カルチャー

信楽がいま「スカーレット」一色に!朝ドラの舞台・信楽に遊びに行ってきました

【滋賀を自慢したくなる信楽】

NHK連続テレビ小説、通称、朝ドラ。
毎回、様々な分野で活躍した女性をテーマにドラマが描かれてますが、
9月30日からの今クールはなんと、
滋賀県甲賀市「信楽」がテーマ!

『スカーレット』というタイトルで、
これから半年間、毎朝8:00から放送されます!

つまり、これから半年間にわたり、
NHK全国放送で、毎朝「信楽」が放映されるということ。
なんてステキなんでしょう!

ということで、「しがトコ」でもこれから半年間は、
様々な信楽の魅力を発信していきます!
そのためにまず、朝ドラで盛り上がる信楽に、
編集部でそろって遊びに行ってきました!

2019年度後期 連続テレビ小説『スカーレット』

話題の朝ドラ『スカーレット』が、どんなお話なのか、
まずは軽くご紹介。

戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子。(中略)喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。(中略)どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。
(by 番組紹介|連続テレビ小説「スカーレット」

今でこそ、全国的に活躍する女性陶芸家さんは多くいますが、
昔は、男性社会だった焼き物の世界。
その社会を切り開いた女性陶芸家さんを描いたお話です。

直接的なモデルではないようですが、
信楽の陶芸家・神山清子さんの半生を参考にされてるとのこと。
そのため、信楽を中心に、滋賀県内の様々なところで撮影が実施されています。
「あ、見たことある景色!」みたいなシーンが多くありそうで、楽しみですね!

信樂驛

しがトコ編集部が集合場所にしていた、信楽高原鐵道・信楽駅も、
すでにスカーレット模様。

巨大タヌキ

駅前にある巨大タヌキも、スカーレットのたすき掛け。
ちなみに、このオレンジ色のロゴマークは、
甲賀市が作ったロゴマークだそうです。

テレビ局取材陣

ちなみにこの日は、テレビ局さんも来られてました。
これから連日、信楽が取り上げられるかと思うとワクワクします!

信楽駅前の橋

このオレンジ色?スカーレット色?の、“のぼり”が信楽の街中に!
街全体で盛り上がってるのが楽しみですね!

しがトコでは、信楽で「オトナの遠足」をしてきました

ドラマで盛り上がる信楽を、
しがトコ編集部にて、「オトナの遠足」と称して、
取材ツアーを実施してきました。

参加者は、普段からしがトコで原稿を書いてくださってるライターさんや、
編集部スタッフ、およびスタッフの家族など、総勢11名。

ライター安部愛子さんの差し入れで、
なんと、全員分の“おかし”が!

「オトナの遠足」と称してますから、
遠足ならば、やっぱり“おかし”が必要!
安部さん、ありがとうございます!

取材も仕事も大事ですが、まずは楽しく遊ばなきゃ!

睦庵

取材1軒目は、365日欠かすことなく、
信楽焼の土鍋でお料理されてる「睦庵」(むつみあん)。

お料理はすべて土鍋を使ったもの。
目の前でシュンシュンと湯気を上げながら、土鍋の炊きたてご飯は絶品!
陶板焼きのハンバーグ、土鍋で揚げたチキンカツに、ケーキまでも!

とっても居心地が良く、リラックスと、ご飯の美味しさで、
自然と笑みがこぼれてしまうお店です。

詳しくは、後日、記事としてご紹介します!

スカーレットポスター

「睦庵」の店内にも、スカーレットのポスターが。
街全体で盛り上がってます!!

白いタヌキ

取材2軒目は、まっ白な信楽たぬきがお出迎えしてくれる「shiroiro-ie」。
お店のあらゆる場所が白色に塗られ、“白”がテーマのギャラリー&ショップ。
洗練された空間は、作品たちがもつあたたかさを引き立てています。

こちらも詳しくは後日、
記事としてご紹介しますよ。

ここでもスカーレットポスターが!
街全体で盛り上がってます!!

取材3軒目は、「高原のうつわ屋 藤陶」。
美しい景色と、美しい陶器!
このギャラリーからの眺望は素晴らしく、撮影の現場として提供されることも。

編集部メンバーも、取材そっちのけで、
思わず買い込んでしまったワクワクっぷり。
ぜひ味わいに行ってみてください!

詳しくは、後日、記事としてご紹介します!

ラスト、4軒目の取材は「NOTA SHOP」。
信楽の狭い一本道を通った先に広がる、ギャラリーのようなお店。
一つ一つ丁寧に並べられた作品は、購入も可能。
見ているだけで丁寧な気持ちになれる、ステキなお店です。
こちらも後日、記事としてご紹介します!

信楽高原鐵道もスカーレット一色に!ラッピング電車も登場!

信楽高原鐵道・スラーレット電車

信楽高原鐵道の車両も、スカーレットにラッピング!

しかも、車内まで!
とってもかわいくて、行き帰りの気分も高めてくれますよ。

田園を走る信楽高原鐵道

盛り上がってる信楽ですが、ドラマの人気が上がれば上がるほど、
車での渋滞がひどくなることが考えられます。

信楽へ行かれる際は、信楽高原鐵道など、
公共交通機関をご利用される方がスムースかもしれません!

これからますます盛り上がる「信楽」そして、スカーレット。
毎朝が楽しみになりますね!

しがトコでのこれまでの「信楽」記事

まるで異空間。信楽焼の”窯の中”で寛ぐ?!完全予約制の『登り窯カフェ』

信楽焼の特製羽釜で丁寧に炊いた近江米コシヒカリ『銀俵』で本当に美味しいごはんを!

わざわざ食べに行きたい!お茶専門店『山本園』が作る”濃厚”朝宮茶のかき氷

信楽の自然をめいっぱい感じられる絶景カフェ。玄米と発酵食のお店『BROWN RICE AND WATER』

信楽の玄関口に誕生!神秘の森に包まれた『Gallery&Cafe ENSOU』

焼き物の里、信楽焼窯元ならではのギャラリーカフェ『Ogama』

関連記事

  1. テーマは『アラウンド・ザ・レイク』。滋賀の絶景を撮影し続ける別所…
  2. 琵琶湖大橋さんとのデートシーンが新鮮でキュート!Webサイト『惚…
  3. ひこにゃんガンバレ!活動継続を応援する取り組みが始まっています!…
  4. 琵琶湖で遊ぶと若くなる?!おやじサーファーに学ぶ、ウインドサーフ…
  5. 田中啓介 “家族を持つ”という覚悟が、移住を後押ししてくれました。都会も田…
  6. 海鮮丼 マグロの解体も、魚介類も、人の熱気もスゴイ!「市場の朝市」が面白…
  7. そうめんがお米感覚?!「焼きサバ」を乗せた豪快な郷土料理
  8. アフリカと滋賀に”意外な共通点”?ウガンダに2年住んでいた異色ラ…

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP