お知らせ

リニューアルした守山市立図書館で、しがトコ発のアートイベントが2月2日(土)に開催されます!

【美の滋賀BACKSTORY/滋賀県守山市】

守山市の新しいシンボルとして誕生した守山市立図書館で
しがトコがプロデュースするアートイベント
『美の滋賀BACKSTORY』が2月2日(土)に開催されます。

作家市にワークショップ、トークセッションにライブまで
様々な感性が図書館に集う
アートのお祭りのような、1日限りのイベントです!

イベント会場となる新生図書館の建物も見どころのひとつ!

守山市立図書館 外観

2018年11月にリニューアルオープンした守山市立図書館。
まるで美術館かホテルのように洗練された空間は、
新国立競技場のデザインも手掛ける建築家の隈研吾氏の設計によるもの。
守山市立図書館 内観

閉じられた箱の中の閉鎖的な図書館でなく
まちと自然に開かれた“みち”のイメージで設計されていて

守山市立図書館 内観
木材を多く使った建物の中は
木洩れ日の中で日向ぼっこをしているような心地よい空間が広がっています。

守山市立図書館 内観

図書館としての機能だけでなく
人と人がつながる場所としてカフェや展示スペースも併設されています。

この真新しい施設を会場に開かれる『美の滋賀BACKSTORY』をご紹介します。

滋賀ならではの魅力が詰まった個性豊かな作家市

図書館に入ってまず目を引くのは、個性豊かな作品が並ぶ、作家市。
気になる作品の一部がこちら!

鹿の角のカトラリー(meguru)

こちらは『meguru』として活動する合田大智さんの
鹿の角を使ったカトラリー。

山で狩猟や養蜂の活動をするなかで
森の命を授かる意思のもと、生まれた作品です。

革の小物(yamahare)

yamahareブックカバー

お気に入りの本にはとっておきのブックカバーを!

暮らしに寄り添い、日々の生活をほんの少し特別なものにしてくれる
yamahare』の革小物です。

普段は「Blink Leather Works」として
美容師用のシザーケースを主に作っていますが
もっと日々の暮らしにも革製品を取り入れてほしいと
日常使いできる革小物も製作するようになりました。

木のアクセサリー(幾木-kiki-)

琵琶湖やカイツブリ、梅花藻など
滋賀県の豊かな自然や日常の美しい景色を幾何学模様で表現した
幾木-kiki』の木のアクセサリーも個性的で素敵です。

BIWACOTTON

びわ湖から生まれた心地の良い服『BIWACOTTON(ビワコットン)』も登場します。
江戸時代から続く高島市の伝統技術“高島ちぢみ”をベースに開発されました。
ちぢみならではのシャリ感を残しながらも、
ストレッチ性に優れたその着心地は、
本当に『快適』という言葉がぴったりです。

関連記事>>びわ湖から生まれた心地の良い服『BIWACOTTON(ビワコットン)』プロジェクト始動

ポスター・ポストカード(イラストレーター洞智子)

洞イラスト

イラストレーターの『洞智子』さんも出店されます。
洞さんのイラストは、琵琶湖博物館などでも採用されているんですよ。

滋賀の“風景”や“ホトケさま”の魅力に迫るトークショー

多目的ホールで10時から開催される滋賀の風景の魅力に迫るトークセッションには
写真術の新著でも話題のフォトグラファー・別所隆弘さんが登壇!

別所隆弘

別所隆弘さんは、世界最大規模のフォトコンテストNational Geographic Nature of the year 2017 Aerials部門2位や、東京カメラ部10選2014など、数々の賞を受賞する、滋賀の風景写真の第一人者。

◼︎関連記事:「世界よ、これが日本のウユニだ」美しすぎる余呉湖の絶景

◼︎関連記事:テーマは『アラウンド・ザ・レイク』。滋賀の絶景を撮影し続ける別所隆弘さんと話してきました。

「近江の奇祭」をライフワークとして撮影する写真家・辻村耕司さんも登壇。
滋賀を知り尽くした辻村さんから、どんなお話が飛び出すか!?
しがトコ編集部も一緒になって、ワイワイ楽しくお喋りします!

『滋賀の風景の魅力にせまるトークセッション』

開演:10:10~11:30(開場は10時〜)

会場:守山市立図書館1F「多目的室」

出演:別所隆弘(写真家) / 辻村耕司(写真家) / 亀口美穂(しがトコ編集長) /林正隆(しがトコ代表)ほか

【別所隆弘さんの特別サイン会も実施!】
『物語と画作りで人を魅了する 最高の一枚を写し出す写真術』(インプレス)の刊行を記念して別所隆弘さんのサイン会も実施します。
◼︎時間:トークセッション終了後
◼︎場所:守山市立図書館1Fブックカフェにて
※先着順のため気になるかたはお早めにお並びください!

對馬佳菜子

13時からは、長浜の観音の里に惹かれ、東京から移住してきた観音ガール・對馬佳菜子さんが
滋賀の“ホトケさま”について、愛情たっぷりに語ってくれます。
ぜひ、お聞き逃しなく!

◼︎関連記事:暗闇の中で太鼓が回る!跳ねる!命がけの奇祭『太鼓回し』の気迫に圧倒される

◼︎関連記事:幽玄な二千灯のゆらめきに包まれる『金剛輪寺観音盆千日会・千躰地蔵盆』に行ってきました!

