カフェ・お店

ひこにゃんにバッタリ出会える?!彦根の新スポットカフェ『conecone.』

※お出かけの際は、マスクの着用や手洗いの徹底、ソーシャルディスタンスを保った行動など、感染予防の徹底をお願いします。また、お住まいや、お出かけされる都道府県の要請をご確認ください。各施設の最新の営業状況については、公式ホームページをご確認ください。

【conecone.(こねこね)/滋賀県彦根市】

ひこにゃんが出入りするお着替えスポット、
そのご近所にあるカフェ『conecone.(こねこね)』。

店内からは、運が良ければ彦根を歩く
“ゆるキャラ”の姿を眺めることもできるとか?
観光地ど真ん中でスタイリッシュな雰囲気を放ちながらも、
扉を開ければそこにはカフェと、
ゆるキャラが溶け合う不思議な空間が……。

ということで、気になる店内をご紹介します!

スタイリッシュな店内のあちこちにひこにゃんの姿が

国宝・彦根城や、彦根観光のメインストリート
「夢京橋キャッスルロード」に隣接する
四番街スクエアにある『conecone.』。

店内に入ると、窓からさす自然光が
アンティーク調のインテリアをやさしく照らしています。

落ち着いた雰囲気の店内は、
シンプルでゆったりとしたつくり。

壁にかかる「ようこそ ひこねへ。」のポスターには
ひこにゃんの生みの親、もへろんさんの直筆のサインも。

彦根観光のティータイムに訪れ、
ホッとひと息つくのにぴったりのカフェです。

ケーキもドリンクも本格派。予約制の絶品アフタヌーンティーセットも

ショーケースに並ぶスイーツは、
どれも本格派。

「地元にこんな洋菓子店があったら…」
そんなふうに空想してしまう美しいケーキが、
観光地のまんなかで味わえるんです。

ケーキや焼き菓子、プリン等はテイクアウトもOK。

ドリンクメニューのトップにあるのは「TEA」の文字。
「朝宮茶の焙じ茶ラテ」や「白桃烏龍茶」など、
お茶がずらりと並びます。

いつもはコーヒーを選んでしまう人も、
『conecone.』では豊富な種類のお茶を
楽しんでみるのもいいですね。


photo by @coneconedot

予約をすれば、アフタヌーンティーも楽しめます!
季節の食材をふんだんに使った特別感のあるセットは
目にもあざやか。

気軽なテイクアウトからカフェとしてのイートイン、
本格アフタヌーンティーまで。
幅広いシーンで訪れたいお店です。

かわいいゆるキャラモチーフのケーキも!

彦根市にゆかりのあるゆるキャラを
モチーフにしたケーキも。

こちらは、石田三成の家臣、
島左近がモデルの「しまさこにゃん」を
モチーフにしたケーキ。
兜の月がクッキーで表現されていて
とっても美味しそう!

こちらは、ひこにゃんのロールケーキ。
パティシエさんのひこにゃん愛と
卓越した技術によって、
かわいいひこにゃんが描かれています。

ひこにゃんのカードは顔の部分が切り抜けるように
なっていて、こんなふうにケーキに重ねれば
ふかふか肌まで完璧に再現!

あまりの可愛さに食べるのを
ためらってしまいますが、一口いただくと…
美味しさに顔がほころびます。
この仕掛けと食べやすさで、子どもにも人気です。

カフェでまったりしながらゆるキャラを眺められるベストスポット

モダンな雰囲気と美味しいケーキを楽しんでいると…
え!ひこにゃん!?
お店の前をひこにゃんが通りました!!

彦根城やイベント会場でしか会えないと思っていた
ひこにゃんが、こんなに近くを通るなんて…!

続いて通りかかったのは、
四番町スクエア商店街の「やちにゃん」です。

こんなに次々とゆるキャラに出会えるなんて、
とんでもない奇跡?!
「おーい」と手を振ってみると…

可愛らしく手を振りながら、
お店の中まで来てくれました!
元気いっぱいの女の子、やちにゃんは
とってもフレンドリー。

『conecone.』の隣には、彦根市のゆるキャラたちの
活動拠点「彦根観光協会」があるので
こんな“偶然の出会い”が起こりやすいんです。

本格スイーツが楽しめるモダンなカフェの
意外で嬉しいおすすめポイントです。

観光に訪れる人にも地元の人にも愛される、彦根の新スポット

ひこにゃんのシャツを着て取材に応じてくれたのは、
オーナーの北川雄士さん。

就職支援などをおこなう彦根市の企業
「株式会社いろあわせ」の代表でもある北川さんは、
地元を盛り上げたいという熱い想いを
胸に多方面で活躍しています。

彦根のお気に入りのケーキ屋さんに通っていた北川さん。
ある日、パティシエさんが辞めると話を聞いたところから
『conecone.』誕生の話は始まりました。

お店の物件探しも、
1軒目でこの場所に巡りあうという
運命的な出会いを果たし、もとの建物をフルリフォーム。
2022年6月に『conecone.』がオープンしました。

ひこにゃんとカフェ

『conecone.』には、観光のひと休みとしての来店はもちろん、
地元の人がおうちで楽しむテイクアウトの購入も多いのだとか。

観光に訪れる人も地元の人も
思い思いの時を過ごす四番街スクエアには、
ホッとくつろげる空気が流れています。

運が良ければ、こんなひこにゃんのオフショットにも、
ばったり出会えるかも?
彦根に遊びにきたときには『conecone.』に
訪れてみてはいかがでしょうか。

(文・写真:しがトコ編集部)

『conecone.』の店舗情報

住所
滋賀県彦根市本町1丁目12-6
電話
0749-20-2890
定休日
月・火曜
営業時間
10:30~20:00(イートインは11:30~18:00)
Instagram
https://www.instagram.com/coneconedot/

関連記事

目指すはオール地元産!彦根初のクラフトビール「彦根麦酒」が誕生
>>>https://shigatoco.com/toco/hikonebrewing/

駅徒歩1分で別世界!彦根で本場イタリアの”カッフェ”を感じる『Caffè Bianco』
>>>https://shigatoco.com/toco/caffe-bianco/

滋賀の大学生が始めたコーヒー屋「此処珈琲焙煎所」ができるまで
>>>https://shigatoco.com/toco/cococoffee/

それぞれの”君”にコーヒーの思い出を届ける、びわ湖のそばの「きみと珈琲」
>>>https://shigatoco.com/toco/kimitocoffee/

しがトコ採用情報

関連記事

  1. ワニカフェお店外観 有機野菜を繋ぐ場所。ゆっくりと時間が流れる癒し空間『高島ワニカフ…
  2. お膳と庭園 身体にいいものを少しだけ。五感がひらく自然の中の古民家ファスティ…
  3. スローフロア 滋賀ならではのゆったり贅沢な空間!家族連れにも優しい『What’…
  4. 和ばらのブーケ(ローズファームケイジ) ローズファームケイジの和ばら
  5. HOHRAIバーガーを食べる前 ワイルドにかぶりつけ!上品には食べられない超BIGなHOHRAI…
  6. 米粉たいやき 忍者の里で見つけた朝ごはん!お米を使った新しいファーストフード『…
  7. 時間を忘れて心までのんびり!湖畔のアトリエキッチン『VOID A…
  8. 日ノ出窯表 築250年のヨシ葺き古民家で器を愛でる「日ノ出窯」に蔵を改装した…
滋賀No.1メディアで魅力を発信しませんか
PAGE TOP