滋賀をみんなの美術館に

  1. 滋賀から日本の出版を変えた大発明!”ガリ版”の歴史を伝える『ガリ版伝承館』

    【ガリ版伝承館/滋賀県東近江市】ガリガリ、ガリガリ……日本の出版文化は、この独特の音を出す印刷器に支えられてきたと言っても過言ではないかもしれません。印刷器の名は通称"ガリ版"誰でも使えて電気もいらず…

  2. 『おつかまりください 混んでいるから僕の腕に』今年も心がキュンとする、青春21文字のメッセージ

    「京阪は向かい合わせの席が青春っぽいから好き!」という沿線の女子中学生の何気ない言葉から生ま…

  3. “世界の中心”近江八幡を愛し、愛され続けたヴォーリズとその西洋建築を訪ねて

    【ウィリアム・メレル・ヴォーリズと近江八幡】近江商人の屋敷がならび、昔ながらの風情が残る近江…

  4. 目の前には琵琶湖と水鳥の世界!”観察”の楽しさにハマる『高島市新旭水鳥観察センター』

    【高島市新旭水鳥観察センター/滋賀県高島市】目の前に広がるのは、秘境のような琵琶湖の原風景と…

  5. ラスト

    一人ひとりの”祈り”が仏になる『近江の小さな仏たち』プロジェクト

    【滋賀をみんなの美術館に】本尊を囲むようにずらりと並ぶ、一体いったい顔が異なる千体の仏たち。…

  6. 漁師の暮らしそのものが“アート”。琵琶湖から作品を生み出す『BIWAKOアーティストインレジデンス』

  7. 松明展示2023

    「ラ コリーナ近江八幡」に期間限定で巨大な松明が登場!『たいまつ展示2023』が始まっています

  8. 書架

    100年をこえて時を刻む滋賀県最古の図書館『江北図書館』

  9. これが湖北の原風景。巡回展でよみがえる「畔の木」がある風景

  10. 一人ひとりの価値をアートに。小さな小さな芸術祭『石部芸術祭2023』

  11. びわ湖大津館外観

    かつて外国人観光客をもてなした、琵琶湖畔に佇む迎賓館『びわ湖大津館』

  12. 近江日野商人館の外観

    ここにあった!『近江日野商人館』に眠る貴重な展示。江戸の息遣いが聞こえる近江商人の“粋”に圧倒

  13. 信長ゆかりのお寺×現代アート!”わからない”を楽しめる『浄厳院現代美術展』が開催中!

  14. 人と文化の発信拠点!かつての織物工場を未来へ繋ぐ『ファブリカ村』

  15. 滋賀から発信!個々の表現の”つながり”が新たな価値を生み出すアートプロジェクト

  16. ならぶ野菜

    滋賀の野菜をアートに!「食」で人をつなぎ地域を盛り上げる『コニャンナーレプロジェクト』

  17. 青春21文字中吊り

    電車に乗ればあの日の言葉がいまも揺れている。『青春21文字のメッセージ』号運行中!

  18. 河川敷で干されるぼっこ

    多賀の山奥で見つかった“ビンテージ・ボロ”を未来へ残す『山行きBOKKO』のプロジェクト

  19. 芸術準備室ハイセン

    芸術を愛する人の“第二のふるさと”。誰でも制作に没頭できる『芸術準備室ハイセン』

  20. 小さな水族館 外観

    ローカルから全国・世界へ!びわ湖畔の生きもの発信基地『びわこベース』

  21. たいまつフェス

    「ラ コリーナ近江八幡」に巨大松明が出現!千年続く松明文化を未来へ繋ぐ『たいまつ展示2022』

PAGE TOP