『滋賀の「ホトケさま」をリサーチせよ!』

開演:13:00~13:40

会場:守山市立図書館1F「多目的室」

出演:對馬佳菜子(観音ガール)

“びわ湖夫婦”が奏でるフォークな音楽ライブ


歌とギター、マンダリンによる演奏も。滋賀県在住のびわ湖夫婦。
よしことストンのペアによる「よしこストンペア」が奏でるオルタナティヴ常日頃フォーク。
2人の音楽家の感性が心地よく混ざり合う、ゆったりとしたライブは必見必聴です。

『よしこストンペア』ライブ

開演:11:45〜12:15

会場:守山市立図書館1F「多目的室」

出演:よしこストンペア(イシダストン、小川賀子)

自分で作る楽しさが味わえるワークショップも開催!

光の森

図書館の一室で出迎えてくれるのは、優しい灯りに映し出された切り絵の動物たち。
切り絵作家として雑誌やCMでも作品が注目される、
米原市在住の早川鉄兵さんによるインスタレーション「光の森」です。
早川鉄兵

早川さんはのどかな米原の環境に惹かれ、滋賀県へ移住。
日々出会う自然や動物をテーマに制作活動を行っています。

キツネ切り絵
今回は直接、早川さんに教えてもらいながら
本格的なデザインナイフを使って切り絵に挑戦する
ワークショップも開催されます!

参加には事前予約が必要です。
※午前の部、午後の部ともに予約は満席になりました!ありがとうございました。

木彫りブローチ

仏壇の彫刻技術を受け継ぐ、伝統工芸士・井尻一茂さんによる
木彫りのアクセサリー作りも要注目です!!

木彫り手元アップ

彫刻刀を握るのは小学生以来!?なんて方も、
童心に返って、挑戦してみませんか?

こちらも事前申し込み制です。

想いがカタチになるまでのバックストーリーにも触れてみて

BIWAKOビエンナーレ2018

14時からは平成30年度『美の滋賀<地域の元気創造・暮らしアート事業>』に取り組まれた
アートプロジェクト団体のみなさんによる成果発表会があります。

さまざまな感性が“カタチ”をもつ時、その背景には、必ず物語が隠されています。
例えば、そこにある作品。そこにある表現。

キャンパスが美術館

なぜ、それは始まったのか?
なぜ、それを伝えたかったのか?

成果発表会

目に見える“カタチ”の裏側にある、ストーリーに焦点をあてた
それぞれのバックストーリーは興味深いものになりそうです。

平成30年度地域の元気創造・暮らしアート事業

開演:14:00〜16:00

会場:守山市立図書館1F「多目的室」

出演:地域の元気創造・暮らしアート事業コーディネーター アサダワタル

おうみ映像ラボ / 特定非営利活動法人エナジーフィールド / グラスアート展IN長浜実行委員会 / 湖北アール・ブリュット展推進会議 / 学校法人京都成安学園 成安造形大学 / CAF.Nびわこ展実行委員会 / 長浜生活文化研究所 / 安土にぎわいまちづくり実行委員会

美の滋賀BACKSTORY

美の滋賀BACKSTORYチラシ

会場はすべて室内なので暖かく楽しめます。
活字が溢れる本の森で、さまざまな感性と出会い、
ストーリーに触れ、アートを身近に感じてみてください。

 

「美の滋賀BACKSTORY」の地図を見る

「守山市立図書館」で開催

滋賀県守山市守山5丁目3-17

→大きい地図で見る

「美の滋賀BACKSTORY」の詳細

会場
滋賀県守山市守山5丁目3-17 【→地図】
開催日
2019年2月2日(土)
開催時間
10時~17時
Facebookイベントページ
美の滋賀BACKSTORY

『美の滋賀』関連記事

フィルムで“昭和”が蘇る、おうみ映像ラボ「フィルム映像上映会」が今週末に開催!

今年も「生の芸術」を探しに行こう『湖北のアール・ブリュット展2018』【美の滋賀trip!#05】

”ガラスの街”をお散歩しながらグラスアートを楽しもう!『グラスアート展in長浜2018』開催中【美の滋賀trip!#04】

「身体は表現の原点だ!」成安造形大学・秋の芸術月間『playing BODY player』が始まりました!【美の滋賀trip!#03】

見て、触れて、感じる!町屋とアートの融合『BIWAKOビエンナーレ2018』開催中!【美の滋賀trip! #02】

50作品の美術の渦!圧倒的な迫力を体感する『CAF.Nびわこ展』【美の滋賀trip! #01】

母の日に滋賀を贈ろう。しがトコSTOREにて母の日ギフト販売中

関連記事

  1. 東近江市の魅力を県外へ伝える”ええトコ”情報大募集!
  2. びわ湖の温度もアガル?!「イナズマロック フェス2016」が今年…
  3. のれん 鯖街道の人気店!素朴でボリュームたっぷりの蕎麦が堪能できる『永昌…
  4. 集合写真 『ももいろクローバーZ』が東近江にやってくるZ !!
  5. 守山市立図書館 3000人以上の来館者で賑わった『美の滋賀BACKSTORY』を…
  6. ゴザ走り 琵琶湖の水面を走る!“ゴザ走り”で大人も子供も大はしゃぎ!
  7. 過去の上映会の様子 8mmフィルムに残る「昔の滋賀」江若鉄道や昭和初期の風景も登場し…
  8. 今にも動き出しそう!切り絵作家・早川鉄兵さんの原画展が3月25日…



【しがトコ】滋賀を自慢したくなる!2019年カレンダー作ります!!
PAGE TOP