長浜・米原・湖北エリア

車ナシでも気軽に行ける!琵琶湖の離島「竹生島」で非日常体験。

【滋賀のええトコ:レポート】

神が棲むともいわれ古くから信仰の対象とされてた
「竹生島(ちくぶしま)」。
そんな神秘の島に、じつは車ナシでも
気軽に行けることをご存知でしたか?

大掛かりな旅行でなくとも、
思い立ったらすぐに行ける。
忙しい毎日からちょっと抜けだして、
非日常感を味わうことができる
「竹生島」への船旅をご紹介します。
(「竹生島夕景」写真:高山本線さん)

「今津港」から船で片道30分の小旅行

まずは、JR近江今津駅から徒歩5分の場所にある
「今津港」を目指します。

途中のJR湖西線では、びわ湖と山並を望みながら、
車窓から見える美しい景色を、ゆっくりと堪能できます。
いつもの日常とは、ガラリと違うこの景色を見ているだけで、
旅気分も盛り上がりますよ。

1_1
JR今津駅から徒歩5分の「今津港」に到着!

チケット購入時は、
売り場横にある竹生島クルーズの
チラシも合わせてもらってくださいね。

チラシ片手に散策することで、
抑えておきたいスポットを
見逃すことなくまわることができますよ。

ついに、船が出発。いつもと違う非日常感にワクワク!

2_2
さっそく、船に乗って出発です!
乗船時間は、片道約30分。
船に乗るだけで、どこか遠くまで旅行に来たような
非日常感で期待が膨らみます。

0_main_a
デッキで感じる風は、海風とは違い、
爽やかで心地いい!湖上から見る自然を満喫していたら・・・

chikubu_02

目の前に「竹生島」が!
片道30分の船旅は、あっという間でした。

神秘的な雰囲気に包まれた「竹生島」

chikubu_01
そして「竹生島」に上陸です!
これから「宝厳寺本堂」を目指します。

3_3_b
見上げた先には、長~い石段が!
この上に「宝厳寺本堂」があるのですね。
この石段は「祈り階段」と呼ばれていて
なんと、165段もあるのだとか。

7_7_start
受付で拝観料(大人400円)を支払い、本堂を目指します。

3_3_a
本堂の途中にある「舟廊下」。
豊臣秀吉の御座船を再利用したといわれています。
ここには歴史を感じる神秘的な空気が流れていました。

願掛けスポットも点在しています

4_4_a
そして、琵琶湖にせり出すように鳥居がある
都久夫須麻神社(竹生島神社)では、
土器を湖に投げると願いが叶うという、
「かわらけ投げ」という風習が残ります。

私も「かわらけ投げ」に
チャレンジしましたが、難易度が高く苦戦!

4_4_b
ほかにもダルマに願い事を書いて奉納する
「弁天様の幸せ願いダルマ」などの
願掛けスポットがあります。

昔懐かしい雰囲気が漂うお土産屋さん

5_5_b
竹生島港には、どこか懐かしい雰囲気の
お土産屋さんもあります。

琵琶湖の名産品を販売する
お店もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

5_5_a
ちなみにわたしは地元のじゃがいもで作ったという
「弁天芋餅」(180円)を購入。
なんだか名前だけでもご利益がありそうです!

塩と甘醤油とが選べ、写真は甘醤油です。
揚げてあるので、まわりはサクッと香ばしく、
中はフワもち食感。
(ご利益と一緒に)ペロッと食べちゃいました。
なんだか良いことありそう?!

湖西から湖東へ。横断航路で長浜港へ行くことも!

竹生島

航路は「今津航路」「長浜航路」「びわ湖横断航路」
3種類ありますが、
1日で湖西と湖東を満喫したいなら
「びわ湖横断航路」がオススメ!

帰りは、長浜港へ着くので、ガラスの街で知られる
「黒壁スクエア」へ立ち寄ることもできますよ。

いつも湖西道路を走りながら眺める琵琶湖の
新しい景色を発見することができた竹生島クルーズ。

駅近港で、乗船時間は片道約30分と、
気軽に行くことができることに驚きました。

島での散策は、
階段が多いものの距離は短いので、
子どもからお年寄りまで
幅広い年齢の人たちが訪れていました。

気軽に行ける竹生島で、
琵琶湖の自然を間近に感じてみませんか。

(写真・文= 田中可奈子)

「竹生島」を地図で見る

琵琶湖の北部、長浜の近くです!

竹生島

→大きい地図で見る

「竹生島」の詳細データ

住所
滋賀県長浜市早崎町
公式サイト
竹生島 宝厳寺
アクセス
琵琶湖汽船
琵琶湖観光船オーミマリン
しがトコ:パートナー募集

関連記事

  1. ほたるが舞う幻想的な夜を過ごす『ほたるイベント』県内各地でスター…
  2. そうめんがお米感覚?!「焼きサバ」を乗せた豪快な郷土料理
  3. チョコ好きさん必見!町家にとけこんだチョコレート専門店 『LE …
  4. 初心者でもちゃんと釣れる!「余呉湖ワカサギ釣り」体験レポート!
  5. 25歳で3代目に!伝統の味を守り抜くピーナッツせんべい一筋45年…
  6. 西村さんと祖母 コッペパンと”たくわん”の驚異のコラボ!もはや滋賀県民のソウルフ…



滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP