カルチャー

目標を失いかけていた私に、 子どもたちが走りだす力を与えてくれました【しがスポーツSTORY#005】

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【しがスポーツSTORY#005 棒高跳び・我孫子智美選手】

滋賀のさまざまなスポーツシーンを紹介する「しがスポーツSTORY」。
第五回目は、女子棒高跳び日本記録保持者で
2012年ロンドンオリンピックにも出場し、
現在「しがスポーツ大使」も務める
我孫子智美選手(滋賀レイクスターズ所属)にお話を伺いました。

2016年に2度目のオリンピック出場を目指したものの、
怪我に悩まされ無念な結果に…。目標を失い、何もやる気がおきなかった
我孫子選手を救ったのは、純粋に走ることを楽しむ子どもたちの姿でした。

滋賀が生んだトップアスリート


訪れたのは皇子山陸上競技場。現在、我孫子選手は週2回、滋賀レイクスターズが運営する陸上スクールのメインコーチとして子どもたちに走る楽しさを伝えています。


高校生のときに陸上部顧問に才能を見出され、棒高跳びを始めた我孫子選手。同志社大学進学後は日本インカレ4連覇、日本選手権3連覇、アジア大会銀メダルなど、数々の金字塔を打ち立てた湖国が誇るトップアスリートです。

2012年の日本選手権では棒高跳び女子日本記録となる4m40cmを跳び、ロンドンオリンピックにも出場しました。

夢がついえた瞬間…

2012年のロンドンから2016年のリオまで、我孫子選手にとっては二大会連続出場という重いプレッシャーと、怪我に悩まされ続けながら練習を重ねてきた4年間でした。


その集大成でもあり、リオオリンピック出場に王手をかけた日本選手権直前の試合で、我孫子選手の脇腹に激痛が走ったそうです。怪我の再発でした。「しばらく皮膚の感覚がなく、酸素カプセルで回復を促したけど、3週間は寝返りするのも痛くて…。」

結局、日本選手権までに怪我は完治せず、あと一歩のところでリオへの道は閉ざされてしまいました。
「大会終了後は、なにもやる気がおきず、競技を続けていくのかさえ迷いました。」

そんな抜け殻状態だった我孫子選手に、会社から新たに開校する陸上スクールの運営及びメインコーチを担当するようにと指示が。

素顔の我孫子選手はどんな人?動画も公開中です

滋賀県のスポーツ大使も務める我孫子選手。
滋賀の思い出や、好きな食べ物などなど、
ちょっとプライベートな素顔にせまる?!メッセージ動画も公開中です。


【しがスポーツ大使】棒高跳び「我孫子智美 10問10答」(YouTubeへ外部リンク)

※「しがスポーツSTORY」は『しがトコ』が企画・取材を担当し制作しています。この記事は、滋賀県公式の総合スポーツサイト『しがスポーツナビ』で公開されています。

関連記事

  1. 西川貴教さん 西川貴教さんも応援!『滋賀の農林漁業で働く人にインタビュー』動画…
  2. 湖上で宿泊体験学習。「うみのこ」は「滋賀っこ」共通の思い出!【滋…
  3. 感覚を研ぎ澄ましてトライ! 誰もが楽しめる新感覚スポーツ「ゴール…
  4. コニャンナーレ ニャンコが湖南を盛り上げる!2022(ニャンニャンニャン)年に向…
  5. びわ湖から生まれた心地の良い服『BIWACOTTON(ビワコット…
  6. ひこにゃんマンホール 実は奥深い“マンホールの蓋“の世界!滋賀県内にも素敵なデザインが…
  7. 滋賀の「聖火ランナー」について、街行く人に聞いてきました!
  8. むべ “男性の長寿”日本一に輝いた滋賀県!その秘訣は伝説の果物『むべ』…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP