カルチャー

滋賀の「聖火ランナー」について、街行く人に聞いてきました!

【滋賀県からのお知らせ:東京2020オリンピック聖火ランナー募集中です】

来年3月に、福島県から始まり日本全国を回る
東京2020オリンピック聖火リレー。
滋賀県では、5月28日・29日の2日間をかけて
全19市町を巡るルートで実施されます。

聖火ランナー募集は、基本的に中学生以上であれば誰でも応募可能。
締め切りは今月末、8月31日(土)なので、
ぜひチャレンジしてみてください!

【滋賀県からのお知らせ】滋賀にも”オリンピック聖火”の光が輝く!東京2020「聖火ランナー」募集中です!

締め切りが日に日に近づく8月某日。
琵琶湖が目の前の開放感あふれる浜大津、
緑が美しい高島市マキノのメタセコイア並木、
観光客で賑わう彦根城の3か所で、
「滋賀の聖火ランナー」について、街行く人にインタビューしてきました!

緑が美しい高島市「メタセコイア並木」でインタビュー

メタセコイア並木01

まず向かったのは、滋賀県高島市マキノ町のメタセコイア並木。
ここは、滋賀県内の聖火リレーのルート予定地。

写真映えすると人気のメタセイコイア並木ですが、
取材で訪れたのは夏の暑い日。

午前中の涼しい時間帯にもかかわらず、
さすがに、人の姿はほとんどありません。

さあ、どうするかときょろきょろしていると、
爽やかに歩く男性の姿を発見!

「僕なら大学時代の同級生を推薦したい!」

メタセコイア並木03

「へー、取材ですか、大丈夫ですよ!」

気さくな笑顔で対応してくれたのは河野さん。
メタセコイア並木から車で10分ほどの場所で
古民家のゲストハウスを営んでいます。

今日は、収穫した野菜を「マキノピックランド」の
直売所に卸しにきていたところでした。

さっそく、滋賀の聖火ランナーについて質問です!
聖火リレーの募集が始まってますが、ご存知でしたか?

「もちろん知ってますよ!
聖火リレー、僕も応募しようと思ってます!
こんなチャンスないですもんね」

「聖火ランナーの推薦ですか。
そうですね、僕なら大学時代の同級生かな。
藤田アニコーさん!滋賀県でエコツアーを企画したり、
ゴミリサイクルの活動を大学時代から継続していて、
滋賀でがんばってる人なんです。
ぜひ代表として走ってもらいたいなぁ」

「みんなで聖火ランナー応援します!」

メタセコイア並木04

お次はメタセコイア並木の下で、
わいわいと歩いている集団を発見。
大学時代の友人たちと、数十年ぶりに再会したんですって!

「今日は、僕の地元をいろいろ案内しようと思って」と
甲賀市在住の鵜飼元希さん(右)。
愛媛、名古屋、大阪、奈良から来たというお友達を連れて、
まずはメタセコイア並木を散策にきたのだとか。

メタセコイア並木05

グループの代表として、鵜飼さんにお話を伺いました。

「えっ、聖火ランナーって、一般の人でも走れるんですか?!」

まだご存じなかったですか!
インターネットから応募できますので、ぜひぜひ!

「それはぜひ応募したい!推薦したい人もいるんですよ!
近江八幡の駅前でストリートミュージシャンしてるバンドがいて。
ちょっと落ち込んでたりしても、その演奏を聴けば
気分も晴れるというか。なんだか励まされるんですよね。
そういう、地道な背中を押してくれる。そんな人に走ってもらいたいですね」

メタセコイア並木04

最後にみなさんにカメラを向けてみると
「滋賀県内の聖火リレー、応援してますよ〜!」と、このポーズ。
ノリの良い大人のみなさんなのでした。

それでも観光客で賑わう、炎天下の彦根城

彦根城01

場所を変えて、やってきたのは彦根城。
夏休み中の家族連れや、楽しそうに歩くご夫婦。
目の前を通り過ぎる観光客に声をかけるのをためらいつつも
勇気を出してまずはこの人から!

「こんにちは〜。いま、聖火ランナーについての取材をしておりまして」

「ぜひ走ってみたい!体力には自信があるんです」

彦根城02

声をかけたのは、彦根城すぐの場所で人力車を引いている姿が
とても目立っていたこの方。

笑顔で答えてくれたのは、高島市出身・中村さん。

「もちろん知ってますよ!僕も走りたくて、申し込みます!
体力には、自信ありますからね!」

彦根城03

「じつは、車夫歴はもうすぐ10年なんです。
職業柄、体力には自信があるので!
いつも車夫として走ってる彦根を、
聖火ランナーとして走ることができたらなぁ。
感動するだろうなぁ。
あ、こう見えて学生時代は美術部だったので、絵は得意なんですよ。
いろんな人が走っている姿も、描いてみたいですね」

「西川貴教さんが走るなら神奈川から応援に行きます(笑)」

彦根城04

神奈川から観光で滋賀県に来ているという
(写真左から)磯部絵美さんと、水越暁子さん。

「昨日は米原の醒ヶ井に行ってきました。
梅花藻のシーズンですよね。とっても川がきれいでした!
食べ物もよかったですよ。近江牛と赤こんにゃくを食べたんですけど、
すごくおいしかったなぁ〜」

滋賀観光、めっちゃ満喫してもらえてるようで、
取材してて嬉しくなってきます。

滋賀県の聖火ランナー、どんな場所を走ってほしいですか?

彦根城05

「やっぱり滋賀県といったら琵琶湖ですよね。
琵琶湖を背に聖火を持って走ってほしいですねー」

「あと、私、個人的に西川貴教さんのファンなんです!!
聖火ランナーで走ったりしないんですか?
走って欲しいなー。そしたら絶対、応援のために滋賀に来ます!(笑)」

真夏の日差しが照りつける、浜大津

浜大津01

そして最後は、琵琶湖が目の前の開放感あふれるスポット、浜大津です。
夏空と、照りつける太陽のもと、外を歩く人影もまばらで、
なかなか声をかける機会がやってきません。
そんな中、急ぎ足で自転車をこぐ女性が。
目の前を通り過ぎるタイミングで勢いよく声をかけてみました。

「自転車のところすみませ〜ん!」

「母校の先輩、林遣都さんが走ってくれたら良いな」

浜大津02

「なになに、なんでしょう?聖火ランナーについて取材?
いま仕事の休み時間だったんで、大丈夫ですよ」。

快く対応してくれたのは、膳所にお住まいで、
浜大津に職場があるという宮本楓子さん。

「聖火リレーで走ってほしいなぁと思うのは、
まずは高橋メアリージュンちゃん!滋賀県出身ですよね。
あとは西川貴教さん。それから母校の先輩の、林遣都さん!
滋賀出身で活躍されてる方が走ってくれると、嬉しいですね」

浜大津03

「それから、膳所にある温泉の店主さんも推薦したいですね。
そこは地下からわきあがる温泉があって、とっても気持ちがいいんです。
もう2、3年前くらいにつぶれてしまったんですが、
なんと店主さんの頑張りで、再オープンできたんです!
街に元気が戻ってきて、すごく嬉しかったなぁ。
だから、その店主さんには、膳所を代表して走ってほしい!」

ご自身も聖火ランナーに応募しようとしていたという宮本さん。
今回、街行く人にお話を聞く中で、
「ちょうど応募したいと思ってました!」というコメントも多く、
この記念すべきチャンスにエントリーしたいという
滋賀県での聖火ランナーへの盛り上がりを感じました。

応募は8月31日(土)まで!お見逃しなく!

東京2020オリンピック聖火リレー。
滋賀県内聖火ランナーの募集期間は8月31日(土)まで。
残された時間は、あとわずかです。
またとないこのチャンスを見逃さず、
まずは、聖火リレー応募の特設サイトより基本応募要件を確認して、
応募してみてくださいね!

募集期間は終了しました

聖火リレーの実施日は、2020年5月28日(木)、5月29日(金)の2日間。
滋賀各地を聖火ランナーたちが走り抜けるその姿を
いまから楽しみにしながら、
東京2020オリンピック聖火リレーを盛り上げていきましょう!

関連記事

【滋賀県からのお知らせ】滋賀にも”オリンピック聖火”の光が輝く!東京2020「聖火ランナー」募集中です!

関連記事

  1. 菅浦サイト ”隠れ里・菅浦”の魅力が詰まった特設サイト『隠れ里の暮らしに触れ…
  2. 感覚を研ぎ澄ましてトライ! 誰もが楽しめる新感覚スポーツ「ゴール…
  3. 年末年始に挑戦!滋賀の「難読地名クイズ」、あなたはいくつ読めます…
  4. 滋賀ぐらしinterview 探し求めた自分のスタイルは、伊吹山を望むこの風景の中にありました…
  5. らっこや正面 町屋に導かれるようにカフェをオープン。みんなが集い、語らう場に【…
  6. 全国シェアなんと9割!300年以上受け継がれた伝統工芸「高島扇骨…
  7. え!瀬田じゃなくても「セタシジミ」?シジミ漁船に乗ったら琵琶湖の…
  8. さよならイーゴス 滋賀のええフォト☆コンテスト 2013年秋 受賞作品一覧

滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか

PAGE TOP