチェーンより
自家製ハンバーガーショップのほうが人気なんだ」と話す店主のロドリゴさん。

毎朝焼く自家製バンズに、パテやチェダーソースもすべて手づくり。
毎日使う分だけ作って、前日の残りは使わないんだとか。
「朝の準備が大変だから、お店は12時オープンだよ」と笑います。

MinakuchiとOtsu

そしてテーブルに運ばれてきたBIGなハンバーガー!

ジューシーで肉感がしっかりあるパテに
シャキシャキレタス、トマト、チェダーソースのバランスが絶妙!
カラメル化した玉ねぎの甘みがアクセントになって食が進みます。

パテはシングルとダブルが選べて、食べ応え十分!!

お店のホットドッグ

一緒に注文したのは、ブラジル風ホットドッグ。
揚げたての細かいフライドポテトがたっぷりのっていて
サクサク食感とウインナーの香ばしさが抜群!

その奥に見えるのはフライドポテト。
ネギやチーズのトッピングが選べ、こちらもボリューム満点です。

少し変わったメニュー名!? その理由は“滋賀愛”に溢れていた

サンドバスの店主夫婦

人懐こい笑顔で応対してくれた
店主のロドリゴさんと、奥さんのバウマールさんに
ハンバーガーのネーミングについて聞いてみました。

「滋賀の地名を入れることで、地元の人にはアットホームに感じてもらったり
滋賀をあまり知らない人にも興味を持ってほしいと思った」とのこと。

お店で働くロドリゴさん

2人は滋賀に住んで15年。
「滋賀ののどかさと豊かさが好きで、特に琵琶湖が落ち着く」と話します。

ハンバーガー店の上階でブラジリアン柔術を教えているというロドリゴさんは
遠征で東京や静岡に行くことも多く、
そのときに滋賀を知らない人が多いことを残念に思っていたそう。

「国内に住んでいるブラジル人も京都や大阪には観光に行くけど
滋賀県がどこにあるのかわからない人が多い。
お店を作れば、友人にも滋賀県に来てきてもらえるんじゃないかと思った。
最近は、SNSを見て京都や大阪からわざわざ来てくれる人も増えて嬉しいよ」と
最後まで滋賀愛を口にしていました。

オープン当初はブラジル人向けだったようですが
いまでは来店客の8割が日本人なんだとか。

店主の滋賀愛がぎっしり詰まったハンバーガーとおもてなしに
お腹も心も大満足でした!

(文・Juliana/写真・しがトコ編集部)

『Sandubas(サンドバス)』を地図でみる

JR草津線「甲西駅」より徒歩約11分

Sandubas

→大きい地図で見る

『Sandubas(サンドバス)』の店舗詳細

住所
滋賀県湖南市中央1丁目44−1【→地図】
営業時間
12:00〜20:00 ※日曜日は21:30まで営業
定休日
月曜日
電話番号
09092294121

『Sandubas(サンドバス)』と合わせて訪れたい!

滋賀にいながら海外旅行気分!?遠いようで近い、あの国に行ってみた!【滋賀で海外気分#01】

しがトコ採用情報

関連記事

  1. 見終えた後にじんわり心にしみる『おかえり東近江』動画が公開されま…
  2. 新しい滋賀ならではのアートプロジェクト『滋賀をみんなの美術館に』…
  3. ライブ会場のような盛り上がり! “沸騰現場”が楽しいエンタメ性に…
  4. T.M.R.LIVE2021 VOTE 滋賀県内限定で25公演、T.M.Revolution25周年記念…
  5. ラスト 一人ひとりの”祈り”が仏になる『近江の小…
  6. びわ湖を眺めて片手でがぶりっ!”ワンハンド̶…
  7. 近江大橋とSUP びわ湖でアロハ!? SUPでびわ湖から滋賀を一望してリフレッシュ…
  8. お店の外観 手ぶらで気軽にルアーフィッシング体験!”琵琶湖と釣り”あそびデビ…
滋賀を自慢したくなるカレンダー2024 ご注文受付中
PAGE TOP